Ed Rush & Optical - Wormhole (Virus Recordings/1998) 

060422.jpg高速でハイカが使えなくなって不便を感じているびびんばです。仕事柄よく高速に乗るのですが、以前は会社からハイカが支給されていたのが、今は後日清算しなければなりません。なので、ちょっとでもマイレージを貯めようと(ちなみに私はANAで貯めてます。スターアライアンスを使う機会が多いと思われるので)クレジットカードで払ったりするんですが、阪神高速はクレジットカード使えないし、ETC以外の料金所はいつも激混みだし、ホントうっとおしい。やっぱETC付けるべきかなあ。一応ETCのカードは作ってあるんだけど。

今日も朝から高速走って半日出張でした。そんな早朝からの鬱な出張を、このアルバムをクルマで聴いて乗り切りましたよ。
Ed RushがOpticalと組んでからの記念すべき初アルバムで、これまた記念すべきことに、Virus RecordingsのCD 001番。
ハードでヘヴィーかつサイバーなドラム、バーストしたブリブリのベース、ダークなウワもの、というEd Rushの特徴に加え、この時期の音は特にめっちゃドープ!
一時とくらべるとドラムンベースってあまり聴かなくなったわけですが、Ed Rushの男らしい音は、昔からほぼ一貫して好きです。
あと、彼(ら)はいつもCDアルバムにミックスCDを付けてくれるんですが、私はたいていこのミックスCDの方しか聴いてません。収録曲もかぶってることが多いし。

試聴 (CD1) >>
Tracklisting >>
スポンサーサイト