Last Front (最後前) - "Chaos" West/Urban Cowboy (Torema/1994) 

紹介が遅くなったけど、タロウさんのふぃーりん☆ナウでもKitsuneのオールカタログレビューがスタートして、いよいよじんわりと輪の広がってきた感のあるオールカタログレビュー、略してA.C.R.です。個人的にはハードテクノ/ハードミニマル方面からの参加も期待したいところですが、JeffのAxisとかPurpose Makerあたりなら全部そろえてる人も多いんじゃないかなあ?

● とれまレコード特集: TRM JPN 007 (1994)

Tracklist:
A1. Chaos West (Summertime Mix)
B1. Urban Cowboy (Original Mix)
B2. Chaos West (Dove Loves Dub Re-Construction)


とれま007番はLast Frontの3枚目、そしてLast Frontのラスト・シングルです。
前2作はフミヤ以外のメンバーの特徴も多いに感じられた作風だったのが、ここに来てフミヤ色の前面に出た、色気も素っ気もないほぼリズムトラックのみの「"Chaos" West」という曲をドロップ。当時の自らのパーティー名を掲げたその曲は、しかしLast Front名義の曲の中で最も鬼気迫るカッコイイものとなっているのは皮肉なところ。暗闇を猛進するかのような連打される力強いビートは、Poodle「Sunshine Club」のリミックスにも通じるものがありますね。曲の後ろで延々流れてる浮遊感ある気持ち悪いシンセが何とも不気味。唐突に波の音で終わり。
B1「Urban Cowboy」は以前のLast Frontに近い感じのシンセ使いで、後半から攻めて来るアシッドもの。B2の卓球によるリミックスは直線的で攻撃的なアシッド・トランスと、B面はアシッド・サイドな感じですね。時代です。

<< とれまレコード特集 INDEX
スポンサーサイト