Funk D'Void & Phil Kieran - White Light/Black As You Like (Soma/2007) 

Funk D'Void & Phil Kieran - White Light/Black As You Like
Label: Soma Records (SOMA 219)
Format: 12"
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
arkの翌日、大阪観光と称してアメ村でレコ屋巡りをしていたmatsさんとタロウさんに合流。すでに2人がCISCOの袋を持ってるのを見て出遅れたことを悟ったものの、観光客らしく三角公園の甲賀流に並ぶ2人を見て少し癒される。北極星でオムライスを食って、DMRで買い物。僕は今日は何も買うまいと心に決めていたのだけれど、気付けば試聴して気持ち良かったFunk D'Voidの新譜を持ってレジに並んでいた。DMRから三角公園に戻ったところで、昼過ぎまで寝ていたluneさんも合流。ベタな大阪土産屋さんでタロウさんが買った "たこ焼きようかん" とかいうものをみんなで試食。これが、今年の "全日本まずいもの選手権大会" で間違いなく金獅子賞を取れそうな素晴らしい味。今から友達と京都のレコ屋に行くというタロウさんを見送って、気持ち悪いままの口の中を何とかすべくマンゴーシャワーカフェでお茶。タピオカを食いながらキャッサバ農家に思いを馳せ、次回arkをイビサで開催することが内定。あと、matsさんに対して、本人は不本意であろう "マッチ" というニックネームが授与されたこともお伝えします。matsさんを改札で見送ったあと、arkに来てくれなかったDerrick Mayを罵りながら行きそびれてたCISCOへ。『Ed Rec Vol.2』のCDがあったら買おうと思ってたんだけど、タワレコのオンラインショップの方が安かったのであえなく却下(って、今見たらAmazonのほうがもっと安いやないか。うわあ、もう注文してしまった!)。

・・・とまあ、このレコードはそんな嬉し恥ずかしい思い出の詰まった1枚なのです(なんだそりゃ)。一緒にクラブに行く友達はいるけど一緒にレコ屋をまわるようなコアな友達は周りにいないので、楽しかったです。また機会があったら付き合って下さい、みなさん!
で、このレコードは、普段はデトロイト印でオナジミのFunk D'VoidがBorder Community以降のエレクトロミニマルをやったもの。知らなかったんだけど、Phil Kieranとのコンビでは最近こういった作風の模様です。サイケかつクールで幽玄な世界はテクノシーンのリアルど真ん中といった感じ。かっちょいいです。
あと、レーベル面に "Thanks to David Holmes" って書いてあるんだけど、どういった関係が?
Tracklisting >>