Count Basie/Sarah Vaughan - Count Basie/Sarah Vaughan (Capitol/1961) 

大阪でこんなに雪が降ったのって何年振りだろうか。
子どもの頃はよく積もったりしてたような気がするんですけどね。
今日はソトシゴトが大雪のため中止になって、普段だとクルマで高速走って1時間もあれば帰れそうなところを3時間もかかって帰ったりして、それだけで疲れました。

それにしても、今週末がいよいよ近づいて来ましたね。
全日本選手権ではないですよ。
レミオロメンが主題歌の某ドラマの最終回を観て1リットルとまではいかないまでも1デシリットル位の涙を流した私の相方と、それを見て大爆笑した「無宗教」という名の宗教を頑なに信望する私にとって、否、大半のニホン人にとって本来無関係であるはずの行事、「クリスマス」のことです。
世の中見てると、「お前らみんな隠れキリシタンか!?」と踏み絵をさせる勢いで苦々しくツッコミを入れてしまう私ですが、でもまあ、クリスマスにかこつけていつもよりちょっとだけ美味しいものを食べに行ったり、いつもよりちょっとだけいいワインを開けたり出来るので、今回だけは許してやることにする(何を?)。
そんなわけで、明日23日はホームパーティー(参加者2人)、あさって24日は外食の予定です。

このCount BasieとSarah Vaughanの1961年のアルバムは、明日のホームパーティー(笑)用にセレクトした1枚。
Sarah Vaughanはその力強い歌声も、ジャズにこだわらずポップスなんかも歌う懐の深さも好きです。
Tracklisting >>
スポンサーサイト