InK - InK PunK PhunK (Ki/oon/2007) 

InK - InK PunK PhunK
Label: Ki/oon Records (KSCL 1154-5)
Format: CD+DVD
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
年末公開の映画『グミ・チョコレート・パイン』のエンディング曲を電気グルーヴが書き下ろすそうですね。って、ケラのblogに書いてました。原作も好きな作品なので(って言うかオーケンの本は全部好き)これは観に行かなきゃあ。

さて、これは実は何度も書きかけては途中でストップを繰り返していた記事です。石野卓球と川辺ヒロシという、ほのかな加齢臭ただよう40男ふたり組によるゆる~い2ndアルバムを聴いて。
さすがベテランだけあって、小器用にバラエティに富んだスタイルの楽曲を取り揃えてますが、共通するのは90年代前半を思い出すようなキラキラしたジャパニーズテクノの感覚。
それにしても、この手の逆説的だが "何でもあり" なかつての王道テクノのサウンドが、今現在、ものすごくカテゴライズしにくい状況にあることに気付いてびっくりした。
今やテクノと言えば、Richie Hawtinをヒエラルキーの頂点とするミニマルか、シュランツみたいなハードテクノかのどちらかだもんなあ、両極端(ニホンではデトロイトテクノも依然人気ありますが)。つまりは、この10数年の間に、ジャンルとして細分化に細分化を重ねた結果、シーン自体がものすごく先細ってしまったのが今のテクノの現状なのだろう。
別に昔は良かったとか書くつもりはないし、今のミニマルは大好きだけど、シーンが細分化される以前はドラムンベース(ジャングル)もインストゥルメンタル・ヒップホップ(トリップホップ)もアンビエントもエレクトロディスコも "テクノ" だったし、別にテクノという呼び名にこだわりたいわけでもないけど、共通の旗のもとに様々な方向性の音楽と様々な方向性のリスナーが同居し、お互いに壁を作るわけでもなく、交流と同化と分離を繰り返していたよなあ。90年代のテクノシーンとは、言わば "テクノ" の名の下に自然発生的に集まった共同体のようなものだったわけで、ルーツも現在の立ち位置も目的地もそれぞれ違う者たちが、同一のタームのもと不思議とまとまっているように思えた。
そもそも "シーン" と呼ばれるものの正体は共同体幻想にほかならないと思うのですが、別にテクノに限らず、いまのクラブミュージックにはそれがずいぶんと希薄になってるんじゃないかなあと感じてなりません。みんながそれぞれの細分化されたジャンルの殻の中に閉じこもってる感じ。それが悪いことか良いことかは実際のところよくわかりませんが。
まあ、僕が言いたいのは、しつこいようだけど昔は良かったということではなくて、そんな風に自分で周りに壁を作らずにあれこれと聴いてみた方がもっと楽しいよ、ということと、今のそういった風潮を敏感に捉えていたり意識的であったりするDJやアーティストだけが今後生き残るのだろうな、ということだ。そしてこういうアルバムを作った卓球はやっぱり "わかってる" のだと思う。それは今年のWIREのメンツを見れば明らかでしょう。
Tracklisting >>

【ビール】 Bergenbröu Neu Welt 

先週の土曜日の夜、京都でファドとボサノバとサンバのライヴを見てきました。ラテン音楽は生で聴くと楽しかった。これからはサンバとかももっとちゃんと聴いてみたいと思います。

最近はいわゆる "第3のビール" のことを "新ジャンル" と呼ぶみたいですね。このバーゲンブロー・ノイヴェルトというのは、ダイエー・ブランドの新ジャンル。作ってるのは韓国で、原材料は発泡酒、リキュールとあります。何が入ってるのかイマイチよく判りません。
グラスに注ぐと意外と泡立ちが良い。ほのかに甘酸っぱい香りがする。飲んでみると、うーん、薄い! たよりない味。コレはビールではありません、って当たり前か。飲み終わった後、口内に淡い苦みが残ります。
まあ喉が渇いたときや風呂上がりに水代わりに飲むにはいいんじゃないでしょうか。何せ6缶で498円ですから。つまり1本83円!!