VA - No Categories 2: A Ubiquity Compilation (Ubiquity/1999) 

Ubiquityの2枚組コンピレーション(16曲入り)が、iTMSで何故か「50円」で売られていたのでサクッと購入。
13:20現在、iTMSのアルバム売り上げトップです。
ひとまずお知らせのみ。

iTMS > "VA - No Categories 2: A Ubiquity Compilation" >>


追記 (2005-11-20 23:03)

今見てみたら、この商品のページなくなっちゃってるんで、どうも削除されたくさいです。
トップアルバムからも名前が消えてました。
やっぱり「50円」はiTMSのミスだったのか…。
まあ買えた人は良かったね、ということで。
スポンサーサイト



The Orb - Okie Dokie It's The Orb On Kompakt (●KOMPAKT/2005) 

いま欲しいというか、興味のあるのはビッグ・スクーターですね。
横田進がかなりのめり込んでることも一部で有名ですが、ああいうバイクって、中学生の頃(ちなみに丸坊主でした…)『AKIRA』の金田のバイクが欲しかった俺としては、ようやくそんな時代が近づいて来たなって思う訳ですよ。
と言う訳で、乗るなら絶対赤!
幼い頃からシャアが大好きだった俺としては、赤いバイクで「シャア専用」と言い張りたいね(金田はどこ行った?)。
ちなみにシャアのMS(注:「モビルスーツ」の略ですよ、皆さん)でいちばん好きなのはやはりジオングです(いや、それ赤くないし)。
あ、でも俺、中型免許持ってないや…。

前回レヴューを書いた『Pop Ambient 2006』にも収録されていたAlex Paterson博士によるThe Orb、いよいよ●KOMPAKTから待望のアルバム・リリースですよ。
正直これまでThe Orbの作品ってアタリ・ハズレが激しすぎて、自分の中ではさほどスペシャルなアーティストではなかったんですけど…。

感涙!
このアルバムは良過ぎるぜセニョール!!

●KOMPAKTらしい跳ねたグルーヴのハウシーなトラックから、高純度の結晶のような美しいアンビエントまで、全般的にベースの音が重たい、煙たくてトリッピーな曲が多いです。
聞けば、全曲Thomas Felmann翁が関わってるとか(そういえば昔Thomas Felmann翁も●KOMPAKTからアルバム出してましたね)。
いやー、このThomas FelmannとAlex Patersonのコンビ、年季が入ってるだけに最高ですね。
本当に素晴らしいアルバムに仕上げてくれました。
特に10曲目の「Because/Before (Sibirische Musik)」なんて、聴いてると泣けて来る…。
Tracklisting >>