Yoshinori Sunahara and Hibiki Tokiwa - Limited Edition Not For Sale (Transonic/1995) 

Yoshinori Sunahara and Hibiki Tokiwa - Limited Edition Not For Sale
Label: Transonic Records (TRS-0001)
Format: CD
Released: 1995
ダウンロード >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
ちょっと間が空いてしまいましたが、サイドワークス・オブ・まりん・その5(最終回)。
まりんとTransonicというレーベルの関係は前述の通りで、そこから1995年にひっそりと(こっそりと?)発表された常盤響との共作カットアップ作品。著作権をクリアしていないため "Limited Edition Not For Sale" とクレジットしてごまかしていますが、実はこれがタイトル。さらに内容違いの金盤と銀盤の2種類あるらしいですが、一般に流通しているのは銀盤の方で、僕が持ってるのもこちら。金盤はプレスミスで枚数が少ない上、まりんから直接入手した小山田圭吾が自身のラジオでリスナーにプレゼントした数枚を除けば関係者の耳に触れただけで、ほとんど日の目を見ていないものと思われます。
内容はモンド、サウンドトラック、テクノ、スポークンなどをコラージュ/カットアップした、正にアシッドな感覚の嵐で、70分以上を全く飽きさせないという驚愕のクォリティ。そして聴いてるうちに自分の立ち位置がわけわからなくなってくるという珍妙な体験が出来ます(笑)
これは反則かもしれませんが、もしも僕がまりんのアルバムで一番好きなのはと聞かれると、間違いなくこのアルバムと答えます。

(注:とりあえず上のダウンロード・リンクからzipファイルを落とせるようにしています。が、気まぐれで削除するかもしれません。また、このアルバム自体著作権無視の産物なのでアップロードしても怒られないと勝手に思ってますが、もしも不都合があれば早々に対処しますのでmixiまたは本サイトのメールフォーム経由でご連絡下さい。)
※ 公開は終了しました。
Tracklisting >>
スポンサーサイト



Björk - Volta (One Little Indian/2007) 

Björk - Volta
Label: One Little Indian / Universal International (UICP1083)
Format: CD
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
すっかり取り上げるのを忘れていたのですが、アルバム『HCA』(過去レビュー >>)やFamiljen『Hög Luft』(過去レビュー >>)で紹介したスウェーデンのFujasaki君が、自身のblogで拙blogのことを取り上げてくれました。
MySpace > Fujasaki > blog > Recent blog love >>
自分のレビューがアーティスト本人に届く度に、もっと毎回真摯に文章を書かんといかんなあ、などと思います。

さて、LFOのMark Bellといえば、Björkのアルバムには毎回参加している彼女のお気に入りプロデューサーのひとりなわけですが、今作『Volta』においても、Mark Bellはやってくれました!
今回Mark Bellは#02「Wanderlust」、#05「I See Who You Are」、#06「Vertebrae By Vertebrae」、#09「Declare Independence」の4曲に参加しており、この中でも「Declare Independence」は完全Mark BellプロデュースによるMark Bell節100パーセントのフロアトラック!ノイジーなギターとドラムがかっちょいいインダストリアルな4つ打ち。パンキッシュなBjörkのシャウトもたまりません。ハードテクノDJはもとより、ロッキンな昨今のエレクトロのシーンにも対応可能ではないかと。

アルバムの方は良くも悪くも、ああBjörkだな、という感じ。着ぐるみのジャケットには大笑いしたけど。
Tracklisting >>