U.D.O.N. 2.0 〜香川縦断の旅2018秋〜 

こんばんは、びびんばです。

2018年11月、われわれうどんロッカーズは13ヶ月ぶりにうどん巡礼の旅に出ました。
昨今の世界情勢ならびに諸般の事情を鑑み日帰りです。

須崎食料品店 (三豊市高瀬町)



まずは1年7ヶ月ぶりの訪問となる須崎へ。

冷たい小(1玉)に薬味としょうゆをかけ、自宅から持参したすだちとともにいただきます。



噛みごたえがあり、かと言って硬いわけではなく、歯がスッと通りねっちりと重たさのある麺。
須崎の麺にはプリミティヴな魅力がある。

良心市たかせ (三豊市高瀬町)



須崎に行った際には毎回立ち寄って野菜等を買い込んでいた良心市たかせが、須崎寄りに移転していたことを皆様にもお伝えしなければなりません。
クルマ運転してたら突然この新店舗が目の前に現れたのでおっちゃんびっくりしましたよ。

今回も1週間以上分の野菜とか揚げとかパンを買う。
嗚呼、良心市たかせが近所にあればいいのに。

手打うどん 松岡 (綾歌郡綾川町)



2軒目に予定していた愛媛県との県境にある某うどん屋がこの日臨時休業であることを、須崎に並んでいるときに店主のツイートで知ったわれわれは、予定を変更して3軒目に予定していた滝宮の松岡へ。

松岡は有名店でありながらわれわれははじめての訪問でしたが、今月15日に惜しまれつつ閉店されるということで、長年親しんだであろうお客さんたちの愛のある長蛇の列に混ざらせてもらいました。



かけ小を「温めんとそのままで。」とお願いしてひやあつで。
ちく天トッピングと自宅から持参のすだちとともに。

第一印象は強めのイリコのええダシ。
それからちゅるんっとしたのどごしの心地よい麺。
これは美味い。

閉店前に食べることができてほんとうに良かった。
そう思わせるうどんでした。

手打うどん まえば (丸亀市綾歌町)



クルマの運転を妻に代わってもらい助手席でくつろいでいたところ、今回の予定に入れていなかったけど以前からチェックしていたうどん屋の横を偶然通りかかったため、「あ、ちょっと戻って。さっきのとこ入ろ。」と急遽クルマをUターンして訪問したのは、手打うどん まえば。
『コレマジ!?さぬきうどん伝説』というキャイ~ンと篠原ともえがMCを務めるNHK高松放送局制作のTV番組があるのですが、そのスタジオとして使用されている店舗なのです。



ひやかけ小に自分で熱いダシをかけてひやあつに。
もちろん持参したすだちをしぼって。

麺は取り置きだからなのかコシはそれほど感じないものの、小麦の甘さをかなり↑強く感じました。
ダシも香川ではめずらしく昆布を強めに感じるもので、開店直後に訪れるとまた違った印象を受けるのかな、と思わせるうどん。
いつか早い時間に再訪したいと思います。

山とも (丸亀市土器町)



4軒目は、2度目の訪問となる土器町の山ともへ。
まんのう町のやまうちで修行された方のお店で、いつぞやの『ブラタモリ』のさぬきうどんの回で登場したお店でもあります。



ひやあつの小に、これまた自宅から持参のすだちを添えて。

山ともの麺はとにかく細い。
そしてモチのようににゅい〜んと延びる延びる。
ダシはやまうち直系のイリコの風味が豊かなもの。
このお店はもはや外せないよねぇ。

期せずして、松岡・まえば・山とも、と "ひやあつ3番勝負" という状況になりましたが、これは甲乙つけがたい。
つけがたいんだけれども、個人的に今回は松岡が良かったかな。
もう2度と味わうことはできないけれども。

本格手打 もり家 (高松市香川町)



5軒目は、毎度おなじみ一般店東の雄、もり家。



釜玉をいただきました。

もり家のぬっとしたもちもちの麺は、冷たく締めたものよりも温いままのほうが美味いと思う。

仏生山温泉 (高松市仏生山町)



chill out...

本格手打うどん おか泉 (綾歌郡宇多津町)



6軒目、最後はやはりここで締めなければならない。
一般店西の雄、おか泉でひや天おろしをいただきます。



もう今さら説明したくはないですね。
讃岐うどんの最終形態。
どんだけおなかいっぱいでも、おか泉のひや天おろしは一気にがっついてしまう。
サクッと揚がった極上の天ぷらはもちろんのこと、シュッとした延びのある麺も本当に素晴らしい。
おそらくひや天おろしは一生食べ続けることになると思う。

今回は以上の6軒。
セルフ4・一般店2。
あるいは新店2・再訪4。
バランスよく巡礼できたのではないかと。
次回は1年とか空かずに、できれば来年の春ころには行きたいなぁ。

ちなみに本記事のタイトルにある2.0とは、この日1日で増加した僕の体重の数字なんですねー、ナイスですねー(死)

【ビール】 アサヒ アサヒ生ビール 


アサヒの期間限定商品 "アサヒ生ビール" を飲んでみました。ん? アサヒ生ビール? スーパドライとどうちゃうの?

