【ビール】 サッポロ 富良野の薫り ゆるやかエール 


イオン株式会社(本社:千葉県、社長 岡田元也)とサッポロビール株式会社(本社:東京都、社長 髙島英也)は、共同企画したビール「サッポロ 富良野の薫り~ゆるやかエール~」を、全国のイオングループ酒類取り扱い店舗において2017年9月12日より数量限定販売します。
「サッポロ 富良野の薫り~ゆるやかエール~」は、厳選した富良野産ホップと北海道産大麦麦芽を使用した薫り高いエールビールで、当社北海道工場で製造します。

ニュースリリース

その名の通りエールとしてはゆるやかに感じる、ライト(な)エール。
薫りのここちよさもふんわりとしていて、どんな料理のじゃまもせずにすいすいと飲めそうな感じのビールです。

【ビール】 奥入瀬ビール サマーエール 


奥入瀬ビールは、十和田湖ふるさと活性化公社が醸造している青森県十和田市のクラフトビールで、サマーエールは、その奥入瀬ビールが夏期限定で醸造した商品となっています。今夏青森に遊びに行った際に購入しました。

カスケードホップを使用した、柑橘系の香りがさわやかなライト(な)エール。
これはとても夏向きのビールだ。と思うのですが、8月の青森は大阪とくらべてとても涼しかったので、現地で飲むとどうなんだろう。
ともあれ、今回奥入瀬は訪れなかったので、次回行ってみたいと思っています。




【ビール】 カインズ 黄金 芳醇 


先日まで、およそ2年にわたって僕の普段飲みビールの座を不動のものにしていたカインズの "黄金 芳醇"。
レギュラー商品の黄金(過去記事)と比較すると、ABV(アルコール度数)が6パーセントとすこし高めで、コクと苦味があり、なおかつ黄金の魅力であったホップ感は損なわれておらず、自宅で酩酊するためにせっせとケース買いにいそしんでおりました。

現在、僕の普段飲みビールの座はトップバリュ バーリアル リッチテイスト(過去記事)に明け渡してしまいましたが、また戻りたくなることもあるでしょう。
今までありがとう黄金 芳醇、とりあえずのお別れだ。

【ビール】 サッポロ 麦とホップ 夏空のホップセッション 


サッポロ麦とホップから、"夏空のホップセッション" という季節限定の新しいバリエーション商品が発売されていました。まだ売ってるかな?
とりあえず以下コピペ。

 サッポロビール(株)は、「サッポロ 麦とホップ 夏空のホップセッション」を2017年7月11日(火)に数量限定発売します。
 この商品は、柑橘のように香るホップ「シトラ」と、フルーティーな香りのホップ「カスケード」の2つのフレーバーホップによる驚くほど瑞々しい香りと爽やかな苦味を感じる、暑い夏にぴったりの飲み心地をお楽しみいただけます。

ニュースリリースより)

今年の春には魅惑のホップセッション(過去記事)というバリエーション商品が出ておりましたが、そちらはモザイクとカスケード、今回はシトラとカスケード、ともにフレーバーホップを使用しており、香るホップが大好物な僕の期待値は否が応でも上がります。
いただきます。
まさしく柑橘系フレーバーホップの華やいだ香りがすばらしく、口の中に残る苦みもその特徴を主張しています。
ややライトな感は否めないものの、清涼感もあり、魅惑のホップセッションと並んでとても良く出来た第3のビールであることに間違いはありません。
もしもまだ売っているのを見かけたら買い占めましょう。




【ビール】 トップバリュ バーリアル リッチテイスト 


某横浜方面のビートにジャンキーなお方から個人的エア・リクエストをいただいてから早3ヶ月。飲んだ。飲みましたよ奥さん!
バーリアル リッチテイストは、現行のトップバリュ バーリアルのシリーズ3機種のうちのひとつ。どちらかと言うと麦芽にフィーチュアしたタイプのラガータイプの第3のビールのようです。

クリスタル麦芽など、3種の麦芽を使用したコクと苦味の豊かな味わい。しかも後味すっきり。
韓国の工場で作っています。

商品情報

いただきます。
なるほど。たしかにモルトのふくよかな苦味が感じられるけど、いや、それよりも! この華やかに香るホップのさわやかさ!
これは驚いた。キミは実に僕好みだよ。

僕はもう2年近く、普段飲みビールはカインズの黄金 芳醇(未レビュー)を愛飲してきましたが、ここへ来てドラスティックな革命が起こってしまったかもしれません。次回、新たな普段飲みビールとして、僕はこのバーリアル リッチテイストをケース買いしていることでしょう。さようなら黄金 芳醇、とりあえずのお別れだ。