Matzak - Life Beginnings (Boxer/2007) 

Matzak - Life Beginnings
Label: Boxer Recordings (Boxer 047 CD)
Format: CD
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
朝8時になると同時に一斉に選挙カーの放送が聞こえてくるといって相方がおもしろがってたんですが、やっぱり時間が来るまで住宅街で待機してたりうろうろ走り回ったりしてるんでしょうか。(みなさん、選挙権あるひとはちゃんと投票に行きましょう。)

●KOMPAKTディストリビューション傘下、独Boxer Rec.より、フランスのMatzakの1stアルバム。
今までに2枚のEPをリリースというまだまだ新人と言っていいキャリアを強みに、シーンのトレンドを柔軟に取り入れたエレクトロミニマルにロックやエレクトロニカ成分も少々という、素晴らしく清々しいアルバム。エレクトロニカ・ミーツ・シューゲイザーなどと言うと、とあるアーティストの名を思い出してしまう通り、Border Communityフォロワー、と言うよりもむしろNathan Fakeフォロワーといった方が当てはまりそう。
重ためのテックハウスのビートを軸に、アシッドでエレクトロニックな、後部から追い立てられるような鬼気迫るシンセフレーズが脳神経を刺激する。かと思えば牧歌的なメロディのエレクトロニカなトラックがアタマもカラダもクールダウンさせてくれる。そしてニューウェーヴっぽいヴォーカルトラックは幅広いシーンのダンスフロアで受け入れられそう。
今年のエレクトロミニマルのアルバムの中では、Gui Borattoの『Chromophobia』(過去レビュー >>)に次ぐ傑作なのではないでしょうか。
Tracklisting >>
スポンサーサイト



Fujasaki - HCA (Sudd./2006) 

Fujasaki - HCA
Label: Sudd. (ASCD002)
Format: CD
Released: 2006
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
最近話題のY本興業のN田Kウス氏ですが、僕の前の勤め先が北新地にあった関係で、何度か見かけたことがありました。ダブルのスーツで肩をいからせて歩くその姿、近寄り難いものがあったのを記憶しています(決してだから何ってことはないですが)。

スウェーデンのエレクトロ/エレクトロニカ・アーティストFujasakiの2nd。微細でキラキラした凍り付くような音の粒子と、叙情的で暖かみのある音像の対比が美しすぎる。
僕は、線の細い繊細なだけのエレクトロニカには全く興味がないんだけど、彼は聞くところによるとヒップホップがルーツらしくて、このアルバムにはそのことを感じさせる自己主張は控えめだけど腰の強いドープなビートがある。まるで繊細な工芸品と大自然のダイナミックさを併せ持つダイヤモンドダストのような、ひとを圧倒する美しさと全てを包み込む力強さを感じるアルバムです。
特に#09「Boston Revisited」を聴いてくれよ。叙情的な美しいトラックに重なるフルートのセンチメンタルなメロディったらもう!
ところで彼のMySpaceなんかで聴くことが出来る最近の(?)作風はモロにエレクトロポップな感じで、このアルバムの中でもいくつかそういったアナログシンセの音色を聴くことが出来るんだけど、今、エレポップなんて誰でもやってるんだから、もっとこのアルバムに見られるようなメランコリックで美しい音楽を作っていって欲しいです。
ちなみにこのアルバムは、lunemusiqueさんにアレにナニしてもらいました・その1。
Tracklisting >>