『アサヒ生ビール』は、当社の前身となる大阪麦酒社が1900年に発売した商品をルーツとするピルスナータイプの生ビールです。当時では珍しい熱処理を施さない製法は、高い技術力を示すもので、その味わいは高い評価を頂きました。その後、醸造技術や微生物管理技術の発展と共に改良を重ね、深みのあるコクと爽やかなキレをお楽しみいただける「アサヒ樽詰生ビール」として一部地域限定で発売されてきました。
ニュースリリース

と、ニュースリリースには書いてありますが、アサヒ生ビールは通称 "マルエフ" と呼ばれ、1986年に発売されるや、またたく間に高評価・高売上を得た商品なのです。しかし翌1987年にあのスーパードライが発売されるや爆発的な売上を果たし、結果としてアサヒはスーパードライの販売の注力に一本化する一方で、アサヒ生ビールの一般消費者向けの商品は短期間で姿を消さざるを得なかった、という歴史的経緯があります。
その後、アサヒ生ビールは、全国およそ1600店という限られた店舗にのみ卸される樽生の製造のみが続けられておりまして、今回、期間限定とはいえ、アサヒ生ビールが一般消費者向けに販売されるのは、おそらくおよそ30年振りとかになるのではないだろうか。

ではいただいてみます。
苦味や深みといったものもそこそこに、じつに飲みやすくてスッと入ってくる。それはこのビールが、一般的なビールのABV(5〜5.5パーセント)よりも少し低い4.5パーセントである、ということも関係しているのか知らん。
逆に言うと特徴をつかみにくいビールだとも思うけど、そのあたりはいちど実際にお店で樽生を飲んでみてから、改めてその真価を感じ取ってみたいな。




【ビール】 アサヒ グランマイルド 


2018年4月に発売したアサヒの新しいビール "グランマイルド" について、そのコンセプトがわかりやすくニュースリリースにまとめられているので、いつもは文字数稼ぎに貼ってるだけだけど(などとぶっちゃける)今回はきちんと内容も読んで欲しくて貼りまぁす。

『アサヒグランマイルド』は、これまでのビールにはない新たな需要を創出するために、時間をかけゆっくり楽しむ飲用価値を追求しました。
時間をかけゆっくり楽しむ飲用価値に対するお客様のニーズは、「おいしさの持続性」と「高アルコール」です。これまでの高アルコールビール類は、時間の経過と共に“もったりとした穀物香”や“アルコール臭”が際立ってくるといった特性があり、ゆっくり時間をかけて楽しむことが難しいという課題がありました。そのような中、当社は高アルコールでありながら時間をかけて楽しめる味わいをつくりだすため、2つの特許技術を活用しました。
1つは、ビールの定義変更※で使用可能となる副原料を使い、香気をコントロールすることで、主に“もったりとした穀物香”の低減を可能にする技術です。もう1つは、原料となる麦芽から“アルコール臭”を抑制する効果のある成分を抽出する技術です。
『アサヒ グランマイルド』は、この2つの技術を活用することで、食後などのくつろぎのシーンと相性の良い、柔らかなコクが続く味わいを実現しました。
※2018年4月よりビールの定義の改正が実施されます。その中のひとつとして、副原料の規制が緩和され、果実や一定の香味料などが使用可能になります。(使用する麦芽の重量の5%の範囲内に限る)。

ニュースリリース

2018年4月の改正酒税法によるビール定義変更(規制緩和)により、いわゆるフルーツビールが発泡酒ではなくビールに再定義されるようになったわけですが、そういった本来の法の趣旨からは少しズレた、今後またもや国内のビールがガラパゴス的な独特の発展をする素地となりそうなビールですよね。アサヒお得意の、各テイストのゲインをアゲアゲにしたタイプのビールをベースに、レモンピールを使用して香り付け(?)をしているようです。
高アルコール故の甘さのあるアルコール感は残るものの、強いモルト感でじっくりと味わえるビールになっています。ただ、ビールの高めのアルコール感、僕ちんは実は苦手でしてねぇ…



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒグランマイルド350ml缶1ケース24本
価格:4838円(税込、送料別) (2018/5/4時点)


