Matthew Dear as Audion - Fabric 27 (Fabric/2006) 

フィギュアスケート・ジャパンオープンの感想。
1. エマニュエル・サンデュの放送だけがなかった件について。
以下略。
それはそうと、高橋大輔がポルトガル合宿を敢行するそうで、非常に羨ましい限り。元々大ちゃんのトレーナーがポルトガル人だからなんですが、どのあたりでトレーニングするのだろう。やっぱリスボンかな? 行きたいなあ…。
(以上、相方に書けと言われたので書きました。自分のblogに書けばいいのにさ。)

Villalobosと同じく現ミニマル界の人気者Matthew Dearによる、彼の現在のメイン・プロジェクトと思われるAudion名義の(?)ミックスCDが "Fabric" シリーズの最新作に登場。
乾いた硬い空気感はこのひとならではな感じで、色気というよりは狂気が渦巻く暗黒のミニマル・ファンクの中にも、時おりフイにすごく美しい風景が垣間見えるあたりが何ともトリッピー。
いやあ、このひとはドロドロですなあ。

(なお、Matthew Dearに関してはshooterさんの記事を参照されたし。)

試聴 >>
Tracklisting >>
スポンサーサイト