Chester Beatty - Live at Melbourne November 14.2002 (Housedust CD-R Test Service/2005) 

HDX03は、最近東京スペシャルなるレーベルを設立し、シカゴのDJ Funkとの共作シングルDa Royal Funksta『Bad Music』もリリースした、Chester Beatty2002年のライヴ盤。
アルバム『Shot Of Love』(以前のレヴュー >>)の頃のライヴらしく、アルバム収録曲満載の、ファンキー・ディスコ・ハードミニマル全開!
文句のつけようがないカッコ良さのまま、突然音がブチ切れるラストまで突っ走ります。
テクノのひとがディスコを取り入れるときって、たいがい白人ディスコ(いわゆるゲイ・ディスコ。16分のシーケンスがデケデケデケデケ…ってやつ)を使うんだけど、Chesterのは黒人ディスコなんですよね。
そこが凡百のディスコ・テクノ・アーティストとは一線を画すファンキーさの理由でしょう。
だいたいハードミニマルに黒人ディスコって、初めて聴いたときはすごい衝撃だったし、ディスコ+テクノで、いまもここまでカッコ良いトラック・メイカーは他に思い当たりません。
あとはもう少し音質が良ければなあ(ネットで出回ってたmp3音源なのか?)。
スポンサーサイト