The Best Discs of 2019 1st Half (2019年上半期ベスト) 

※ アーティスト名もしくはレーベル名のアルファベット順です。

DJ ANACONDA / ANACONDA TRAX vol.1

唐突にリリースされたCRZYKNYの変名。この名義では90年代のシカゴUC周辺のオマージュと思われるUSハードハウス(端的に言うとガバっぽいシカゴ・ゲットーハウス)をやっていてとにかくぶち上がる。昨年のアルバム『GVVVV』でも突如ストイックすぎるガバを世に送り出した氏の振れ幅のある活動に興味は尽きない。

Kenmochi Hidefumi / 沸騰 沸く 〜FOOTWORK〜
Amazon.co.jp

Kenmochi Hidefumi 9年ぶりのソロ・アルバムは、タイトルの通りジューク/フットワークに焦点を当てたもの。"水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミ" としての活動を経て手にしたユーモアやジョークの方ではなく、もう一方のベース・ミュージック以降のダンス・ミュージックの肉体性をフロントに押し出してきた。と言っても全くシリアスにはならず、流麗な叙情性やキッチュさを武器に、意外すぎるくらいにゲットー感をほとばしらせて最後まで一気に突っ走っている。

サカナクション / 834.194
Amazon.co.jp

6年ぶりのオリジナル・アルバム。って言うか6年間の活動の集大成的なベスト・アルバム、と表現したほうがひょっとしたら正確かもしんない。新曲で見せたいわゆるシティポップ的な方向性も新たな武器となっているし、エレクトロニック・ミュージックの前衛をポップスの領域で押し広げんとする野心も健在。どの曲もベースがめっちゃ出てるのもスバラシイ。

xiangyu / はじめての◯◯図鑑
Amazon.co.jp

Kenmochi Hidefumiがサウンド・プロデュースを行う "新人シンガーソングライター" の7曲入りEP。自身のアルバムとは対象的に、ユーモアもジョークも最新ダンス・ミュージックにインスパイアされたバラエティに富んだ音楽性も、すべてを飲み込んだ混沌と遊び心満載の作品となっている。xiangyuという新たな遊び場兼実験場を手に入れたからこそ、自身のソロでは1つのジャンルに良い意味で固執することができたのだろう。そういう意味で『はじめての◯◯図鑑』と『沸騰 沸く 〜FOOTWORK〜』はある種表裏一体の作品と言えよう。

DJ Zinc / Crack House Vol. 3
Amazon.co.jp

UKベース・ミュージックのベテランDJによる、僕も大好きだった人気シリーズまさかの9年ぶりの新作。自ら名付けた "クラックハウス" なるスタイルでジャングル/ドラムンベースからベース・ハウスへと華麗に転身したものと思っていたが、今年6月の来日時のDJではベース・ハウスとジャングル/ドラムンベースのハイブリッドなめちゃくちゃかっこええプレイを聴かせてくれた。このひとの根っこにあるのはレイヴであり、ハウスだドラムンだといったジャンルやスタイルの違いは実にどうでもいいことだったのだと10年越しに目が覚めた。
スポンサーサイト



爆走!讃岐平野 〜麦秋うどん遍路2019〜 (後編) 

こんばんは、世界のひやあつです。

2019年6月のうどん巡礼2日目。
前日の夜は高松市内の居酒屋を2軒はしごして、けっこうな量のお酒とお料理に舌鼓を打ちつつ風呂に入らず寝ちまったりもしましたが、この日も讃岐平野を爆走します(法定速度内で)。

田村神社 日曜市うどん (高松市一宮町)



一宮の田村神社で毎週日曜日だけ振る舞われるうどんがあるという噂を聞きつけたわがうどん班は、早速潜入調査を開始した。

というわけで、6軒目は田村神社の日曜市うどん。お店の屋号等は特にないようです。
神社境内の社務所に隣接する、平日は休憩所か何かに使われているのであろう建物の中でうどんが湯がかれ、供されています。



近所の氏子さんたちが毎週日曜日にボランティアでやっているというこの日曜市うどん、麺はいくつかの製麺所から仕入れているとのことですが、ダシはこの場でイリコから取っているというこだわりぶり。
うどんのほかにも天ぷらやばら寿司といったサイドメニューもことのほか充実していました。


