Terence Fixmer - Muscle Machine (International Deejay Gigolo Records/2001) 

060523_3.jpgTerence Fixmerといえば、エレクトロニック・ボディミュージック、インダストリアル、それからエレクトロなんかを、ハードミニマルの形式に落とし込んだような、非常にハードかつダークで男臭い作風のテクノ・プロデューサーなんですが、これは彼の記念すべき(?)1stアルバムで、DJ HellのInternational Deejay Gigoloからのリリース。
2000年くらいからのエレクトロニック・ボディミュージック・リヴァイヴァルの中から出て来たアーティストのひとりですね。

エレクトロニック・ボディミュージック・リヴァイヴァルを促したのはRichie HawtinとDJ Hellの2人だと私は考えていて、Richieは "DE9" シリーズの初作『Decks, EFX & 909』(1999) でNitzer Ebbを使用したことで再評価熱に火をつけ、Hellは『Electronic Body House Music』(2002) なんていうミックスCDでボディミュージックを現代のクラブ・ミュージックの解釈で提示。両者の影響はやはり見逃せません。
ただ、Richieはその後特にボディ・ミュージックへの色気を見せる素振りは見せていない中、対するHellは自らのレーベルでソレ系のリリースを積極的に手がけ、さらにはアシッド・リ=リヴァイヴァルとも同期させた『Acid Rocks』(2005) をリリースするに至っては、ほぼ彼の独走状態という様相を呈しつつあります。

試聴 >>

あと、何か、FC2にAmazon.co.jpの商品へのリンクが貼れる機能が追加されてたので、試しに使ってみます(あ、一旦FC2のページが開くんですね)。

Muscle Machine
Muscle Machine
Terence Fixmer (2003/08/12)
Gigolo

この商品の詳細を見る

Tracklisting >>
スポンサーサイト



VA - Fuwa Fuwa (Sweet Smelling Surfaces/2006) 

先日、フランスのネットレーベルSweet Smelling Surfaces(以下 "SSS")のジェロームさんからメールを頂きました。
以前このblogでSSSの033番、Plastique de Rêveの『Nekobus EP』(過去レヴュー >>)という作品を紹介したことがあり、それがきっかけでこのblogを見つけられた模様。
SSS version2記念の『Fuwa Fuwa』というリリースが私が好きそうという案内だったので、早速ダウンロードして、ずっと聴いています。
基本は4つ打ちのミニマルものなんですが、ディープであったりちょいハードめであったり、またブレイクビーツやノンビートの曲もあり、結構色んなタイプの曲が収録されていて、しかもどのアーティストもクォリティが高い。私は特にTampopoの曲 (#04) が気に入りました。
これは実に粒ぞろいなコンピレーションです。オススメ!
ちぇけらー!

VA - Fuwa Fuwa [sss036] >>
Tracklisting >>

【ワイン】 Quinta da Aveleda 2004 

ワイン名:Quinta da Aveleda
種類:Vinho Verde
生産年:2004
生産地:Portugal
生産者:Aveleda
購入価格:¥1,008-

以前紹介したQuinta da Aveleda(過去記事 >>)のラベルが新しくなりました☆
昨年ポルトガルのセルヴェジャリアで出て来たのはこのラベルだったので(そのときの相方のblogに写真があります)、新しいのがようやくニホンにも入って来たということかな。
お味は、新しいうちに開けたから、とってもフレーーーッシュ!!
ま、もともとVinho Verdeはフレッシュなワインですが、さわやかな微発泡とフルーティーさと、そしてキリッとした辛口で、あいかわらず旨い。
すぐに1本空いてしまいましたとさ!