VA - Electronic Planet Vol.1: Torema Classics (Torema/TDK!/1994) 

● とれまレコード特集: TDCD-1036 (1994)

Tracklist:
01. Last Front - Joker
02. Hazel - Exotribe
03. Tanzmuzik - Daen
04. "Peg" Hitoshi - Old Memories
05. Total Decay - Dimension
06. Poodle - Crush Balloon
07. ARP-2600 - Voices Of Planet
08. Efectahead - Late Pack
09. Last Front - "Chaos" West (Summertime Mix)


たった半年ちょっとの期間にたった4枚の12インチ・シングルを出しただけの大阪のいちインディー・レーベルのコンピレーションをメジャー・カンパニーがリリースするなんて、当時はやっぱりみんな狂ってたんじゃないだろうか。もうすぐテクノがクる、ニホンのカルチャーが変わる、と本気で信じてたヤツらと、それを商売にしようとしたたかに狙いを定めてたヤツらの、シナジーによる熱病。今から振り返るとそんな時代だったような気がする。
93年から94年にかけてはニホン発のテクノ・レーベルが雨後のタケノコの如く生まれた時期で、今現在も残ってるレーベルもあればなくなっちゃったレーベルも多いけど、この時期に立ち上げられたレーベルを順不同でざっと挙げると、元TriggerのTransonic、大阪のとれま、福岡のSyzygy、東京のFrogman、Yellowを母体としたEast Edge、DJ YamaのSublime、佐久間英夫のSubvoice、MoodmanのDub Restaurant…(他にもあったと思うけど)、とまあ、そんな時代だったと。

94年7月にリリースされたこの『とれまクラシック』と題されたコンピレーション、当時聴いたときはなんか期待と違ってイマイチだったんですけど、今回久しぶりに聴いてみてもやっぱりイマイチでした、悪いけど。何か中途半端というか寄せ集めというか、それぞれのシングルで、あれ程クラブ・ミュージックとしてのこだわりと革新性を求めていたレーベルのはずなのに、そういった匂いが全くと言っていい程感じられないんです。
まあtrk 01とtrk 09はそれぞれとれま002番と007番で、trk 07は006番、trk 06は005番のオリジナルなんだけど、その他の曲はどうもこうも、Last Frontの宮城健人(そう言えばこのひとも元シークレット・ゴールドフィッシュでした)によるHazelの曲も、Tanzmuzikのトラックでさえも…。
ただ、007番として後日リリースされたtrk 09をCDで聴くためだけに、中古で適価なら買ってみても良いと思います。この「"Chaos" West」という曲は、Last Frontとしての最高傑作だから。

(ジャケ画像はDiscogから拝借)

<< とれまレコード特集 INDEX
スポンサーサイト



Los Hermanos/Electrofunk/Galaxy 2 Galaxy - Submerge Live In Japan (Submerge/2006) 

2005年2月13日、恵比寿リキッドルーム。そう、ちょうど1年前、伝説は現実となって顕現した。
Los Hermanos、Mr.De'率いるElectrofunk Band、そしてURのテック・フュージョン・バンドとしてのGalaxy 2 Galaxy…。この3組のSubmerge軍団のライヴ・セッションが選り抜きで収録されたのがこの『Submerge Live In Japan』である。
このアルバムは、Los HermanosとGalaxy 2 Galaxyの持つ豊潤な音楽性とプレイヤーとしての高度な技術を余すことなく味わい、感じ取ることの出来る至極の瞬間が熱い歓声と共に真空パックされており、伝説の一部分をヴァーチャルで体感出来る誠にありがたい1枚。世のテクノ・ファン、ブラックミュージック・ファンは必聴!

…と、固い前置きはコレくらいで、私はあえて今回、Electrofunk Band featuring Mr.De'に注目したいと思います。
未だにたまに勘違いされることがあるみたいなんだけど、Mad MikeはURのボスであると同時にSubmergeの副社長であるわけなんだけど、実はSubmergeの社長はElectrofunkレーベルのボスでもあるMr.De'そのひとなのです。なので、この『Submerge Live In Japan』と題されたCDにもElectrofunk Bandは収録されて当然の立場、と言うか、彼がいなければ今のSubmergeのビジネス的な飛躍はありえなかったし、もっと言えばURのセルアウトも彼の仕組んだことなのではなかったかとつい邪推してしまったり…。
まあそれは蛇足として、このライヴでは、元々ゲットーベースのレーベルだったElectrofunkからのクラシックが、ユルめのアレンジとツインMCで演奏されていて、これがデトロイトの根の部分を現している、どファンキー・サウンド。期待度低かっただけに(笑)よけいにカッケー! ここで盛り上がってるクラウドはよくわかってると思う。

まあでも、やはり圧巻だったのはGalaxy 2 Galaxyだったんだけど、ともかく「Hi-tech Jazz」に尽きる。あのコズミックなシーケンスが入った瞬間鳥肌が立ったし、藤原大輔のサックスがあのフレーズを吐き出した瞬間涙が出た。歓声が爆発したのも当然で、あの場に居合わせたひとたちが心底うらやましくてなりません。
これは確かに伝説であり、CDからとは言え、その瞬間を少しでも聴くことが出来ることを幸せに思わなければならない。

以前のレヴュー: Galaxy 2 Galaxy - A Hi-Tech Jazz Compilation>>
以前のレヴュー: Los Hermanos - On Another Level >>

試聴 >>
Tracklisting >>