【ビール】 サッポロ サッポロクラシック'17 富良野VINTAGE 


サッポロビール(株)は、「サッポロクラシック’17富良野VINTAGE」を10月17 日より北海道で数量限定発売します。
本商品は、2008年に発売して以来多くの道民の皆様に愛され、今年で発売10年目を迎えます。今年8月に収穫する摘みたての富良野産生ホップを使用することで、フレッシュで芳醇な香りとクラシックならではの爽快な後味を実現しています。

ニュースリリース

昨年函館を訪れた際に買ったやつのデッドストックですね。レギュラー商品のサッポロクラシックは北海道でしか飲むことの出来ない本当に美味しいビールなのですが、フレッシュな新摘みホップをフィーチュアした期間限定のサッポロクラシックもとても気になります。いただきます。
やはり爽快でみずみずしいホップアロマが鮮烈ですね。と同時に後味の苦みがしっかりしていることから、ビール全体の印象が軽すぎず重すぎず、絶妙にバランスしています。
今年もこのビールが飲める時期に北海道に行ければいいな、と切に願うばかりです。

岡村靖幸 2018 SPRINGツアー マキャベリン @ Zepp Namba 2018/04/30 


岡村靖幸 | YASUYUKI OKAMURA >>

岡村靖幸のライブに行くのは3年ぶりだったのですが、その間も彼は半年に1回の全国ツアーを相変わらずコンスタントに続けており、そんな中今回久しぶりにライブに行きたいなと思ったのは、何より昨年DAOKOとコラボした「ステップアップLOVE」がとにかく素晴らしく、昨秋のツアーではどうやら岡村靖幸のひとり「ステップアップLOVE」を演っていたという噂も聞きつけ、どうしてもライブで聴きたくなったからです。
その「ステップアップLOVE」は2曲目で、DAOKOのパートはそのままDAOKOの声がテープで流れている状態ではありましたが、1曲目の「ステップUP↑」から「ステップアップLOVE」に繋ぐって、絶対曲名でセトリ組んでるよね?笑
かつて氣志團の綾小路翔を深夜に呼びつけ、「翔さんはセットリストって、どんな風に決めてますか?」「もうすぐツアーなんですけど、まだ悩んでいて…」と相談したという逸話を遺す岡村靖幸らしく、きっとベイベたちが楽しがる姿を期待しながらこの箇所のセトリを決めたであろうことは想像に難くありません。
それ以外にもセトリの斬新さに関しては、一青窈に提供した「Lesson」(過去記事)を披露したり、ライブでのラスト曲のド定番だった「Out of Blue」を中盤に持ってきたり(しかもギターを弾かなかったり)、弾き語りコーナーがキーボードではなくギターだったり、「友人のふり」もキーボード弾き語りではなくスタンドマイクでフル尺でじっくりと歌ったりと、ここ3年ほどの変化を見ていないので確かなことは言えないまでもそこかしこに見ることが出来て、それと同時に喉のコンディションの安定感は本当に確かなもののようで、安心してそのパフォーマンスに身を委ねることが出来たのが何より良かった。
例をひとつ挙げると、「どんなことをして欲しいの僕に」みたいな半分以上ファルセットボイスを使用する曲なんてかつてはもう歌うことが出来なかっただろうと思われていたのに、きちんと当時の録音作品を超えるくらいの力強い歌声を聞かせてくれていて。
僕が初めて岡村靖幸を観て唐突にファンになってしまった6年前からずっと言いたくて、でも表に出すのを躊躇し続けてきた "完全復活" という言葉は、全盛期とされていた1990年頃の岡村靖幸をしれっと超えてしまい、今なお全盛期をアップデートし続けているという現在の状況に、もはや発するタイミングを完全に失ってしまった。そしてこんな痺れることってないよな、と思うのだ。

岡村靖幸 2018 スプリングツアー マキャベリン @ Zepp Namba 2018/04/30 セットリスト
01. ステップUP↑
02. ステップアップLOVE (DAOKO × 岡村靖幸)
03. Dog Days
04. どぉなっちゃってんだよ
05. Lesson (一青窈)
06. 青年14歳
07. ぶーしゃかLOOP
08. 愛の才能 (川本真琴)
09. バンドメドレー
10. できるだけ純情でいたい
11. ヘアー
12. 忘らんないよ
13. 彼氏になって優しくなって
14. Out of Blue
15. あの娘僕がロングシュート決めたらどんな顔するだろう
16. だいすき
(アンコール)
17. Superstition (Stevie Wonder)
18. どんなことをして欲しいの僕に
19. Punch↑
20. 祈りの季節
21. SUPER GIRL
(ダブルアンコール)
22. 木綿のハンカチーフ (太田裕美) 〜 大阪ベイベ
23. 真夏の果実 (サザンオールスターズ)
24. 友人のふり
25. 愛はおしゃれじゃない
26. ビバナミダ