【ビール】 2021年に飲んだビール 

あわぢびーる Weizen

あわぢびーる Awaji rice

サントリー 金麦 ザ・ラガー

サントリー パーフェクトサントリービール

サッポロ 麦とホップ 夏の香り

サッポロ サッポロビール園 サマーピルス

サッポロ ニッポンクラシカル BITTER

サントリー ザ・プレミアムモルツ 香るエール サファイアホップの恵み

サントリー ザ・プレミアムモルツ プラチナ

Kirkland Signature Citra Hop Session IPA Craft Brewed Ale

アサヒ 株主様限定プレミアムビール2021

キリン 一番搾り とれたてホップ 2020/2021
スポンサーサイト



【ビール】 2020年に飲んだビール 

キリン 一番搾り とれたてホップ 2019

サッポロ 麦とホップ シングルモルト

サッポロ 麦とホップ ザ・ホップ

サッポロ 麦とホップ ダブルビター

サントリー 金麦 香りの余韻 エールタイプ

サントリー 金麦 深煎りのコク

アサヒ 富士山

サッポロ 黒ラベル エクストラモルト

キリン 一番搾り 糖質0

ローソン ゴールドマスター

サッポロ SORACHI1984

角館麦酒 枝垂桜

角館麦酒 武家屋敷

あわぢびーる Session IPA

サッポロ 北海道 奇跡の麦 きたのほし

【ビール】 丹波路ブルワリー レモンびいきホワイト 



やあ、びびんばだ。
今回もリハビリがてらにちゃちゃっとビールブログを書いてみるよ。

兵庫県篠山市のマイクロブルワリー "丹波路ブルワリー" が出している、瀬戸内産レモンを使用したというベルジャンホワイト "レモンびいきホワイト"。
原材料にレモンのほか水飴を使用しているのが面白いところだ。

レモンの爽やかな香りと酸味がとても心地よく酔いを誘う。
ベルジャンホワイトっぽい "まろっと感" はしかしそれほどでもなく、かえってそのことがこのビールでは優位に働いていると思う。

夏の終わりの追憶に心傾けるには最適なビールだ。

【公式】丹波路ブルワリー テラノ・サウス

【ビール】 アサヒ アサヒ生ビール  



やあひさしぶり、びびんばだ。
たまには昔ながらのビールブログをちゃちゃっと書いてみるよ(リハビリ)。

さて、今回取り上げるのは "マルエフ" こと "アサヒ生ビール"。
つい先日の2021年9月14日に、実に28年ぶりに通年販売が再開した、アサヒビールの第2の主翼を担うと期待されている商品だ。
マルエフについては以前期間限定で販売されたときの記事で説明してるから読んでおいてくれよな!

【ビール】 アサヒ アサヒ生ビール

アサヒ生ビールは通称 "マルエフ" と呼ばれ、1986年に発売されるや、またたく間に高評価・高売上を得た商品なのです。しかし翌1987年にあのスーパードライが発売されるや爆発的な売上を果たし、結果としてアサヒはスーパードライの販売の注力に一本化する一方で、アサヒ生ビールの一般消費者向けの商品は短期間で姿を消さざるを得なかった、という歴史的経緯があります。

3年前の期間限定盤から変わったのは、一新したレトロモダンなジャケと、ごく個人的なことながら、飲食店限定だった樽生を飲んでその美味しさに開眼したことが挙げられます。
きめ細やかなシルキーな泡、控えめなくせに確かにそこにいると明らかにわかる苦味と、さっぱりとした次の1杯に続くことのできる飲後感は、今回発売が再開された一般販売盤でも同様に味わうことができます。

飲食店向けの樽生の販売のみで昭和から令和まで、細々とその原DNAを維持し続けてきたマルエフ。
ここへきての通年販売再開は、ビール需要全体の減退の中でさらにスーパードライの売上の落ち込みに対する相当な危機感がアサヒの中のひとにあったものと想像するのですが、普段アサヒに(というかスーパードライに)厳しい態度を取る俺から見ても(もしくはだからこそ)、その判断はGJ!!!!!!と讃えないわけにはいきません。
マジでここ近年稀に見る日本のビール業界にとっての肯定的かつ進歩的なニュースだと確信しているのですがいかがでしょうか。

さらには黒生の発売も用意されているそうじゃないですか。楽しみが過ぐる。




【ビール】 最近の普段飲みビール 2020春夏編 

こんにちは、びびんばです(DEATH)

さて➡️皆⬆️さん↘️(浜村淳)、拙ブログの左側(←)にあるサイドバーの中に、【現在の普段飲みビール】という、僕がそのときどきでケース買いをしているビールを紹介するミニコーナーがあるのをご存知でしたか?(PCビューの場合)
誰も気に留めていないこのコーナー、普段飲みビールの種類が変わるたびにちまちまと書きかえているのです。ブログの記事は更新しないくせに。

で、今回はタイトルの通り、僕が最近普段飲みでローテしている(第3の)ビールのうち、一軍入りしている選手の中から、特に我がチームのクリーンナップを構成するメンバーを紹介します。

サッポロ ゴールドスター

サッポロが満を持して送り出してきた(と俺が勝手に思ってる)ゴールドスター。金星と名付けられたことからもその本気度が見て取れる。
クリアーで飲みごたえがある王道のピルスナー。万人が美味いと言うであろう抜群の安心感は、逆に没個性と感じてしまうくらいの美味さ。
多少地味ではあるが、安定感がありオールマイティー。さしずめ「3番 サード 黒木」と言ったところだ。眼鏡がシヴい。

サントリー ブルー

プレモルの香るエールを連想させるカラーリングの缶の上に踊る「エール酵母」の文字。いよいよサントリーが香るエールの第3ビver.を市場に投入してきた。
香るエール由来の鮮烈なアロマが最高に心地良いが、シーンを選ぶピーキーさがあるのも確か。いやでも僕はこのビール好きだよ。大好きだ。
純粋さと心の傷をひょうきんさで隠す様はさしずめ「4番 ピッチャー 上杉」と言うところ。背番号のないエースさ。

アサヒ ザ・リッチ

アサヒが、プレミアム帯のビールにも対抗出来得る第3のビール、というコンセプトのもと送り出されたザ・リッチ。モルトのコクがとにかく重厚でうまみが強い。ここ一番というシーンでも使用できるが、続けて飲むにはやや不向きかも。
重量級のホームランバッターと言う部分ではさしずめ「5番 キャッチャー 松平」と言ったところだ。いよっコータロー!

いかがでしたか。
あなたの普段飲みビールを選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。ひきつづき良きビールライフを。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★サントリーブルー 350ml 1ケース サントリー
価格:3755円(税込、送料別) (2020/6/19時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒ ザ・リッチ 350ml 24缶(1ケース)
価格:3866円(税込、送料別) (2020/6/19時点)