VA - Essays On Radio: Can I Have 2 Minutes Of Your Time? (Crónica/2005) 

ポルトガルのエレクトロニカ・レーベル(タワレコ梅田店のポップによる)っちゅーことで、その珍しさだけで買ってしまった1枚。
だもんで、このCrónicaというレーベルのことはまったく知りません。
このアルバムは、計39組のアーティストが「ラジオ」をテーマに作った2分間の曲をコンパイルしたものだそうです。
聴いたところ、エレクトロニカというよりは、音響/ミニマル/ノイズといったレーベルなのかなあ。
クラブミュージック・ベースではなく、現代音楽ベースのレーベルっぽいですね。
だから、まあ、音楽的にはそれほど面白みもないというか、こういうのってアルバムのトータル・コンセプトそのものが大事なんでしょうね。
アナログ・レコードをハダカのまま流通させて、それぞれのレコード盤に傷がつくことによって、1枚1枚違ったノイズの入る、世の中に1枚しかないレコードを作るというコンセプトの作品とかもありましたけど、そんな感じ。
Tracklisting >>