Lil Debbie - XXIII EP 

Artist: Lil Debbie
Title: XXIII EP
Label: Barong Family
Catalog#: BF049
Format: File
Released: 2017/03/03
アメリカの女性ラッパーLil Debbieをフィーチュアした、Barong Familyの精鋭たちによる5曲入りEP。
Lil Debbieのラップはベースミュージックと相性が良いのは、昨年のアルバム『Debbie』の数曲におけるベースミュージックへのアプローチや、Barong Familyのコンピレーション(過去記事)への参加(本EPの5曲目にもボーナストラックとして再録)を聴いても明らかだが、やはりこのブログ的にはMoksiの手がけた2曲目の「Push」を推したい。
上へ下へと暴れるベースラインがシヴィれる現行ベースハウスに、高音を攻めるサグいLil Debbieのラップがたまらない。つまるところこれは最新のヒップハウスでもあるんだぜ。



Tracklist
01. Lil Debbie & Cesqeaux - Today
02. Lil Debbie & Moksi - Push
03. Lil Debbie & The Galaxy - Immortal
04. Lil Debbie & Yung Felix - Work With That
05. Yellow Claw & FS Green ft. Lil Debbie - All My Bitches

脇田もなり - Boy Friend 

Artist: 脇田もなり
Title: Boy Friend
Label: Vivid Sound/High Contrast
Catalog#: HCCD-9673
Format: 7"
Released: 2017/02/15
『Boy Friend』は、2016年11月にソロデビューした女性シンガー、脇田もなりのセカンドシングル。
デビュー作『IN THE CITY』(過去記事)がCD+アナログ7インチというリリース形態だったのに対し、今作はCD、CD+DVD、そしてアナログ7インチの3形態。おそらくデビュー作の売れ行きは好調だったんだろうなと推測します。

今作は、星野みちるなどのプロデュースを手がけるマイクロスターの佐藤清喜と飯泉裕子によるプロデュース作品。
「Boy Friend」はまさかのハイエナジー/80's初期ユーロビート、しかもまんまKylie MinogueかSinittaか、てな感じのPWLサウンドで、彼女の声質との相性はもう間違いがない。というのも、Especia時代にも「ミッドナイトConfusion (Pureness Waterman Edit)」という名曲・名バージョンが存在しましたからね。
(余談ですが、先日Especiaのラストツアー(過去記事)のダブルアンコールで「ミッドナイトConfusion (Pureness Waterman Edit)」を演ってくれたときは嬉し過ぎてガン踊りしてしまいましたよ。僕はこのハイエナジー・ガールズポップが本当に大好きなんだ。)
この曲はすでにライブでも大盛り上がりだそうですが、例えば将来彼女のアルバムが出るとしたらアルバムの一番いい位置に収まるであろう、彼女の代表曲となり得るキラーチューンだと思いますよ。

カップリングの「赤いスカート」のほうも80's感のある爽快なエレポップで、ファーストシングルとセカンドシングルではそれぞれ作風は違うものの、彼女がかつて在籍していたグループのお客さんを取り込むことができる音楽性を清々しいくらい前面に出しているなぁ。
(結局彼女がかつて在籍していたグループは解散することになってしまったので、彼女が受け皿にならざるをえない状況になったことはなんとも皮肉なものだ。)



Tracklist
01. Boy Friend
02. 赤いスカート

【ビール】 キリン のどごし 春の喝采 


キリンのどごし生から新たな刺客、ブラボーホップを(一部)使用したという "春の喝采" が発売されました。
あたりまえですが、春季限定商品です。

「キリン のどごし<春の喝采>」は春の楽しい気分を盛り上げてくれるパッケージデザインや、ブラボーホップ※がもたらす華やかな香りとすっきりとした味覚が特長の限定商品です。新たな出会いや門出の季節である春に、お客様が明るく前向きな気持ちになれる商品として提案します。
※熟した果実のような華やかでフルーティーな香りを持つアメリカ産のホップ

ニュースリリース

昨年あたりから、各社ともホップで特徴づけたいわゆる "春ビール" が発売されるようになりましたね。ホップ好きとしてはありがたいかぎりです。さっそくいただいてみます。

うーん、華やかでフルーティーな香り、があるような気がする?
たしかにホップっぽい香りはするんだけれど、ブラボーホップっぽいかなぁと言えば正直良くわかりません。
ライトな中にも味わえる苦さがあって、むしろそっちのほうで推したほうが良かったんじゃないかしら。けして悪い第3ビールじゃございませんことよ。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キリン のどごし 春の喝采【350ml缶・ケース】(新ジャンル)
価格:2525円(税込、送料別) (2017/3/17時点)


電気グルーヴ - TROPICAL LOVE 

Artist: 電気グルーヴ
Title: TROPICAL LOVE
Label: Ki/oon Music
Catalog#: KSCL-2874~2875
Format: CD+DVD
Released: 2017/03/01
電気グルーヴ4年振りのニューアルバム『TROPICAL LOVE』。
発売前から媒体では "最高傑作" の評価や自賛が踊っていたので、期待半分、不安半分で聴きました。
だいたいメンバー自らわざわざ "最高傑作" なんて言葉を持ち出してくること自体、眉唾にならざるをえないし、好意的に解釈しても、バンドの調子が良くってキマってる(客観的な判断ができない)状態なんだろうなとしか思えないし。

