【ビール】 サッポロ 富良野の薫り ゆるやかエール 


イオン株式会社(本社:千葉県、社長 岡田元也)とサッポロビール株式会社(本社:東京都、社長 髙島英也)は、共同企画したビール「サッポロ 富良野の薫り~ゆるやかエール~」を、全国のイオングループ酒類取り扱い店舗において2017年9月12日より数量限定販売します。
「サッポロ 富良野の薫り~ゆるやかエール~」は、厳選した富良野産ホップと北海道産大麦麦芽を使用した薫り高いエールビールで、当社北海道工場で製造します。

ニュースリリース

その名の通りエールとしてはゆるやかに感じる、ライト(な)エール。
薫りのここちよさもふんわりとしていて、どんな料理のじゃまもせずにすいすいと飲めそうな感じのビールです。

【ビール】 奥入瀬ビール サマーエール 


奥入瀬ビールは、十和田湖ふるさと活性化公社が醸造している青森県十和田市のクラフトビールで、サマーエールは、その奥入瀬ビールが夏期限定で醸造した商品となっています。今夏青森に遊びに行った際に購入しました。

カスケードホップを使用した、柑橘系の香りがさわやかなライト(な)エール。
これはとても夏向きのビールだ。と思うのですが、8月の青森は大阪とくらべてとても涼しかったので、現地で飲むとどうなんだろう。
ともあれ、今回奥入瀬は訪れなかったので、次回行ってみたいと思っています。




junyamabe - Serenade EP 

Artist: junyamabe
Title: Serenade EP
Label: jnymb
Catalog#: jnymb-2
Format: 12"
Released: 2017/10
junyamabeのプライベートレーベルjnymbの、2年ぶりとなる2nd。
紙製インナースリーブのみでの流通と運が良ければステッカー付きという装丁は1stと同様だ(僕は1stにステッカーが付いてなくて枕を濡らしたけど2ndには無事付いてました。今回のステッカーは交通系ICカードに貼るタイプのもの)。

本作ではあからさまに(良い意味で!)ダンスフロアを狙ってきたという印象で、僕は諸手を挙げて歓迎いたしたく。
繊細でエモーショナルなウワモノに走るグルーヴのA1、跳ねたボイスサンプルにボトムヘヴィなビートが気持ち良いA2、いずれも極上のテックハウスだ。うん、ハウスなんだけどテックハウスと呼んだほうがよりしっくりとくる。
B1は雪煙る中にキラキラとしたダイヤモンドダストが舞う情景が浮かぶ、初期デトロイト/ピュアテクノっぽさのある物語性の高いトラック。

ファンの贔屓目を抜きにしても、このレコードは山辺さんの最高傑作を上書きしたんじゃないかな。家宝。

Tracklist
A1. sail_away
A2. Lets Show Them!
B1. hakuei (no one there)

SOL - Fresh Compo E.P. 

Artist: SOL
Title: Fresh Compo E.P.
Label: Cassette Records
Catalog#: CTRV-001
Format: 12"
Released: 2017/10
2011年よりリリースを開始した国産テクノ・レーベルCassette Recordsから初のヴァイナルは、レーベル主宰dj tmykisbとBEELによる看板ユニットSOLの4トラックス。
均一のテンションで地を這うグルーヴを聴かせるミニマル以降の王道テクノ路線4曲の中でも特に、快楽指数の高いダブ・テクノであるA1「Terminal Tube」がたいへん素晴らしく。
単にテクノおじさんの積年の夢をかなえる思い出づくりのためのヴァイナル・リリースみたいなものに収まらないよう、今後ともアグレッシブにリリースを継続してほしいと期待を寄せたくなるナイス・ディープテクノ集です。

Tracklist
A1. Terminal Tube
A2. Debicki
B1. Milo
B2. Maison 29

ikkubaru - Breeze From Dancefloor: ikkubaru remixies 

Artist: ikkubaru
Title: Breeze From Dancefloor: ikkubaru remixies
Label: Plain Sour Rec / LAZY ART
Catalog#: LACA-10002
Format: File
Released: 2017/10/06
『Breeze From Dancefloor』は、当blogでも以前から推しているインドネシアのポップ/ロックバンドikkubaruの楽曲を、日本のトラックメーカー総勢12組がダンスフロアに向けて再構築したリミックス・アルバム。
楽曲は、アルバム『Amusement Park』(2014)ならびにEP『Brighter』(2015)から選ばれており、ファンにとってはすでに耳なじみのあるものばかり。それらの楽曲がどのように料理され、各リミキサーによる新たな視点が加えられているのか、僕は発売前から楽しみにしておりました。

先ずはなぜか全体を通して感じられる音の統一感と、物語性のある曲順の妙。
曲順に関しては全てのリミックスが上がってきた段階で決められたのではなくあらかじめ決まっていたそうだが、信じられない。
冒頭4曲が特にトラックとして強(つよ)なので熱がグングン上がるし、そのテンションのまま最後まで一気に聴いてしまう勢いを持っている。まさにダンスフロアからikkubaruへの疾風のような回答。
と同時に、オリジナルの楽曲の良さを再確認することも出来る、ナイス・リミックス・アルバム。

本作をきっかけにikkubaruの楽曲に興味を持つひとたちがもっと増えてほしいし、逆に今回参加した各リミキサーの音楽にも興味を持ってほしい。そう願っております。

Tracklist
01. Chasing Your Shadow (TREMORELA Remix)
02. City Hunter (909st Remix)
03. Slide Away (Pasocom Music Club Remix)
04. Highway (tanaka scat Hokuriku Expwy Remix)
05. Ride (Musicarus Turbofunk Remix)
06. See The Skies (thamesbeat Remix)
07. Blue Waltz (Junya Tokuda Remix)
08. Seaside (YusukeUdon 16B Remix)
09. Love Me Again (Mitaka Sound remix)
10. Brighter (Loconyan Remix)
11. Eve (AVV Remix)
12. Amusement Park (ゆnovation odekake06 Remix)