DJ Funk - Ghetto House / Ghetto Tek (Dance Mania/2007) 

DJ Funk - Ghetto House
Label: Dance Mania Records (DMR 1003)
Format: CD-R
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
djfunk2.jpgDJ Funk - Ghetto Tek
Label: Dance Mania Records (DMR 1004)
Format: CD-R
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
今日から仕事復帰。まぁ昨日はもともと公休だったので、それほど仕事もたまってなくて一安心。

引き続きdiskUNIONのオンラインショップで買ったものを紹介しますが、これは凄いですよ~。何と、シカゴ・ゲットーハウスの第一人者であり人気ナンバーワン、現在はDance Mania RecordsのA&Rを務めるという噂のDJ Funkのベスト盤! しかも2枚! 勿論CD-Rでジャケなどあるはずもない。いままで同じようなトラックばかり入ったアナログをこつこつと集めていたであろうDJ Funkファンの大半がガックリ来そうなくらい、この2枚のCD-Rで彼の代表的なトラックはほぼ網羅してしまいます。
『Ghetto House』のほうはパンピンでチープなリズムにアホアホなヴォイスサンプルの連打といった典型的なゲットーハウス/JUKEスタイル、『Ghetto Tek』のほうはバウンシーなビートにアシッドなシンセといった比較的テクノファンにも好かれそうなトラック、といったカテゴライズがそこはかとなく感じないでもないですが、まぁ実際はどちらもよく似たもんです(苦笑)
「Knock Knock」「Pump It」「Work That Body」「Run (UK Mix)」といったテクノのフロアでもオナジミのトラックから、Justiceのリミックスだったはずがいつの間にか自身名義のトラックになってた「Bounce Dat Ass」や、Lil' Luisのシカゴハウス・クラシックの勝手リミックス「Video Clash Part 2」、そして数々のゲットーハウス・クラシックス。
バッキンバッキンでガッツンガッツンしたラフでワイルドなシカゴハウスの精粋と、ダーティーでブーツィーなゲットー成分、そしてほかのゲットー勢にはあまり感じないテクノっぽい強度を併せ持っているあたりがDJ Funkの魅力でしょうか。とにかくこのリリースは大事件。借金してでも手に入れろ!
Tracklisting >>
スポンサーサイト