・うどん

あ〜、ダシやさしい。やさしいダシだわ〜。これは朝イチで訪れるのが正解の、ホッとするうどんだ。

われわれがうどん巡りをするときはどうしても観光客でありヨソモノであるという立場からは逃れられないものなのですが、日常の生活に根付いた讃岐うどんの文化と歴史の一片を垣間見ることができました。
楽しかったしまた行ってみよう。

須崎食料品店 (三豊市高瀬町)



7軒目は、われわれにとってはすっかりおなじみとなった須崎へ。
今日は朝イチに来れなかったので、すでになかなかの行列でした。
お店の方も、家族総出で対応されている模様。


・小 (冷)

何度も何度も食べている須崎のうどんですが、本当に旨い。マジで旨い(説明放棄)。
香川県に来て須崎に行かないのは、今ではちょっと考えられないな。

なかむら (丸亀市飯山町)



レクをいくつかはさんで、8軒目は飯山のなかむらへ。

かつて、裏の畑で自分でネギを獲ってきて自分で洗って切ってうどんに乗せて食べる店、として知られたなかむら。
ちなみに、前日に釜玉をいただいた中村うどんとは、店主同士がご兄弟なのだそうで。



冷たい麺をどんぶりにいれてもらい、自分でタンクから熱いかけダシをかけてひやあつに。
今ではあらかじめ刻まれたネギが用意されています。


・冷たいうどん (小)

僕、なかむらは4年ぶりに来たんですけど、このやわらかさのある細めの麺、改めて衝撃を受けました。
こんなに美味しかったのか。
前回はあつあつで食べた記録がありますが、この麺はひやあつでこそ生きるのではないか。ひやひやでも良いかもしれない。
というわけで、なかむらは近いうちに再訪したいです。

おか泉 (綾歌郡宇多津町)

9軒目、今回の旅もおか泉で〆ることにしました。
そびえ立つタワー、讃岐うどんの最終形態、ひや天おろしをいただきます。


・ひや天おろし

天ぷらもうどんもぶっかけダシもすべてが完璧で、いつ食べても寸分のブレもない。
うどんばかり食べ続けていてもそれでも目の前に着丼すれば思わずがっついてしまうのだから、その美味しさは推して知るべし、です。

以上、今回のうどん旅、2日間で増えた僕の体重は2,900グラムでした。だいたい赤ちゃんひとり分くらい。
あと、翌日より数日間、謎の全身のむくみに悩まされたことも併記しつつ、筆を置かせていただきます。ではまたどこかで。

爆走!讃岐平野 〜麦秋うどん遍路2019〜 (前編) 

こんばんは、ひやあつです。

2019年6月、われわれうどん部は7ヶ月ぶりにうどん巡礼の旅に出ました。
今回集結したのは部長B、顧問M、部員Pの3名。
諸般の事情を鑑み、3年2ヶ月ぶりに1泊2日の旅程です。

西端手打 上戸 (観音寺市豊浜町)



1軒目は、ついにやってきました、愛媛との県境に位置する "西の防人" こと上戸(じょうと)。

さいきんは事情あって臨時休業することが多く、実際、前回も訪れる予定にしていたのですが、その日は臨時休業と重なってしまい断念したことがあり、念願の初訪問となります。

お店は予讃線の箕浦駅に隣接しています。
ちなみに写真は愛媛県側から撮りました。で、駅はお店をはさんだ反対側。


・かけうどん 小(1玉)

ダシが濃いいい!
イリコ、カツオ、昆布で取られたダシだそうですが、太めのしっかりした麺がそのダシを上手に連れてくる。
麺の歯ごたえも独特の粉感があって、こりゃいいぞ〜♪

店主には無理せず、しかし長くお店を続けてもらいたいものです。などと矛盾した想いをついつい抱いてしまいました。

中村うどん (丸亀市土器町)



2軒目は丸亀市まで移動して、中村うどん。
有名店ですが、実は僕は初訪問です。


・釜たま 小

さいきんは釜玉を頼んでも生卵を1個渡されるのではなく、はじめから卵液がどんぶりに投入された状態で供されるお店が多いように感じているのですが、こういうのってやはりコスト的な理由なんだろうか。うどん屋コンサルみたいなのいるのかな?

