Fujasaki - What I Look Like? The Remixes (Prowess Records/2010) 

Fujasaki - What I Look Like? The Remixes
Label: Prowess Records (PROWREC001)
Format: MP3
Released: 2010-02-02
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
そう言や、長いこと豆まいてないな。

自身のレーベルSudd.を終了(過去レビュー >>)して1年、スウェーデンのFujasaki待望のニューシングルは、2年前の過去曲「What I Look Like?」(過去レビュー >>)のリミックス集。Son of 8-Bits/JordyVisionが主宰するオランダのネットレーベルProwess Records第1弾リリースです。レーベルのニュースレター(メルマガ)に登録したらZIPファイルがダウンロードできます(音はレーベルのサイトでも聴けるけど)。
インディー・エレクトロっぽいリズムとDaft Punkっぽいギターのサウンドが特徴だったイタロ・ディスコを、JordyVisionが何故かダークなアシッド・ミニマルに! 後半、オリジナルの印象的なメロディーとともにブイブイしびれるベースライン! ヤバイ、カッコイイぞ(笑) ナンダ、ジブンこんな技持ってるんや!(エラそうだな)、と思い改まったトラックでした。
もう1曲の元Sudd.アーティスト_aa_のリミックスも牧歌的で良かったし、オススメですわ。
Tracklisting >>

びびんばが2008年に聴いた音盤10枚 

他人の年間ベストを見るのが好きな僕にとって楽しい季節がやって来ました(笑)

今年は、詳しい中身はここには書かない(書けない)けど、音楽の聴き方と言うか接し方が根本的に変わってしまった、大きな区切りの年ではなかったかと思います(まぁその兆候は昨年からあったわけですが)。
そんな中、今年も、リリース年にこだわらず、今年僕が聴いた音楽を、あえてアルバムに限定した10枚を選んでみました。なお、並び順はいつも通りアーティスト名等のアルファベット順です。

Basic Channel - BCD-2 (Basic Channel/2008)
過去レビュー >>
初期Basic Channelの最強ベスト。数多のミニマルダブなどと呼ばれるフォロワーをせせら笑うかのようなハードミニマル集。今年のMoritz von Oswaldは来日するわCarl Craigと共作アルバム(まだ聴いてない)出すわで、非常に精力的でした。

081226_christianprommer.jpgChristian Prommer's Drumlesson - Drum Lesson Vol.1 (Victor/2008)
過去レビュー >>
クラブミュージックのクラシックスをジャズ・カヴァー、という企画云々ではなく、単純にジャズ・アルバムとして良く出来ていた。今年のクルマで聴いた率、たぶん一位。

081226_christopherjust.jpgChristopher Just - Dirty Sanchez (Sublime/2008)
過去レビュー >>
Christopher Justの最強ベスト。「Popper」のおかげでエレポップのイメージがついてしまった彼だが、これを聴くと色んなスタイルの音を器用にこなすアーティストであることがわかると思う。そして決してユーモアを忘れない。それにしてもO沢氏効果でニホン盤が出るとは、何とも皮肉ですな。

081226_denkigroove.jpgDenki Groove - Yellow (Ki/oon/2008)
過去レビュー >>
8年振りに現場に戻って来た電気グルーヴの、今年2枚目のアルバムは、リラックスして作ったであろうことがよくわかる。そしてアシッド! さらにライヴはもう神懸かり的に楽し過ぎた。心から思う。電気のファンやめないで良かった、と。

081226_funk_a.jpg081226_funk_b.jpgDJ Funk - Ghetto House / Ghetto Tek (Dance Mania/2007)
過去レビュー >>
DJ Funkの最強ベスト。この2枚のCD-Rがあれば、もう彼の12"は買わなくても良いかも・・・。

081226_locodice.jpgLoco Dice - 7 Dunham Place (Desolat/2008)
過去レビュー >>
非常にそつなくまとめられた(良い意味で)、完成度の高いテクノ・アルバム。

081226_meganezu_a.jpg081226_meganezu_b.jpgThe Megane~zu - Touched By The Hands Of The Megane~zu Mix / As Heard On Transistor Radio The Megane~zu, Pt.1 (Sudd./2008)
過去レビュー >> 過去レビュー >>
生まれてはじめて作ったミックステープ×2。blogの記事では自虐的に書いた通り技術的にはまだまだだけど、とても愛着のあるミックスになりました。FujasakiとFreakyに心からありがとう。

081226_osborne.jpgOsborne - Osborne (Spectral Sound/2008)
過去レビュー >>
ブラックミュージックのエッセンスを彼なりに咀嚼した、ミニマル通過後のハウスミュージック。マスト!

081226_redsnapper.jpgRed Snapper - Pale Blue Dot (Lo Recordings/2008)
過去レビュー >>
解散していたRed Snapperの復活作。煙たく乾いた酒場のジャズは健在。大人の男だけ!

