Welt In Scherben - Scherbengericht (Trope/Molecular Funk Guerilla/2005) 

Welt In Scherben復活!
ドイッチェ・アシッドテクノの大ヴェテラン、Thomas P. Heckmann(以下TPH)が今は亡きForce Inc.で展開していたプロジェクトWelt In Scherbenが、5年の歳月を経て今年復活。
しかもアルバムで!
で、リリース元のMolecular Funk Guerillaについては知らなくて、調べてみたらForce Inc.のサブレーベルだったんですね。
親レーベルはコケたけど、子レーベルは元気に(?)リリースを続けております。
追記 (2005-12-15 19:03)
Force Inc.のサブレーベルじゃなくて、元Force Inc.のスタッフが運営しているレーベルでした。
minorさんからご指摘頂きました。ありがとうございます!
TPHと言えば、未だに1993年にスマッシュヒットしたアシッドテクノの怪作にしてNu-NRGの元祖とも言われる「Amphetamine」の名前が挙げられることが多いですが、その後も大きなヒットはないものの、ジャーマントランスのドラッギーな部分を正当に継承したアシッド・トラックを数多の名義でリリースし続けているアシッドテクノ界の裏番的存在。
TPHの作るアシッドは、「Amphetamine」も含めて、銘機ローランドTB-303を使っていないことが多く、にもかかわらず、TB-303に負けていない骨太でギトギトのアシッド・サウンドをこれでもかと前面に出して来ます。
そしていかにもドイッチェな直角なビートは、TPHが強く影響を受けたと語るEBM (Electric Body Music) のようにずっしりと重く、直線的。
さらに現代のテクノの持つ疾走感が加わります。
アナログシンセのドラッギーな鳴らせ方を隅から隅まで知り尽くしたベテランシェフの味を、是非一度ご賞味ください。

Juno Records > 試聴 >>
Tracklisting >>
スポンサーサイト