【ビール】 琥珀ヱビス 

今年も発売になりました。ヱビスの期間限定ヴァリエーション "琥珀ヱビス"。サッポロのサイトの説明によると、麦芽使用量を通常のヱビスよりも増やしたアンバービールというカテゴリーで、アンバーエールやドゥンケルとも違うのだそうで。
色は透き通ったきれいなアンバーカラー。まさしく琥珀色。飲んでみると苦みがけっこう強烈。苦いと言うより渋い感じかな。通常のビールよりもコクや旨みは当然あるんだろうけど、この渋みに隠れてしまってよくわからん。ちょっと上級者向けのビールという気がしました。
スポンサーサイト



【ビール】 アサヒ 北の職人 長熟 

Macau Beerのエントリhanaeさんに教えていただいた北海道限定の "北の職人 長熟"。先日義弟が仕事を辞めて北海道へ自分を見つめ直すひとり旅に出ることを聞きつけ、これ幸いと、買ってくるよう頼みました(ひどい義兄だな)。
アサヒと言うとどうしてもスーパードライを作っているメーカーという所為で印象が悪いんですが、これは麦芽とホップだけで作られた副原料なしのきちんとしたビールなんですね。長熟とは、通常の3割長く熟成期間を取っているという意味だそうです。
飲んでみるとぶわっと口の中に広がるクリーミーでマイルドな麦の甘み! 苦みもしっかりと後まで残るけど嫌な感じじゃない。飲み応え感は少し高めのアルコール度数(5.5パーセント)のおかげかな。ああ、これはなかなか旨いビールです。近所で簡単に買えないのが残念。

【ワイン】 Conchay Toro Frontera Cabernet Sauvignon / Nuestra Senora Portal 2005 


一昨日は友人宅でクリスマスパーティー。ワインを痛飲グ。
コンチャイトロ・フロンテラ・カベルネソーヴィニョンはチリ、ヌエストラ・セニョーラ・ポルタルはスペインです。ヌエストラ・セニョーラ・ポルタルのラベルのデザインがとにかくカッコイイですな。
この2本の前にウチから持参したヴァスコ・ダ・ガマ・ブリュットを空けてたので、ちょっと飲み過ぎました。翌昨日は頭痛が・・・。

宮(クン) (MBC/2006/韓国) 


第二次世界大戦の終戦により日本による韓国の統治が終了した後、朝鮮王朝が復権して現代まで韓国に皇室が続いているという設定の韓国ドラマ(全24話)。
祖父同士の約束により結婚した皇太子シンと庶民の家に生まれた女子高生チェギョンという、いかにも韓国ドラマな設定の2人の恋愛コメディを軸に、皇室の権力闘争やらなんやらを描く、有り体に言えば『フルハウス』プラス『大長今』のような作品。

何度も書いてるとおり、韓国ドラマはあれこれツッコミながら観るのが基本なので、こういったコメディタッチのものの方がサクッと観れるし楽しい。
劇中では、皇室なので、先月見に行ったばかりの景福宮に住んでたりするし、ソウルの街並みもよく映るので、観ていてまた韓国に行きたくなりました。あと、これはネタバレになるけど、最終回の舞台がマカオなので、マカオにもまた行きたくなってしまったり。

宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り]宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り]
(2007/02/02)
ユン・ウネ、チュ・ジフン 他

商品詳細を見る
宮 ?Love in Palace BOX 2[日本語字幕入り]宮 ?Love in Palace BOX 2[日本語字幕入り]
(2007/03/02)
ユン・ウネ、チュ・ジフン 他

商品詳細を見る
宮1.5宮1.5
(2007/07/25)
ユン・ウネ.チュ・ジフン

商品詳細を見る