Dave Clarke - Remixes & Rarities 1992-2005 (Music Man/2007) 

Dave Clarke - Remixes & Rarities 1992-2005
Label: Music Man Records (MMCD026)
Format: CD×2
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
がまんの効かない子、びびんばです今晩は。明日はやめとこうとか思いながら毎晩ビールを呑んでしまう今日この頃、皆さんいかがお過ごしですか。

1994年、『Red.2』というたった1枚のシングルでテクノのメインストリームを一変させた衝撃以来、常にシーンの頂点に立ち続けている・・・のはウソで、一時期失速してたくせに持ち直し、見事這い上がって来た漢(おとこ)、Dave Clarkeのリミックス仕事を集めた作品集がCD2枚組で出ましたよ。
こいつの芸風は大きく分けて、ヘヴィーなブレイクビーツ、ヘヴィーなエレクトロ、そしてヘヴィーなシカゴ風テクノの3種類あるんだけど、メジャー仕事はたいていブレイクビーツかエレクトロをやってて、ドスーンといったバスドラが魅力的ではあるものの総じて凡作。文句なしにカッコ良いのはやはりヘヴィーなシカゴ風テクノをやったとき。『Red.2』と同時期の出世作Robert Armani「Road Tour」や、失速時代からの復活作にしてテクノシーンからの再評価を得た(と僕が勝手に思ってる)DJ Rush「Freaks On Hubbard」なんかは本当に神掛かり的にカッコ良くて、つまり、こいつにはもっとシカゴハウスのリミックスをさせろ、ってことなのだ。
ところでこのCD聴いてて初めて気が付いたんだけど、DJ HellのGigoloのエレクトロ3大ヒットことChristopher Just「I'm A Disco Dancer」、Zombie Nation「Kernkraft 400」、Fischerspooner「Emerge」をすべてリミックスしてるんだな、こいつ。だから何ってことはないんだけど、しかもHellのトラックだけ2曲も入ってるし、Dave Clarke = DJ Hell枢軸って、そんなコネクションあるの?
Tracklisting >>
スポンサーサイト