VA - Yellow Claw presents The Barong Family Album 

Artist: VA
Title: Yellow Claw presents The Barong Family Album
Label: Barong Family
Catalog#:
Format: File
Released: 2016/09/09
Yellow Clawが主宰するオランダのレーベルBarong Familyが、昨年の9月にリリースしたフリー・ダウンロードのコンピレーション。

レーベル名のとおり、まさしくファミリーのようなレーベル所属アーティストたちによるコラボレーション曲のみで構成されていて、トラップやムーンバートンやベースハウスからゲットーテックにトロピカルハウスにハードスタイルまで、ベースミュージックの振り幅の広い多彩性をこれでもかってくらい楽しめます。

個人的な好みだとオランダのベースハウス・ユニットMoksiの関わったトラックはどれも出色の出来。とくにジャングルテラーでおなじみのWiwekとタッグを組んだ「Masta」なんてベースハウス・フォーマットのジャングルテラーでめちゃくちゃかっこ良くて、その音楽性にシヴィれます。

僕はベースハウスを漁ってるなかでこのレーベルに行き当たったんですけど、ベースミュージックの中心と辺境を同時にフォローできるBarong Familyは、いまいちばん注目すべきレーベルのひとつなんだろうと思いますね。



Tracklist
01. Yellow Claw & San Holo - Old Days
02. Cesqeaux & Chace - Work It
03. Dirtcaps & Mightyfools - Wasted
04. Moksi & Mike Cervello - Harvest
05. Wiwek & Moksi - Masta
06. Cesqeaux & The Galaxy - P.S.A
07. Yellow Claw & Dirtcaps - Money Machine feat. Tellem
08. Dirtcaps & Mike Cervello - Shut Up and Dance
09. Moksi & Mightyfools - Throuwback
10. LNY TNZ & Moksi - Lock the Door
11. Mike Cervello & The Galaxy - Luxor
12. LNY TNZ & The Galaxy - Work That
13. Moksi & Fountain Of Youth - Hold Me Down
14. Fountain Of Youth & Wiwek - No Way

VA - BDM 

Artist: VA
Title: BDM
Label:
Catalog#: BDM-001
Format: CD
Released: 2015/09/19
2015年10月3日に青山・国際連合大学前広場にて行われるBDM 2015 青山収穫祭に関しては、前回取り上げたクラウドファンディング特典のデデマウスと水曜日のカンパネラ「妖怪地獄音頭」(過去記事)だけではなく、そのまんま『BDM』というタイトルのコンピCDがヴィレッジヴァンガード限定でリリースされている。
実はこのCD、クラウドファンディングで50,000円以上の支援に対するリターンのひとつとして用意されていた "秘密のCD" と同内容であるとのこと。まぁ特典のCDは参加アーティストのサイン入りだそうですけど(ちなみに僕はアメ村のヴィレヴァンで買いました)。

さて、本作が重要なのは、やはり水曜日のカンパネラの新曲「レオ」が収録されているからだ。今のところ、この「レオ」という曲は、このCDでしか聴けないレアなものとなっている、レオだけに(11月にリリース予定の水カンのニューアルバム『ジパング』に再録される可能性もないとはいえないが)。
レオが、たいていジャングルで踊るという、ライ音頭(ライオンど)。このあたり、いつもの水カンノリのダジャレなんだけど、ドゥヤドゥヤと繰り返されるかけ声のリフも含めて、たとえば幼稚園の盆踊りとかでも踊れそうな、可愛らしく明るいエレクトリックなUKビート・ミュージック音頭に仕上がっている。こういう曲は水カンの新機軸だなぁ。大好きだ。

あ、他の楽曲も、どれも好きですよ。このコンピに関しては捨て曲なしです(水カンファンなので水カンの曲にしかふれなかったの、許せ)。
また、このCDには件の「妖怪地獄音頭」は未収録となっているのも憎いところである。ファンとしては両方手に入れたいところですよね(特典のほうはもう入手できないけど)。
それにしても、2015年、音頭、来てますね。



Tracklist
01. 水曜日のカンパネラ - レオ
02. DE DE MOUSE - 花火少女、宇宙
03. HIGE'TEKINA//SOMETHING - 東京"BDM"音頭
04. spoon+ joined SEXY-SYNTHESIZER - ちゃんちきぷんぷん
05. ニッポングルーヴマジック協会 - 南部俵積み唄

VA - Japan's Next 2015 Special CD 

Artist: VA
Title: Japan's Next 2015 Special CD
Label: ロッキング・オン・ジャパン
Catalog#:
Format: CD
Released: 2015/07/31
姉さん事件です! 『ロッキング・オン・ジャパン』2015年9月号に『Japan's Next 2015』という付録CDがついておりまして、今回で5作目なのだそうですが、このCDに水曜日のカンパネラの「カーネル」が収録されています。
というわけで「カーネル」目当てに、じつに20数年ぶりに、かつては毎号購読していた『ロッキング・オン・ジャパン』を買いました。

「カーネル」は、そのタイトルの通り、カーネル・サンダースをモチーフとした大阪のご当地ソング。すでにライヴではオナジミの曲で、5月にはおとぷり(オトトイ・ミュージック・プリペイド・カード)のキャンペーンで無料ダウンロードが開始されてはいましたが、今回が初のCD化となります。
1985年10月16日の大阪の街の熱狂の様子を、今まさに道頓堀に投げ入れられようとしているカーネル・サンダース自身の目線から、これまでの(カーネル・サンダースの)人生が走馬灯のように流れる様子も混線しつつ語られているのがこの曲の歌詞であると、僕は解釈しています(笑)
サウンド面では、性急な4つ打ちとパーカッシヴなお祭りビートに、ガットギターとピアノがエモーショナルに対比する、超熱量のあるトラック。
いつの日か、タイトルからdemoの文字が消えて、正式にリリースされることでしょう。心待ちにしております。



