Riccardo Rocchi - Traxmen presents Chicago Sound (Chicago Style/1995) 

先日数回に渡って取り上げたReliefと並んで、第二次シカゴハウス・ムーヴメントの先陣を切っていたのがDance Maniaというレーベルでありまして、と言ってもレーベル自体は86年からリリースを開始しているオリジナル世代なわけですが、90年代半ばにシカゴハウス第二世代のプロデューサー/DJ達のトラックを大量に吐き捨て始めたことにより、テクノシーンにおいて再ブレイクしました。
そもそもReliefやDance Maniaを中心とした90年代半ばのシカゴハウス・リヴァイヴァルは、ハウス側からではなくテクノ側からのシカゴハウス再評価によって発生したもので、そのきっかけはやはりテクノシーンにアシッド・リヴァイヴァルと元祖ビートダウンをもたらしたHardfloorの存在が大きかったのではないかなあというのが私の意見です。
で、そんなDance Maniaなんですが、とにかくリリース量がハンパではないことと、リリース形態が12インチ・シングルのみということもあり、その全体像は容易にはつかみきれず、クラブで耳にしたりミックスCDに収録されたりはするものの、一部の熱狂的な好事家を除いてはテクノ・リスナーの間で定着することもなく、移り変わりの早いシーンのあだ花となって現在に至っているといったところです。

このCDはそのDance Maniaの音源を中心にTraxmenと称するシカゴのDJチームがコンパイルし(たのかどうかは定かではないが?)、イタリアのRiccardo Rocchiがミックスしたもの。
Traxmenの正体は、Robert ArmaniPaul Johnsonを中心とした、流動的なメンバーのようです。
リリース元は、そのRobert Armaniやナガイエリ(aka Chester Beatty)などのリリースで知られるローマのACVのサブレーベルである、Chicago Style。
ちなみにこのChicago Styleからは、かつてニホンの大江達也(aka Captain Funk)もシングルを出してたりします。
ACVとDance ManiaはおそらくRobert Armaniを介した密接な関係にあったようで、これは実はイタリアとシカゴのマフィア・コネクションによるものですね。
何せこいつらみんなマフィアですから。

このミックスCDの背景はこれ位にして肝心の内容ですが、Reliefなんかよりもさらに粗悪で下品な、ノリ一発で作られたとしか思えないイージーなトラックがてんこ盛り。
ガラの悪い冷たい感じと、「何でここでこんな音鳴らすねん!」「コレ何のつもりのサンプリング?」「どっからこんなメロディー(もしくはベースライン)出てくんねん!?」などとツッコミたくなるようなアタマの悪い曲構成が、不思議とファンキーに感じられ、一度クセになると病み付きになる味。
そしてさっきも書きましたが、12インチ・ベースのレーベルなので、CDでまとめて聴くことはほとんど出来ないと言うこの希少価値。
アートワークのいい加減さも含め、ほぼ完璧です(笑)。
私も昔このCDを中古屋で見つけたときは雄叫びを挙げそうになりましたよ(存在自体は石野卓球が『TVブロス』で書いてたコラムで知ってた)。
後のゲットーハウスにもつながる、ゲットーでビッチなビッグ・ディック!
Tracklisting >>
スポンサーサイト



【ワイン】 CAVA Cordon Grana Brut Nature 

ワイン名:Cordon Grana Brut Nature
種類:CAVA
生産年:
生産地:Spain
生産者:
購入価格:覚えてません(汗)

CAVAはFreixenet(フレシネ)のCordon Negroがかなりお気に入りで、以前は見つけると即買ってたんですけど、昨年あたりからサントリーが大々的に輸入し始めて、クリスマス時期になるとTVCMすら流れる程になってしまい(昨年は浜崎あゆみ、今年は中島美嘉でした)、値段が上がったのとアマノジャクなのとで最近は買ってません。

一応CAVAについて簡単に説明しておくと、フランスのシャンパンと同じく瓶内での二次発酵が特徴のスペイン産のスパークリングワインです。
特にその泡の細やかさはドンペリに負けずとも劣らないとされており、シャンパンと比べ非常にコストパフォーマンスも良いことから、こっそりファンが多いことでも知られています(あまり人に教えたくないんですよねえ)。

で、このCordon Granaはいつだったかカルフールでクリスマス用にと買ったものですが、スッキリ辛口でなかなか美味しかったです。
ただ、やはりFreixenetと比べると泡の繊細さで一歩劣るかなという感じで、うーん、今度は諦めて素直にFreixenetを買おうと思ったのでした。
あと、昨日は体調があまり良くなく、2人で1本空けられませんでした。
ちょっともったいなかったかな…。