お店は「先ず席に荷物を置いて」「うどんはここで受け取って」などなどお店の人からいろんな指示が飛んでくるタイプのセルフ店で面白かったです。

うぶしな (綾歌郡宇多津町)



3軒目は、宇多津の超有名店おか泉の(ほぼ)向かいにある宇夫階神社(うぶしなじんじゃ)…の境内にあり、神主さんが自らうどんを打つお店、うぶしなへ。

本当は中村の次に同じく土器町の別の店に行ったんだけど、運悪く不定休の休業日に当たってしまったので、脳内うどんデータベースより、そこからクルマで5分程度で行くことができるうぶしなを選んだってわけ。
3軒目におか泉はちょっと行程的に入れられないもんねぇ。


・肉ごぼうぶっかけ

2年2ヶ月ぶりのうぶしな。
うぶしなに来たらやっぱりコレでしょう。ってことで肉ごぼうぶっかけ。

うぶしなはまず麺が旨い。縮れのある平打ち麺でつるっとした食感も良い。
そこに甘めに炊かれた牛しぐれ煮が、麺も、ぶっかけダシも、すべてを支配する。
こんな贅沢はなかなかないんじゃないだろうか。

日の出製麺所 (坂出市富士見町)



4軒目は、うぶしなからクルマで10分ほどの位置にある、日の出製麺所へ。
こちらも2年2ヶ月ぶり。
うぶしなと日の出は近所なので、セットで訪れるパターンが定着しつつあります。

ここは11:30〜12:30の1時間しか(イートインの)営業はしていないので、訪れるタイミングがむつかしいのですが、ちょうどよいタイミングで近所にいたので寄ることにしました。
日の出はとにかく麺が美味しいからね。


・ぬるい小

今回はぬるい麺に何故か熱いかけダシをかけていただきました。
アッ、熱いダシをかけるなら冷たい麺にすればひやあつになったのに…。コレは次回の宿題に取っておきます。(次回訪れるためにあえて宿題作っておくの超大事。)

手打十段 うどんバカ一代 (高松市多賀町)



5軒目は高松に移動して、"麺バカ" ことうどんバカ一代。


・釜バター (小)


・ひやかけ (小)


・カレー (小)

かねてよりうどんバカの麺のポテンシャルの高さには気づいておってはいたのだけれど、いっつもどうしても釜バターばっかりたのんでしまっていたので、今回はシンプルなひやかけとカレーうどんもたのんで食べくらべをしてみました。
もちろん三角食べです。
そしたらなんということでしょう。
3種3様、麺の表情がそれぞれ違っていてですね。
釜あげ状態のもちっとした食感はいつも味わっていたものの、ひやかけのギュッとした感じとか、カレーうどんのカレーを麺に連れてくるざらつき加減とか、本当にそれぞれ楽しめました。

うどんバカはうどんが美味しいし、早朝から夕方まで営業してくれているのもありがたいですよね、われわれうどん巡礼者としては。

(2日目に続く)

澳門 4日目 (2013/08/17) 

2013年8月に澳門(マカオ)に遊びに行ったときの記録の続きです。

澳門 1日目 (2013/08/14) [2013/09/08]
澳門 2日目 (2013/08/15) [2014/05/17]
澳門 3日目 (2013/08/16) [2019/05/01]

