John Tejada - Parabolas 

Artist: John Tejada
Title: Parabolas
Label: Kompakt
Catalog#: KOMPAKT CD 93
Format: MP3
Released: 2011
[試聴]
[Amazon.co.jp] [iTunes Store]
近年のKompaktのシューゲイザー路線には正直言って食傷気味だったのだが、John Tejadaの新作はテクノテクノしていて良かった。先行シングル『Unstable Condition』を聴いたときは、アルバムはもっとシカゴっぽいミニマル/テックハウスになるのかと思ったが、ふたを開けてみると、むしろ牧歌的で叙情感のあるデトロイト寄りのエレクトロやディープハウスに満ちている。いくつかのアンビエント楽曲もアルバムの中で存在感を主張している。全体的に柔らかさのある、聴いていて疲れない良いアルバムだと思います。
Tracklisting >>

James Teej - Evening Harvest (Rekids/2010) 

James Teej - Evening Harvest
Label: Rekids (REKIDS05CDD)
Format: MP3
Released: 2010
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
うおーっ、6月から澳門航空とANAのコードシェアが始まっていたのか、知らなかった! 星組でマイルを貯めてるわが家にはたいへんありがたい。

カナダのプロデューサーだというJames Teejの1stフルレングスが、Radio Slaveのレーベルからリリース。一聴するとミニマル通過後のクールなディープハウスという印象だが、やわらかい音色のジャジーなメロディと、何より本人のヴォーカルがソウルフル。そしてかっちりと打ち刻まれるハウスビートが気持ち良過ぎる。数年前からEPベースでのディープハウス・リヴァイヴァルは続いてきたが、今年に入ったあたりからアルバム単位での良質な作品が出てくるようになってますますの盛り上がりを見せている。いずれにしても、ナイス・ハウスアルバムだと思います。
Tracklisting >>

Jeff Mills - The Occurrence (Third Ear/2010) 

Jeff Mills - The Occurrence
Label: Third Ear (XECD-9128)
Format: Vinyl-Disc
Released: 2010
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
宇宙旅行に旅立ったり宇宙からDJプレイを中継したりといった奇行や妄言が目立った最近のJeff Millsですが、本作は昨年のアルバム『Sleeper Wakes』(未レビュー)のコンセプトを引き継いだミックスCDで、使ってるのは自分の曲だけ。JeffのDJミックス作品としては、『The Mission Objective: Mission6277 Top Secret』(2005)(過去レビュー >>)以来4年半振り5作目。というわけで、『The Exhibitionist』(2004)(未レビュー)が最後のミックスCD作品になるという発言(?)はその直後には『Choice: A Collection of Classics』(2004)(過去レビュー >>)のリリースで覆されているのだから、今さらそのことをツッコむのはもうやめましょうね。
で、ここでもハードミニマル以降のJeffの特徴である、モノトーンでスペーシーなコズミック・ソウルが展開されている。とても心地の良い作品だ。
ハードコアを第1期、ハードミニマルを第2期とすると、現在のJeffは第3期ということになるだろうけど、以前の攻撃性やインパクトに欠けることから評価は低いものの、僕は現在のJeffの芸風も常に高いクォリティを維持していて素晴らしいと思う。静かながらも感じられる躍動感はダンスミュージックであることを忘れていないしね。
あと、本作はニホン初(?)の、片面がCDで片面がアナログ・レコードのVinyl-Discである。アナログ・レコード面にはJeffの未発表曲が収録されているとのことだけど、実は僕はまだ怖くてタンテに乗せていない。ほんまにコレに針落として大丈夫なん?
Tracklisting >>

JordyVision - Droomweg The Remixes (Prowess Records/2010) 

JordyVision featuring Son Of 8-Bits & Niki Brumas - Droomweg The Remixes
Label: Prowess Records (PROWREC003)
Format: MP3
Released: 2010
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
ベランディング記録。
ルッコラの芽がぱらぱらと出ています。しかしサンシャイン牧場みたいに一晩で育ってたりはしないんだわ(笑)

オランダのSon Of 8-Bits/JordyVisionが主宰するProwess Recordsの第3弾は、前作「Droomweg」のリミックス集。手がけたのはスウェーデンの(アメリカのひとらしいです)_aa_ (Sudd./Anal0g)、UKのCASSETTi、アルゼンチンのPremini (from Lovely Chords) 、オランダのDJ Afre、そしてニホンのPet Boys ShopことNOW!さん!
プログレッシヴ・ミニマルだった原曲を、エレクトロニカだったりダブステップだったりディスコだったり、それぞれがそれぞれのスタイルで料理していて面白いのだが、特にCASSETTiの凶悪なベースサウンドは僕の今の気分のひとつ。シヴィレるぜ。しかしそれ以上だったのがPet Boys Shopのアップリフティングなテクノ! 硬質で跳ねたリズムがカッコ良い。お世辞抜きで、5ヴァージョンの中でいちばん好きだわ。
実はジョーディにNOW!さんを紹介したのは僕なんだけど、それが数ヶ月後にこうしてカタチになって僕の前に届けられるというのは、何とも嬉しいことであります。NOW!さんももっと新曲作りましょうよ。あと、配信とは言えせっかくのリリースなんだから(twitterばっかりやってないで)告知もちゃんとするように!
とりま(←ちょっと使ってみたかった)今後もProwess Recordsのリリースには期待したいです。
Tracklisting >>

JordyVision - Droomweg (Prowess Records/2010) 

JordyVision - Droomweg (featuring Son Of 8-Bits & Niki Brumas)
Label: Prowess Records (PROWREC002)
Format: MP3
Released: 2010
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
世界ジュニア選手権で羽生結弦&村上佳菜子が男女シングルのアベック優勝! まぁ "アベック優勝" って単語はどうかと思うが(昔から使われてるけど)、羽生君は小学生の頃から何度か観たことがあって、着実に成長しているなぁという印象。ニホンのフィギュア界もようやく真央ちゃんの下が育ってきた感じですね(ちょっと世代的な空白があったからさ)。

オランダのSon Of 8-Bits/JordyVisionが主宰するProwess Recordsの第2弾は、待望のJordyVisionのオリジナルトラック1曲入りEP。すでにAmazon.comとiTSでデータの販売が始まっていますが、このEPは全3作のシリーズの第1作という位置付けみたいです。前にProwess Recordsをネットレーベルと書いてしまったけど、今後はデータのみならずパッケージの販売も考えているそうで、これからの展開が楽しみ過ぎます。
で、音のほうが、これがまたプログレ(ッシヴハウス)通過後のダークなアシッドミニマルで、背後から追い掛けられるような切迫感がカッコ良過ぎ。僕の好みのド真ん中の音とも言えます。Prowess Recordsは今後注目しておいた方が良さそうですよ。
Tracklisting >>