で、アルバムの全体的な印象は『VOXXX』か『J-POP』(過去記事)みたいだなぁ、というとこ。
いわゆる "電気グルーヴ的" な精神性がつらぬかれていて、しかし残念ながら大半の曲が僕の心にひびかなかったのは、おそらく単に今の気分じゃなかったからなのでしょう。
本作で製作の96パーセントを占めたというGarage Bandの独特の音質にもどうもヘンなクセを感じてしまって、素直に作品世界に没入できなかったりして。
ただし、
(以下、私びびんばの全曲レビュー(未公開)より引用)

#06「Fallin’ Down」
シングルとは別ミックス。浮遊感のあったオリジナルとは違って低音が効いたファンキーな音像に。
#07「ユーフォリック」
このアルバム唯一のインスト曲。卓球先生の作る、泣きのメロディのトランシーなダンストラックに、またひとつ名曲増えた。
#08「トロピカル・ラヴ」
アルバムのリード曲であるにふさわしい、ビーチ感のあるバレアリックなチルアウト・ハウス。あれ、これってトロピカルハウスじゃ・・・。

(以上、引用終わり)
という感じで、6曲め以降のセンチメンタリズム全開のエピックな流れは本当にすばらしいし、この3曲のためだけに本アルバムを聴き続ける価値は充分にあります。

あと、僕が買ったのは何種類か出た初回限定仕様のうちDVDが付いたもので、2016年3月9日にZepp Tokyoで行われた "お母さん、僕たち映画になったよ。" がほぼフル尺で収められている。この公演はZepp Nambaでも行われたけど僕は行ってなくて、これを観ると、あいかわらず今の電気のライブは最高だなおい、という気持ちになります。
『TROPICAL LOVE』、アルバムももちろんだけど、このDVDは必携だと思いますよマジで。



Tracklist
Disc1 (CD) TROPICAL LOVE
01. 人間大統領 / Ningen President
02. 東京チンギスハーン / Tokyo Genghis Khan
03. 顔変わっちゃってる。 / Kao Kawacchatteru.
04. プエルトリコのひとりっ子 / Puerto Rico no HITorIKKO
05. 柿の木坂 / Kakinokizaka
06. Fallin’ Down(Album mix)
07. ユーフォリック / UFOholic
08. トロピカル・ラヴ / TROPICAL LOVE
09. ヴィーナスの丘 / Venus Hill
10. いつもそばにいるよ / Stand by You
Disc2 (DVD) お母さん、僕たち映画になったよ。 @ Zepp Tokyo 2016/03/09
01. Hello! Mr.Monkey Magic Orchestra
02. Fallin’ Down
03. Missing Beatz
04. Shameful
05. 新幹線
06. Eine Kleine Melodie
07. Baby’s on Fire
08. スコーピオン2001
09. Barong Dance
10. あすなろサンシャイン
11. カメライフ
12. TKO Tekno Queen
13. Fake it!
14. Love Domination
15. FLASHBACK DISCO
16. ジャンボタニシ
17. N.O.
18. かっこいいジャンパー



小沢健二 - 流動体について / 神秘的 

Artist: 小沢健二
Title: 流動体について / 神秘的
Label: Universal Music
Catalog#: TYCT-39050
Format: CD
Released: 2017/02/22
小沢健二が『春にして君を想う』以来19年ぶりにフィジカルでシングルをリリースし、さらにいくつかのテレビ番組に出演したりしたことは、良きにつけ悪しきにつけ、おおいに世間をざわつかせました。
その時点で、好むと好まざるとにかかわらず、僕たちは小沢健二の仕掛けにまんまと乗ってしまったことになります。

「流動体について」は、昨年のツアー "魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ"(過去記事)において披露された7曲の新曲のうちのひとつ。
1997年頃の一連のシングル作(『Buddy/恋しくて』『指さえも/ダイスを転がせ』『ある光』『春にして君を想う』 )と地続きな感覚のある楽曲は、ライブで演奏されたときのシンプルなバンド・サウンドではなく、ストリングスを取り入れ、『LIFE』期の楽曲を思わせるアレンジメントが施されている。ストリングス・アレンジを行ったのはもちろん小沢健二の多くの過去作品にかかわっている服部隆之で、あえて自らのパブリックイメージに寄せたこの楽曲に関しては、自己パロディのようにも聴こえる。
で、なぜここにきて自己パロディのような楽曲を発表したのかについては、歌詞を読んで、あるいはこの間のテレビ出演の際に本人の語った内容などから想像するしかないのだけれど、彼なりに自らの並行世界の可能性を確認してみたかったのかな、と思う。
サビの言葉の乗り方がちょっときゅうくつに感じたり、けしてポップスとしてパーフェクトな楽曲ではないけれど、わりと偏屈なコード進行とかも含めてとても気持ちが良い楽曲だと思います。簡単に言うと僕この曲好き。

カップリングの「神秘的」は、2012年に東京オペラシティにて12日間行われたコンサート "東京の街が奏でる" で披露された曲なんだそうですが、こちらは僕としては "魔法的" からもう1曲選んでほしかったなぁと思う。 "魔法的" で演奏された新曲は、どれも小沢健二の新たな地平を垣間見せてくれていたので。

聞くところによると、どうも今回はこの2曲以外の録音は行われていないらしいので(少なくとも国内では)、小沢健二の次の一手というものは当分はないのかな。
でも「流動体について」は、これから何年も聴き続けられる曲だと思います。



Tracklist
01. 流動体について
02. 神秘的
03. 流動体について (instrumental)
04. 神秘的 (instrumental)