月別アーカイブ

 2006年12月 

Herbert - 100 Lbs (Accidental/!K7/2006) 

Herbert - 100 Lbs
Label: Accidental Records/!K7 Records (!K7209CD)
Format: CD×2
Released: 2006
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
mBlogさん経由、"DJs' Working Rooms"。
Villalobosの部屋、オシャレですね。やってる音楽はあんな変態なのに。Richieのは宇宙基地みたいで期待通り。あとEllenは結構普通で、好感度高いです(笑)

1996年にリリースされたHerbertのレアな1stアルバム『100 Lbs』が再発されました。しかも未発表曲などを纏めたボーナスCD付きの2枚組。さんざん初期Herbert大好きだとか言っておきながらこのアルバムは持ってなかったので、本当に嬉しいリイシューです。
この頃のHerbertの仕事は本当に素晴らしくて、何が素晴らしいかと言うと、あらゆる生活音からのサンプリングを主体にしたというフリーフォームな(ハチャメチャな)手法でありながら、きっちりとした音圧の、めっちゃグルーヴのあるクラブトラック(ドスドスとシンプルでミニマルなテックハウスがほとんど)を作り上げている点が素晴らしいのです。それを思うと今のHerbertは、フリーフォームな(ハチャメチャな)手法でフリーフォームな(ハチャメチャな)音楽をやってるだけという、逆にとてもつまらない状況に陥っていると思うわけですね。何故か評論家ウケは近作の方がよっぽど良いみたいですが。
そしてボーナスCDの方も素晴らしい内容。#01、08、10、11の4曲でDani Sicilianoがヴォーカルをつとめており、後の大傑作アルバム『Around The House』(1998) を予感させるトラックが多いです。ボーナスCDの方がジャズハウス成分が多いですな。オリジナル盤持ってるひとも、このボーナスCDのために買い直しても損はないと思いますよ。
まあ何度も書いていることですが、懐古趣味と言われようと、この頃の勢いのあるHerbertの作風がまた戻って来ないかなあと思ってしまいます。
Tracklisting >>
スポンサーサイト