月別アーカイブ

 2007年10月 

DJ Shadow - Endtroducing... (Mo Wax/1996) 

DJ Shadow - Endtroducing...
Label: Mo Wax (MW 059 CD)
Format: CD
Released: 1996
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
このアルバムがリリースされた1996年と言えばテクノシーンを発端にトリップホップなるムーヴメントが沸き起こっていた頃で、先導したのはMo Waxからリリースされたコンピレーション『Headz』であり、そして決定打となったのが、同じくMo WaxよりDJ Krush「Kemuri」とのカップリングでリリースされたDJ Shadowの「Lost & Found」だった。ほかにもMo WaxはCarl CraigやRichie Hawtinをリミキサーに起用するなど、ヒップホップのレーベルとしてはかなり先鋭的な動きをしていたわけで、本作は、当時としても満を持してリリースされた感が強かった作品。僕はと言えばリリース時、今は亡き心斎橋のタワレコの試聴機で聴いて、#02「Building Steam With A Grain Of Salt」のビートが入って来た瞬間速攻レジに走ったという思い出がある。
ラフでざっくりとしたファットなブレイクビーツ、全編を覆う美しいまでに刹那的な空気感、そしてあらゆるソースから抽出されたことが想像に難くない、繊細である種サイケデリックとも言えるサンプリング・・・。
先日何かの気まぐれでこのアルバムをiPodに入れて、今日、多分10年振りくらいで通しで聴いたけど、いまだにレコ屋でこのアルバムが売られている理由が改めてよくわかった気がする。ブレイクビーツ・ミュージックの金字塔。
結局このアルバム以降DJ Shadowの作品は聴いていないけど、『Endtroducing...』が好きならこのアルバムもオススメとか、このアーティストも聴けみたいなのがあったら教えて下さい。特にJosh Davis好きを自認する貴方。
Tracklisting >>
スポンサーサイト