Takkyu Ishino - A Pack To The Future (Loopa/Ki/oon/2005) 

今日は今さらながら、ちょっと恐い話から。
ホリエモンって自民党にとっては先の衆院選の歴史的大勝の最大の功労者だったわけだから、そうやすやすと地検に売り渡されるとは考えてなかったんじゃないかな。
ホリエモン側は衆院選出馬の条件としてNHK民営化の際の取り分について持ち出したという話も伝わって来てるけど、それに対し自民党の公認の条件がホリエモンがライブドア社長を辞めることだったそうだから、自民党幹部はその時点で地検が動いてることを知ってたのかも。結局ホリエモンは社長を辞めず、選挙には無所属として出たわけやけど、これはNHK民営化の際はライブドア(と言うかホリエモン)も一枚噛むということで合意したとも見て取れる。
にもかかわらず、今回ホリエモンが自民党に裏切られ見捨てられた背景には、それ以上に大きな圧力が自民党にかかったということかも知れない。
そもそも郵政とNHKの2つの民営化を以前から自民党にせまっていたのはアメリカ財界(に動かされたアメリカ政府)な訳で、アメリカ財界としてはホリエモンみたいな馬の骨は将来手に入れるつもりでいるNHKという巨財を前にした目の前のたんこぶ状態だったはず。だとするとホリエモン排除のため自民党に圧力をかけたのは…。
もしもこのエントリを最後にこのblogの更新がストップしたときは、“消された”と思って下さい(笑)。

さて、今日の本題。
ミックスCD出るって話聞いたときは、今風のクリック、アシッド、ディスコって感じにするんだろなあ、と勝手に想像してた卓球先生の新ミックスCDをやっとこさ買って聴きましたよ。
私の予想は半分ハズレで、全体的にはエレクトロ、ディスコ、ロックにアシッド極少々って感じでクリック成分はゼロでした。
前半戦の地味ながらもファンキーなエレクトロから、trk08~10の、mats3003さんの言葉を借りれば“Rocker以降”なトラックが3つ続くあたりがひとつめの盛り上がり場かと。
あとはラスト近くのMeloboy「Hot Love (DJ Koze Mix)」のアシッドが、自分的にグッとクるところ。
このひとって基本的にぐねんぐねんうねったグルーヴが好みのようで、それはこのDJミックスからもにじみ出ております。直線的な突っ走るグルーヴって、なかなか卓球からは出て来ないんですな。まあ便利なひとことで言えばファンキー。
変態なのかひねくれてるのかその両方なのか、よくわかりませんが(いや、わかるけどな)。

試聴 >>
Tracklisting >>
スポンサーサイト