--------------------------------

澳門4日目。天気は雨。



朝食にでかけた際に街で見かけた腸粉屋さんです。
腸粉大好きなんだけど勇気出なくて買い食いできなかった。

190502b.jpg

で、朝食はこちら、十月初五日街の "南屏雅敘" で。

190502c.jpg

沙翁(揚げパン)、卵焼きと叉焼のサンドイッチ、ミルクティー。
雰囲気のあるクラシカルな茶餐廳でした。地元客多し。楽しかった。

さて、本日は特に予定もなく、半島をブラブラします。半ブラです。

190502d.jpg

十月初五日街のお茶屋さんです。

190502e.jpg

十月初五日街の仔猫ちゃんです。

190502f.jpg

190502g.jpg

190502h.jpg

昼食は、澳門に来ると毎回訪れる福隆新街の "祥記麵家" で、

190502i.jpg

もちろんコレ、招牌蝦籽撈麺と雲呑撈麺。
エビの卵をふりかけた汁なし和え麺なんすけど、香港と澳門以外ではなかなか見かけないねぇ、こんなにウマいのに。

190502j.jpg

半ブラは続きます。

190502k.jpg

ラザロ地区です。

190502l.jpg

"棠記餅家"。
日本のガイドブックやウェブには取り上げられないマイナーなお菓子屋さんですが、ここのクッキーがいちばん好き。

190502m.jpg

大堂巷まで歩いたのでちょっと休憩して、大腸麺線と胡椒餅。
ここの胡椒餅ウマいんだわ。

190502n.jpg

近所の盧家屋敷もついでに見学するよ。
澳門5回目にして初めて中入ったけど、中国建築とか貝で作られたステンドグラスなどの調度品とか見どころは多いです。

190502o.jpg

夕食はマカニーズの食堂、"利多餐廳"。

建物の右側がガラスケースに入った惣菜コーナー。ここで注文して、左側の食堂でいただきました。
この注文方法が正しかったのかどうかは知らんけど。

190502p.jpg

お店の名物おばあちゃんもいらっしゃいましたよ。
牛脛カレー煮込みもミンチーもめちゃウマ。
ご飯にもポルトガルビールにもよく合いました。
澳門でマカオ料理何度か食べてるけど、この店が今まででいちばん美味しかったな。

(5日目に続く?)

澳門 3日目 (2013/08/16) 

2013年8月に澳門(マカオ)に遊びに行ったときの記録です。

5泊6日の旅程のうち、1日目の記事は2013年9月、2日目の記事は2014年5月に、それぞれアップロードしました。

澳門 1日目 (2013/08/14) [2013/09/08]
澳門 2日目 (2013/08/15) [2014/05/17]

本記事はシリーズ5年ぶりの新作となり、旅程の3日目について書いています。
このシリーズ、お蔵入りになっていなかったことに、自分でもおどろきです。

--------------------------------

澳門3日目。天気はくもり。

まずは福隆新街の "三元粥品專家" で軽めの朝食。



皮蛋痩肉粥と油条。
油条は前年に台湾でも食べたけど、お粥にひたしてちょっとしなっとさせて食べるのがウマい。

さて、この日むかったのは、



コタイにある "石排湾郊野公園" という自然公園。

目的はもちろん、



(あ、いきなりいた。)



「キャー、パンさまーーー!!!」

興奮をかくさない妻。



(降りてきた…)



(近い!)

そう、ここ澳門の石排湾郊野公園にある大熊猫館(パンダ館)では、ガラス張りの運動場でパンダが見放題なのです。
上野や白浜とちがってお客さんもほとんどおらず(この日僕らが出会ったお客さんは2人だけ)、時間制限なし、まさしく見放題。

なお、2013年8月当時は2頭のパンダがいた澳門の大熊猫館ですが、現在(2019年)は4頭ものパンダがここで暮らしているとのこと。



コタイからバスでコロアンに移動して、昼食。



"里斯本地帶餐廳" というポルトガル料理店です。



タコのサラダと、



バカリャウのカタプラーナ煮込み。
ポルトガルの赤ワインとともにいただきました。

料理はマカニーズ・アレンジされておらず、ポルトガル本国のものに近くてとても良い味でした。
お店の内装などもポルトガルの雰囲気を大事していてステキ。
スタッフはひとりとしてポルトガルの方はいらっしゃらなかったけど(ポルトガル語のオーダーが通じなかった)。



マカオ半島の夜。
路地の隙間からグランド・リスボアの姿が見えると、とたんに魔境の様相を呈しますね。

大好きな焼鶏屋 "陳光記飯店" で夕食とします。



店先でバッサバッサとさばかれては焼かれるガチョウや鴨。



ご飯にのせたり、



汁なし和え麺にのせたり。
鶏肉は黒胡椒が効いていてスパイシー。
青島ビールにもよく合います。
澳門はこういうローカルB級グルメもウマいんですよね。
嗚呼、写真見てるだけでまた食べたくなってきた(涎)

(4日目に続く…のか?)