【ビール】 2018年5月から2019年2月に飲んだビール 

ヤッホーブルーイング よなよなエール
キリン グランドキリン IPA
アサヒ プライムリッチ 華やかリッチ
キリン 本麒麟
サントリー 頂 極上ZERO
アサヒ クリアアサヒ クリアセブン
サッポロ LEVEL9 贅沢ストロング
キリン 一番搾り 超芳醸
サッポロ 焙煎生ビール
アサヒ スーパードライ ジャパンスペシャル
サントリー ビアレシピ オレンジピールのさわやかビール
サントリー ビアレシピ 芳醸カシスのまろやかビール
アサヒ TOKYO隅田川ブルーイング ゴールデンエール
アサヒ 2018株主様限定プレミアムビール
黄桜 LUCKY BOAR

【ビール】 アサヒ 2017株主様限定プレミアムビール 


アサヒの2017年の株主優待ビールは、国産原料を使用したエールだそうです。

本年の株主様限定プレミアムビールは、国産の麦芽とホップだけを原料に使用した和のプレミアムエールです。日本の大地の恵みと当社初採用の酵母に由来する華やかな麦の香りをお楽しみいただけます。麦芽100%でコクがある琥珀色のプレミアムビールを株主の皆様だけにお届けします。【非売品】
株主優待制度について | 株主のみなさまへ | アサヒグループホールディングス

昨年の株主優待ビールはホッピーなピルスナーでしたが、その前は3年ほど褐色系のやや重めのビールが続いており、今年もそんな系統のビールに戻ってきましたね。ただ、エールはたぶん今回が初めてではないかな。

明るく透度の高い褐色の液体に、泡もかすかに色づいており、食欲(飲欲?)をそそります。いただきます。
フルーティーなフレイバー(主に香り)があり、苦みの中に甘みがある。あまり感じたことのない酸味が、全体をライトな印象へと誘導しており、さわやかで飲みやすいエールとなっている。

このタイプのエールが来年あたりアサヒから市場投入されるのかどうかはわかりませんが、サントリーのプレミアムモルツ香るエールに向こうを張る国産大手メーカーのエールとしては、テイストのカブりもないし、なかなか良い選球ではないかと思います。

【ビール】 アサヒ 2016株主様限定プレミアムビール 


今年もレビューできんかったディスクが山ほどあるなぁと思いながら、差し迫ってきた年末の空気に身を任せるばかりの今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、せめて少しだけでも未レビューだったものをblogに書き残して新年を迎えたいと、iPhoneのカメラロールから写真を探しだしていくつかUPしていきたいと思います。ええその時点で必然的にビール記事になりますが何か?

本年の株主様限定プレミアムビールは、ドイツバイエルン州ハラタウ地方の認証ホップを100%使用し、雑味のない清澄な苦味と心地よい飲み口を実現しました。缶体の認証マークは、バイエルン州の厳しい品質基準を満たしたホップを使用している証です。特別なくつろぎの時間を過ごしていただくために、株主の皆様だけに洗練された苦味の麦芽100%のプレミアムビールをお届けします。【非売品】
(アサヒグループホールディングス 株主優待制度について

まずは今年のアサヒの株主限定ビールから。ありがたいことに毎年いただいております。感謝感謝。
ここ数年、アサヒの株主限定ビールは褐色系のものが続いていたのですが、今年はハラタウホップ使用の、ホップをフィーチュアしたものになっております。いただきます。
スッキリとした苦みと香りに清涼感のある、非常にベーシックな、ホップ好きにはたまらないピルスナーですね。ぜひとも香りの立つタイプのグラスで飲んでいただきたい。
あとは、来年あたりにこの手のタイプのビールがアサヒから一般発売されることを心待ちにいたしましょう。

アサヒ株主限定ビール 過去記事一覧 >>

【ビール】 アサヒ 2015株主様限定プレミアムビール 


今年のアサヒグループホールディングスの株主優待限定ビール。

本年の株主様限定プレミアムビールは、これまで培ってきたアサヒビール社の製造技術を活かした「麦芽あじわい仕込」を採用。“飲みごたえ”を感じる主要要素をすべて最高レベル※に引き上げたアルコール度数7%の麦芽100%ビールです。缶350ml1本で満足できる充実の味わいを株主の皆様だけにお届けいたします。【非売品】
※黒ビールを除き、アサヒビール社が製造・通年販売している「生ビール(非熱処理)」比較において

(アサヒグループホールディングス 株主優待制度について

具体的なビアスタイルは不明ですが、濃い目のラガーということでしょうか。これは寒くなってから飲んだほうが良さそうだという判断のもと、11月まで大事に寝かしておりました。
で、飲んだ感想。モルティーなコクとふくよかな甘さがぶわっと口の中に広がり、糖度の高さも相まって、とても幸せな気持ちになります。
ABVの高さにもかかわらずダイアセチル感はなく、また、例年のアサヒの株主ビールに見られたスーパードライ感もないので、深みがありながらも飲みやすいビールに仕上がっている。
このテイストは今後のレギュラー商品にぜひとも反映していただきたいところですね。

【ビール】 アサヒ 2014株主様限定特製ビール  


今年もアサヒグループホールディングスの株主優待ビールをいただきました! ありがとうございます〜。

本年の株主様限定特製ビールは、これまで培ってきたアサヒビールの製造技術を活かし、高アルコールビールの醸造に適した酵母とドイツ産新品種ホップ「ポラリス」を一部使用した、アルコール度数7%のビールです。スパイシーかつフルーティな香りと、その贅沢な味わいを株主の皆様だけにお届けいたします。【非売品】
引用元

グラスに注ぐと明るい褐色。鮮やかな香りが特徴的。アルコール度数も一般的なピルスナーと比べて高めだが、アルコールアルコールした感じがなくて、重めではあるが飲みやすさもある。
今回の株主ビール、ひとことで言うとエールっぽい。上面発酵とはどこにも書いてないので、多分下面発酵のビールなのだとは思うが。
さてアサヒさん、つまり今シーズンの後半にこのエールっぽいテイストの新商品を投入するってことで良いですね? 非常に楽しみである。
FC2 Management