ヤン富田 - フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム1 (アスペクト/2006) 

昨日、とうとう届きました、ポップの科学者であり哲学者であり音楽家、ヤン富田の『フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム1』と『同2』!
1が本、2が4曲入りのシングルCDなんですが、ヤン富田の新作ってだけで、もう鼻血モンです。
この1は、過去のヤン富田に関する評論やインタヴュー、そして本人による過去の原稿によって構成されており、今までのヤン富田の活動を切り取ったものとなっています。
まあ、基本的には、音楽を補完するのに文章って必ずしも有効な手段だとは思ってない私ですが、この本に関しては別。この本は、ヤン富田の活動の副読本として、とても有用です。
あと、衝撃なのが、Doopeesのキャロラインの正体がとうとうこの本の中で明かされてます。それもさらーっと(笑)。前々から言われていた通りの人でしたね。

ヤン富田、今月この『フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム1』と『2』が出て、来月はTsunami Sound Constructionの第2弾、Torumanの1stアルバム『友情』(ヤン富田プロデュース)が、そして、いよいよ7月28日には、みんなが待ってるDoopeesのまさかの2ndアルバム『Doopee Time 2』の発売ですよーーー!!
うわ、何かわくわくして来た。

acid over the rainbow > ヤン富田特集 >>

フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム1 フォーエバー・ヤン ミュージック・ミーム1
ヤン富田 (2006/05)
株)アスペクト

この商品の詳細を見る