Tracklist
01. THE BOYS&GIRLS - すべてはここから
02. NOISEMAKER - Her Diamond
03. THREE LIGHTS DOWN KINGS - BRAINWASH
04. フレデリック - 愛の迷惑
05. 魔法少女になり隊 - RE-BI-TE-TO
06. Mrs. GREEN APPLE - 我逢人 -short ver.-
07. Yogee New Waves - Good Bye
08. Awesome City Club - 4月のマーチ
09. 夜の本気ダンス - B!tch
10. 水曜日のカンパネラ - カーネルdemo

VA - TB Will Survive 

Artist: VA
Title: TB Will Survive
Label: AcidWorx
Catalog#: ACIDC3
Format: File
Released: 2015/03/03
オーストラリアと日本を活動のベースとするアシッド・ハウス/アシッド・テクノ専門レーベルAcidWorxは、相変わらずものすごい勢いのリリース・ラッシュを続けているんだけれど、3月3日(303の日!)には、Roland TB-303の発売33周年(!)を記念したコンピレーションをリリースしている。今回の参加アーティストは、海外勢2組に対し日本勢8組の計10組。
やはり本コンピの最大の目玉、略して大目玉は(と書くとものすごく怒られているみたいに見えるが、まったくそういう意味ではない)、独テクノの大ヴェテラン、Thomas P. Heckmannの参加だろう。
Thomas P. Heckmannは90代初頭から、様々な名義で、様々なスタイルのテクノ(アシッド、トランス、アンビエント、エレクトロ、EBM、ミニマル…)を繰り出してきた。ここ数年はアシッド回帰とも取れるスタイルのミニマルやテクノのトラックを散発していたが、トゥイニー(ついに)リアル・アシッド・ハウスの新興総本山たるAcidWorxへの参加ですよ。今回のコンピだけのゲスト的な参加なのか、それとも今後のソロ・リリースの布石なのかは定かではないが、これはなかなかにエキサイティングなニュースではありませんか。
それに対しAcidWorxクルーは、TB-303やTT-303の実機を手に迎え撃っている。AcidWorxのアーティストのトラックは、毎回クォリティ・コントロールが行き届いて、唸らざるを得ない。
最近は海外発のアシッドをやるアーティストやレーベルが再び増加傾向にあるが(俺調べ)、ただ単に303風の音を鳴らしてるだけにしか聴こえない単調でグルーヴもおもしろみもないトラックがほとんどで、ハッキリ言って食傷気味。そんな中、AcidWorxの質の高さ(具体的にはアシッド・フレーズの面白さとフロア強度の維持、それからシーンのモードからの逸脱のなさ)は世界的に見ても際立っているし、もはやブランド化に成功しているとすら思える。



Tracklist
01. Thomas P. Heckmann – Cherry 303 (Original Mix)
02. SERi – TB Will Never Die (Original Mix)
03. Metro – MTR308-01 (Original Mix)
04. Mitaka Sound – Flare Stack (Original Mix)
05. Parahoria303 – Savile Row (Original Mix)
06. 909state – Turret Track (Original Mix)
07. Metro – 14steps (Original Mix)
08. Narita – Sweet Metal (Original Mix)
09. Yokushe – Red Zone (Original Mix)
10. Acid Child – Just an Acid Child (Original Mix)

VA - Acid 4 

Artist: VA
Title: Acid 4
Label: AcidWorx
Catalog#: ACID4
Format: 12"/File
Released: 2014/10 / 2014/12
昨年10月に出た、現代アシッドハウスの前衛であるシドニー=静岡コネクションAcidWorxの、アナログ・リリースとしては第4弾の12インチシングル。
毎回アーティスト名、曲名ともに明かされない状態で発売されるこのカラーヴィニール・シリーズ、今回も後日データ販売の開始とともにその正体が明らかとなっている(まぁ実は、レーベルのBandcampサイトでは、BeatportやAmazon等のサイトとくらべてもかなり早い段階でネタバレされていたのですが)。
で、その正体は、レーベルの大ボスであるDJ Hi-ShockことAdvanced Humanと、レーベル・コンピ『Let There Be Acid』(過去記事)でもその個性を発揮していたPaul Birkenという海外勢2組がA面、そして、レーベル・コンピには曲を提供していなかったMitaka Soundと909stateという日本勢2組がB面の盤面を、それぞれ刻んでいる。
で、当blogとしては、やはりジャパニーズ・サイドであるるB面に注目したいわけです。

Mitaka Soundの「Hakozaki」は、オールドスクールな鳴りのグルーヴを持ったアシッドハウス・トラック。リズムとアシッド・シンセの両方で展開を作っていて、じわじわとハメてハメられる。"真綿で首を絞められ系" トラックとでも名付けようか(笑)。(でも実際、この "真綿で首を絞められる" 感覚っていうのは、テクノやミニマルにはとても重要な要素のひとつだと思いますよ。)
909stateの「Beak Spider」は逆に、空気の刃でバシバシとサディスティックに延々切り付けるような、ハードで小気味いいこれぞテクノなグルーヴ。シャッフルしたアシッドを作らせると右に出るものはいないな。

さて、巷では次作『Acid 5』も発売されて既に日本にも入ってきているので、こちらもチェックが必要です。



Tracklist
A1. DJ Hi-Shock - Psycho Acid
A2. Paul Birken - Boneless
B1. Mitaka Sound - Hakozaki
B2. 909state - Beak Spider