Sven Väth - Sven Väth In The Mix: The Sound Of The Eighth Season (Cocoon/2007) 

Sven Väth - Sven Väth In The Mix: The Sound Of The Eighth Season
Label: Cocoon Recordings (COR MIX 019)
Format: CD×2/MP3
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
Cocoon Recordingsというテクノ界の『笑っていいとも』的な(育てるとかはしないで、ちょっと遅れて売れてるタレントを根こそぎ持って行く)レーベルを主宰するSven Väthが定期的にリリースしているDJミックスCDシリーズ "Sven Väth In The Mix" もこれが8作目。近年のSvenのちょっとダサいという各所の扱いは、Eye Q/Harthouseを主宰していた当時、95年あたりのジャーマントランスが落ち目になってきた頃のSvenと重なるものがありますが(デジャヴ?)、今回のミックスも別に悪くはないです。
1枚目の聴きドコロは中盤J.T.C.「Take 'Em Off」~Steve Rachmad「Moog On Acid」のアシーッドな部分と、 終盤Worthy「Irst_te? (Claude VonStroke rmx)」以降の怒濤のブリープ・ミニマルの洪水。たまらんとです。
2枚目にはなんだか懐かしい名前を発見。René et Gastonって! Fresh Fruit Recordsですよ。DJ Zki & Dobre、Jark Prongo、Tomba Vira、そしてThe Good Men、どれも彼らの変名ですよ。「Meluche Ideale」は昨年リリースされたRené et Gastonとしては8年振りのシングルだそうで、相も変わらずの作風のダッチハウス。変わってなくて安心。
全体として情感あるシンセのメロディーが特徴のトラックが1曲1曲長めに使われており、ミックスそのものを聴かせると言うよりは、最新トラックの紹介といった内容。ジャーマントランスは昔取った杵柄だけあって、Svenの面目躍如たるところではないでしょうか。
Tracklisting >>