Damon Wild - Downtown Worlds (Kanzleramt/2004) 

タワレコ心斎橋店で10%OFF狙いで買った、ずっと買い逃してたやつ。(11日振りのディスクレビューですよ、ハロニチワ。)

皆さんは "ミニマル・テクノ" と聞くとどのようなDJ/アーティストの名を思い浮かべますか?
僕にとってミニマル・テクノとは、Basic Channel、Jeff Mills、Robert Hood、Daniel Bell、そしてこのDamon Wildのことを指します。
昨今、クリック・ハウスや一部のテックハウス、それから一部のエレクトロ・ハウスや一部のプログレッシブ・ハウスなんかも包括して "ミニマル" というタームで呼ばれたりなんかしてますが、そのことにいつも少しの違和感を抱き続けていたのって(いや、もちろん今のいわゆるミニマルも大好きなんですよ)、多分このDamon Wildの存在があったからなんだと思うのです。

Damon Wild(本名Jan P. Stegemann)は1990年代初頭、NYのテクノ・レーベルEXperimentalのA&Rとして、クリエイターとして(かのJoey Beltramの師匠!)、そしてDJとして活動(この時期何と来日経験あり)。Tim TaylorとのThe Rising Sons「Afghan Acid」をヒットさせると、1994年に自らのレーベルsynewave newyorkを設立(同時にTim Taylorはsynewave londonを設立)し、同じくTim Taylorとの「Bang The Acid」やThe Pump Panel「Ego Acid」など90'sアシッド・テクノの傑作を多く生んだ。1990年代半ば頃よりテクノシーン全体がよりミニマル化して行くのと時を同じくして、Damon WildとTim Taylorの方向性もまた次第に離れて行き、やがてTim Taylorはsynewave londonをMissileに、そしてDamon Wildはsynewave newyorkをsynewaveに、それぞれ解消・発展させることとなる。
僕はこの当時、断然Tim Taylor派だった。Missileを始めてからも相変わらず派手なアシッド・テクノをガンガンばら撒いてましたから。ところがやがて、地味~ぃなトラックものばかりリリースしていたDamon Wildとsynewaveの渋い魅力に気付かされた。曲の中に何かしらフックとなるものが探し辛い、もちろんTB-303の音なんて聴こえない、BPMも抑えめ、でもめっちゃグルーヴィー。それが "ミニマル・テクノ" だったのです。

さて、このアルバム『Downtown Worlds』は、Damon Wild名義としては2枚目(コンピレーションも合わせると3枚目)。2004年に、何故かドイツのKanzleramtからリリースされてます。
ざっくりしたトライバル感は一時のOliver Hoや『Unknown Possibility Vol.2』(過去記事 >>)の頃の田中フミヤにも通ずるものがあるし、だいたい総じて地味だけどグルーヴ感が半端じゃなくて、元来の "ミニマルとは変化である" の思想を今でも意識的に音に現わしているアーティストであることがわかる。
もはや単純な4つ打ちだけではない、ミニマル・テクノの独自の進化系を聴くことができて、非常に興味深いアルバムです。

試聴 >>
Tracklisting >>
スポンサーサイト