月別アーカイブ

 2008年03月 

VA - Expansion | Contraction (m_nus/2007) 

VA - Expansion | Contraction
Label: m_nus (MINUS 58 CD)
Format: CD/MP3
Released: 2007
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
世界選手権の男子FSは地上波でも生放送だったので、"でぃーぷこりあん会"(これについては後日相方のblogを参照 4/9リンク追加)から帰宅後、ビール~マッコルリ~チャミスル~赤ワインのおかげの頭痛とともにTV観戦。高橋大輔が表彰台を逃したのは残念だったけど、ジェフリー・バトルが優勝したのにはもっと驚いた。でも心情的にはジュベールが優勝するよりもカタルシスがあったし、良かったんじゃないでしょうか。

同じく昨年リリースされた、m_nusの7曲入りコンピレーションCD。前作『Nothing Much』(過去レビュー >>)がレーベルの活動の総括的な意味合いが強い作品だとすれば、今作はレーベルの現在進行形の姿を映し出した作品だと言えそう。実際、タイトルからは、過去のレーベルコンピ『Minimize To Maximize』(過去レビュー >>)や『min2MAX』(過去レビュー >>)と同じコンセプトを踏襲した連作の最新作であることが想像に難くない。
このコンピでいちばん光ってるのはやはりDubfireですな。SEとエフェクトで展開を作って徐々に上げていく長尺のプログレッシヴ・ミニマル。そのほかも地を這うようなドープなミニマルで抜きん出たトラックばかりなんですが、そうかなるほど、m_nusの音楽って、つまるところアシッドハウスの進化形なんですね。もともとRichie Hawtinが90年代初めのアシッドリヴァイヴァル期に出て来たひとなので当たり前と言えば当たり前なんですが、トラックの構造やドラッギーな効果やなんかにやはりアシッドハウスの系譜を感じる。まぁm_nusのミニマルはアシッドハウスからはかなり遠くまで来た音楽ではあるけれど、そう思って聞くと得心できる箇所も多々あります。
Tracklisting >>
スポンサーサイト