Damian Lazarus - Bugged Out! presents Suck My Deck (Resist/2005) 

Damian Lazarus - Bugged Out! presents Suck My Deck
Label: Resist Music (RESISTCD50)
Format: CD
Released: 2005
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
皆さん、火曜日はNHK-FMの『サウンドストリート21』を聴きましたか? 今月は電気グルーヴが担当です。8年振りのシングル「少年ヤング」が初公開されましたが、情報量の多い、いかにも卓球作なポップな曲でしたね。新機軸ではなく、今までの活動の決算的なサウンドになっていると思います。まあ、本人達の言うとおり売れないんだろうけど(笑)

以前タワレコNU茶屋町店の515円ワゴンから発掘したDamian Lazarusの2005年のミックスCD。
Damian Lazarusに関してはたくさんミックスCDを出してるひとだけど、この作品に関しては、今振り返ってみると、ロンドンのハウスシーンにとってターニングポイント的な重要な作品だったのかも知れないなあ。James Holden、Trentemøller、Ricardo Villalobos、Superpitcherといった面子を見ての通り、今ではMOSでさえ取り上げる大きな潮流となったUKハウスのエレクトロミニマル化は、この頃から始まっていたのではないでしょうか。
ここで鳴らされているブリーピーなエレクトロハウスにアシッディーなミニマルは、ロンドンのルーディーな香りを漂わせつつサイケデリックな感覚に満ちている、艶っぽいアンダーグランドサウンドだ。ロッキンでメランコリックなシメも含めて、いまだに僕の好みのど真ん中!
Tracklisting >>
スポンサーサイト



VA - Sudd Mixtape Vol.2 (Sudd/2007) 

VA - Sudd Mixtape Vol.2: Dance Edition
Label: Sudd
Format: MP3
Released: 2007
ダウンロード >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
VA - Sudd Mixtape Vol.2: 8 Bit Edition
Label: Sudd
Format: MP3
Released: 2007
ダウンロード >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
もうすぐグランプリシリーズ第3戦中国杯が始まってしまうので、先にスケートカナダの感想を。
今シーズンの浅田真央が昨シーズンまでと全く違うタイプのスケーターに成長、と言うより劇的に変化したことは、2位の中野友加里と点数の比較をするとわかりやすい。何と、浅田真央の方がPCSが高いんですよね。逆にTESは中野友加里の方が高いけど、これは浅田真央が3Aを跳ばなかったから。今回浅田真央が3Aを回避したのは、単に安全策を取った風にしか報道しないメディアがほとんどだったけど、そんな単純な話ではない。これは、3Aを入れなくてもPCSで高い点数を叩き出すことができるから勝てるという、揺るぎない自信があったという意味なんですわ(もちろん本人ではなくコーチ側に)。これは恐ろしいことですよ。昨シーズンまでの必勝パターンは、PCSが伸びない分TESでガーンと点数稼いでっていうものだったので、ジャンプの失敗は当然のように結果にストレートに響いたものだったけど、もう今シーズンの浅田真央にはそのリスクはない。いやあ、ここまで浅田真央に伸びしろがあるとは、昨シーズンまでは正直思ってなかったなあ。

フヤ君ことFujasakiのレーベルSuddから、フリーMP3のコンピレーション2種類。これ、MixtapeっていうタイトルだけどDJミックスじゃないんですね。ベンツのやつと同じやね。
1枚目は "Dance Edition" と題され、ニューエレクトロの枠にとらわれないエレクトロニックなダンス・サウンドが纏められている。#08 The Amplid「Plugin (Lovely Chords Mix)」がいちばんヤヴァい。カットアップ気味のタイトなビートにうねるアシッドベース。あとはblog仲間でもあるlapinさんの2曲(#04、06)と、#03 Dibaba「The truth blending consortium (Fujasaki's Horror House Remix)」、#02 Familjen「Det snurrar i min skalle (Cat Burglar remix)」あたりがバキバキでカッコイイです。
2枚目は "8 Bit Edition" というサブタイトルでわかる通りチップチューンもの。チップチューンの良さって、正直未だ僕にはよくわからんのだけど、フヤ君はエレポップやってるからチップチューンも好きなのかな。
Tracklisting >>

【ビール】 キリン ザ・ゴールド 

翌、日曜日は、友人達と春秋恒例のBBQでした。ビールとワインを痛飲。

最近は個人的にキリンビール再評価熱が高まっており、写真のザ・ゴールドも初めて飲んだけど、麦芽の旨みらしきものが前面に感じられて、味わいのあるビールだと感じました。後に残る苦みも嫌な感じがなくて。
モルツの代わりに普段飲み用にしてもいいかも。

【ワイン】 Porca de Murça Tinto 

そもそもこのblogは、僕びびんばと相方ぱんだが運営している "びびぱん。" というポルトガル好きサイトの1コンテンツなのですが、アクセス数は本サイトよりもこのblogのほうが圧倒的に多いです。いや、どんどんこのblogだけ見ていただいて結構なんですよ。本サイトの方は相方のテイストを多めにして作っていて、僕担当のコーナー(このblogとTシャツのページ)はちょっと浮いてる感がなきにしもあらずなので。
今回は本サイト向けのエントリです。

先週の土曜日、大阪唯一(?)のポルトガルレストラン "ポルトガリア" にて、関西のポルトガル好きが集まるミニオフ会が行われたのでした。吾々はポルトガルファン歴が浅く、ネット上に自然と形成されているポルトガルファンのコミュニティにはあまり関わっていなかったのですが(恥ずかしがり屋なので)、今回お誘いを頂き、ポルトガル社交界デビューと相成りました。ネット上で見知った名前の方がわがサイトを猛烈に見て下さっていたことがわかったり、吾々がポルトガルに行く際かな~り参考にさせていただいたサイトの管理人さんとお会いできたりと、楽しい時間を過ごすことが出来ました。
写真のワインは1本目に飲んだポルカ・デ・ムルサというドウロの赤。飲みやすくて美味しかったです。個人的にはもう少し重ための方が好みですが、料理にもよく合っていました。
2本目はモンサラーシュの白だったのですが、店員さんが瓶をどっかにやっちゃったので写真はなし。