Hulot - Deco (U.S.B./2005) 

060304_2.jpgblog再開第一弾は何にしようか色々考えたんですが、だいたい俺って“acid over the rainbow”をCGI BOY(日記帳)で始めた1回目がLuke Vibertの変名Kerrier Districtというマニアックなスタートだったし、CGI BOYからExblogに引っ越した時は1回目がDimitri From Parisという、あまりこのblogの方向性を占っていないような外しっぷりなので、今回も深く考えずにたまってたネタを消化していきます(笑)。だいたいとれま特集もまだまだ先は長いし…。

というわけで今日紹介するのは、Frogmanのテックハウス・ディヴィジョンU.S.B.から出たイトウ・ヒサシというひとのHulot名義のアルバム『Deco』。
プロデュース(trk02)とジャケットデザインでヒロシワタナベ氏(aka Kaito, Tread)が参加していることからも、だいたい音の想像はつきますよね。ゆるやかなやわらかいウワものと、まったりしたハウスビート。
パキパキした音色のリズムはこの人の特徴かな。

MexicoにしろDubleeにしろ、もちろんヒロシワタナベもそうですが、この手のミニマル・ハウスはニホン人本当に得意ですね。やはり箱庭的な音なのかなぁ。
自分もニホン人なので近い感覚に共感するのかも。

HULOT :: deco 特設サイト >> 試聴 >>
Tracklisting >>
スポンサーサイト



ひっこしました。 

060304.jpgExblogからFC2に引っ越しました。
“acid over the rainbow”としては2度目の引っ越しです。
過去の記事、頂いたコメントとトラックバックは全て移行することができました。

引っ越して何が変わるかと言うと、基本的にアドレスとスキンが変わっただけで、今までと何ら変わりありません(笑)。
引き続き、びびんばの主観と偏見によるおもしろ音楽やカッコいいレコードを紹介していきたいと思います。

そんなわけで、今後ともひとつよろしゅう。

by びびんば 2006-03-04