Silent Breed - The Return Of The Acid Fucker (A.F.U./1997) 

最近全然新譜を紹介していませんね。
だって買うてへんねんもん!
だからケルン特集とかやっててんけどね。
というわけで今日も、先月中古屋で買った旧譜を紹介します。

ドイツのアシッド大王ことトーマス・P・ヘックマンは、実に様々な名義でリリースを続けています。
有名なのはやはり「Amphetamine」(1993) を大ヒットさせたDraxでしょうが、近年では、ニッツァー・エブ「Join In The Chant」(2002) のリミックスも記憶に新しいところではないでしょうか。

昔から共通しているのは、アシッド!
おそらくTB-303ではなくてドイプファーとか使ってると思うんだけど、このひとのスペイシーなシンセ使いは独特のものがあります。
そしてビートは頑なまでにゴリゴリでジャスト・グルーヴ!
このサイレント・ブリード名義のアルバム(コンピレーション)でもそこは十二分に味わえます。

もっとトーマス・P・ヘックマンの世界を堪能したいならば、『Kopfgeister 1991-2001』というCD3枚組のベスト盤がオススメ。
意外と幅広い作風に驚かれるはずですよ。
スポンサーサイト