081226_tanakafumiya.jpgFumiya Tanaka - Unknown 3 (Sundance/2008)
過去レビュー >>
田中フミヤ8年振りの3rdアルバム。フミヤがVillalobosとの出会い以降押し進めていた有機ミニマルの、これがひとつの到達点。

まぁこんな感じです。
それではちょっと早いですが皆様良いお年を。来年も "びびぱん。" と "acid over the rainbow" をよろしくお願いします。
(明日から留守にします。探さないで下さい。)

【ビール】 A.J.I. 心友ビール 

昨夜紹介した『Sudd. Is Dead』の記事を、早速Fujasaki君がSudd.のMyspaceのblogで取り上げてくれました。スレッガーさんかい!? 早い、早いよ!!(スレッガーさんって誰だ・笑)

A.J.I.ビール(箕面ビール)のピルスナー、心友ビール。
ピルスナーと言うには色が濃く、黄金色と言うよりも褐色に近い。写真の通り、泡立ちはあまり良くないですな。注ぎ方失敗したのか、それともぬるかったのか・・・。
フルーティーな甘み、強いが後に残らない苦み、そしてその2種類の味覚の間から顔を出す酸味。澱のようなものが浮いているのが見えたけど、これが酵母なのか知ら。
典型的なピルスナーからはかけ離れているものの、しみじみと味わえるタイプのビールですわ。

VA - Sudd. Is Dead (Sudd./2008) 

VA - Sudd. Is Dead
Label: Sudd.
Format: MP3
Released: 2008-12-01
ダウンロード >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
年末年始の旅行に向けて、持ち歩きの負担にならない軽いデジイチ用三脚を買いました。しかし旅行中のみならず、僕は写真があまり上手じゃないので、普段家ではビールを撮影するのにも役立ちそうです。

2008年12月1日、スウェーデンのFujasakiのレーベル "Sudd." の5年にわたる歴史上最後の作品が、フリーMP3でリリースされました。タイトルは『Sudd. Is Dead』。これぞベスト・オブ・北欧エレクトロとでも言うべき、Sudd.の過去作品からのコンピレーション・アルバムとなっています。このアルバムを聴いていると、彼らの音楽は良い意味で正気の、シラフで良識にあふれたエレクトロニックミュージックだという風に感じます。これは今の世の中にこそ必要なもの。
僕がFujasakiとSudd.の音に出会ったのは去年の話だから、決して昔から彼らの音を聴いて来たという訳ではないけど、それでもレーベルが終了するということは、本当に残念でなりません。そして、Fujasaki君とlunemusiqueさんのおかげでこのレーベルにほんの少しだけ関わることが出来たことを、僕は誇りに思います。

なお、ダウンロードページでは、本アルバムのみならず、過去のSudd.からのアルバムやFujasakiのトラックなんかもダウンロード出来るようになっているので(The めがね~ずのミックステープも!)、ぜひ合わせてチェックしてみて下さい。
Tracklisting >>

The Megane~zu - Touched By The Hands Of The Megane~zu Mix (Sudd./2008) 

The Megane~zu - Touched By The Hands Of The Megane~zu Mix
Label: Sudd.
Format: MP3
Released: 2008
ダウンロード (blog) >> ダウンロード (site) >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
先日紹介した『As Heard On Transistor Radio The Megane~zu, Pt.1』の前に作って、Freakyに一緒にSudd.に送ってもらってたもうひとつのミックステープ『Touched By The Hands Of The Megane~zu Mix』も、同じくSudd.のblogで公開されました。没じゃなかったのか・・・(Freaky、フヤ君に何か言った?)。
こちらのミックスは、クローズするSudd.と依頼をくれたFujasakiに感謝と敬意を込めて、Sudd.音源もいくつか使ってます。結果として、めがね~ずとしては異質な、真面目(?)な選曲になりました。ま、こんな選曲も出来るんですよ、やろうと思えば、ってことで。もちろん、ピッチが合っていない(PCミックスなのに)、ミックスが雑(PCミックスなのに)、といった聴きどころは同様です(笑)

2ミックスで1枚のCDに収まるという便利(?)な長さなので、両方ともお持ち帰りよろしくお願いします。

Tracklisting:
01. The Megane~zu - Intro 1,2,3,4,5 Burn Baby Burn
02. Radiohead - Idioteque
03. Kate Wax - Beetles and Spider (Roman Flügel Remix)
04. Dopplereffekt - Sterilization
05. Familjen - Hög Luft (Fujasaki Remix)
06. Osborne - Detune
07. Gui Boratto - Hera
08. Motif Nouveau & CRL_ - Subway Warrior
09. Kristian and Christian - Syntetic
10. Shed - That Beats Everything!
11. Jens Kallback - tenannVeTe
12. Fujasaki - Boston Revisited
FC2 Management