【ビール】 キリン 一番搾り 福岡づくり 


今年2017年も47都道府県の一番搾りの発売が開始されたタイミングではありますが、昨年2016年の47都道府県の一番搾りの飲みました報告をちょこちょこと。
(注:2017年版は、当該都道府県の工場で生産されたものを "~づくり"、近隣地域他府県の工場で生産されたものを "~に乾杯" と、商品名に違いがみられますが、当blogでは2016年版の商品名に合わせてすべて "~づくり" と呼称しています。)

http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/ji/is17_47/

福岡づくりは福岡工場製造。
県産大麦麦芽を100%使った力強いうまみが特徴ということですが、麦芽とホップのみを使用した一番搾り本来の澄み切った魅力のなかに、意外とホップの爽やかさが効いている。今まで飲んだ47都道府県の一番搾りのなかでも上位に食い込む美味しさ(と言うより僕の好み)だと思います。

【ビール】 アサヒ 2017株主様限定プレミアムビール 


アサヒの2017年の株主優待ビールは、国産原料を使用したエールだそうです。

本年の株主様限定プレミアムビールは、国産の麦芽とホップだけを原料に使用した和のプレミアムエールです。日本の大地の恵みと当社初採用の酵母に由来する華やかな麦の香りをお楽しみいただけます。麦芽100%でコクがある琥珀色のプレミアムビールを株主の皆様だけにお届けします。【非売品】
株主優待制度について | 株主のみなさまへ | アサヒグループホールディングス

昨年の株主優待ビールはホッピーなピルスナーでしたが、その前は3年ほど褐色系のやや重めのビールが続いており、今年もそんな系統のビールに戻ってきましたね。ただ、エールはたぶん今回が初めてではないかな。

明るく透度の高い褐色の液体に、泡もかすかに色づいており、食欲(飲欲?)をそそります。いただきます。
フルーティーなフレイバー(主に香り)があり、苦みの中に甘みがある。あまり感じたことのない酸味が、全体をライトな印象へと誘導しており、さわやかで飲みやすいエールとなっている。

このタイプのエールが来年あたりアサヒから市場投入されるのかどうかはわかりませんが、サントリーのプレミアムモルツ香るエールに向こうを張る国産大手メーカーのエールとしては、テイストのカブりもないし、なかなか良い選球ではないかと思います。

【ビール】 トップバリュ 麦の恵み 


ある日イオンに行くと新しい新ジャンルが出ていたので買ってみました。
まずは商品情報のページからコピペ。

麦の旨味を感じるマイルドな味わいと、すがすがしい後味
日本の工場で作っています。

商品情報

これだけじゃよくわかんないですね…。
缶の情報を見ると、サッポロの工場で作っているようです。

いただいてみます。
麦の旨味はあんまりよくわかんないですね…。
ちょっとした酸味が特徴的ですが、この酸味はないほうが良いと思いましたよ。

【ビール】 キリン 一番搾り 和歌山づくり 


今年2017年も47都道府県の一番搾りの発売が開始されたタイミングではありますが、昨年2016年の47都道府県の一番搾りの飲みました報告をちょこちょこと。
(注:2017年版は、当該都道府県の工場で生産されたものを "~づくり"、近隣地域他府県の工場で生産されたものを "~に乾杯" と、商品名に違いがみられますが、当blogでは2016年版の商品名に合わせてすべて "~づくり" と呼称しています。)

http://www.kirin.co.jp/products/beer/ichiban/ji/is17_47/

和歌山づくり(和歌山に乾杯)は神戸工場製造。
すっきりとした酸味とかすかな柑橘系の香りが特徴かと。
このビールはさわやかでいいですね。南国の和歌山の気候の雰囲気をうまくとらえていると思います。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一番搾り和歌山に乾杯350m 24本入
価格:4900円(税込、送料別) (2017/8/2時点)


【ビール】 サントリー 頂 


サントリーから新しい新ジャンル "頂(いただき)" が発売されました。
まずはいつものように商品情報のコピペから。

“力強いコク・飲みごたえ”と“飲みやすさ”を両立したアルコール度数7%の新ジャンルです。
旨味麦芽を中心に麦芽をふんだんに使用した「力強いコク」、アルコール度数7%の「飲みごたえ」とともに、醗酵度合いを高めたことによる後味のキレと、高い炭酸ガス圧の刺激による「飲みやすさ」も兼ね備えた、「最高峰のコク刺激」を是非お楽しみください。

商品情報

それではいただきます。頂(いただき)をいただきます。
(書くまい書くまいと思っていたのにやっぱり書いてしまった。最低!)

さすがコクと飲みごたえにフォーカスした商品だけあって、同じサントリーのモルツ直系のモルトのコクがありますね。
高めのABVながらも不快なアルコール甘さもなく。

ただ、キレや飲みやすさを演出しようとしたであろう強炭酸(炭酸ガス注入)は特に必要なかったんじゃないかなぁ。
そこまで大衆におもねる必要はなかったんじゃないかなぁ。

というのが僕の意見です。
全般的にはなかなか美味しく出来上がっているので、モルツ好きだったらじゅうぶん楽しめるんじゃないかと思います。

あと、くだんの放送中止になったあのTVCMは単純にアウトだったと思います。