VA - Cabinet Classics & Unreleased Classics 1994-2005 (Plus 8/2006) 

VA - Cabinet Classics & Unreleased Classics 1994-2005
Label: Plus 8 Records Ltd. (plus8091cd)
Format: CD×2
Released: 2006
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
blogの引越しツールっておそらく各社取り揃えられてると思うのですが、mixi日記から移行できるFC2のツールが発表されたのは1週間前。mixiの規約改定問題もあり、これは正に期を見るにつけ敏な対応だと思った今日この頃。

2006年にJohn AcquavivaとRichie HawtinのPlus 8からリリースされた、ベルリン地下テクノのレーベルCabinet Recordsのコンピレーション。CabinetはRichie HawtinがDJ時に永年愛用しているという、90年代から活動している(していた?)アンダーグラウンドなレーベルだそうです。僕はその存在自体知りませんでしたが、先日中古屋で見つけて、Plus 8からだということと、Todd Bodine(過去記事 >>)のトラックが1曲入ってるってことで購入。
CD1の#09、Compass 3「Messinger」は、Richie Hawtin『DE9: Transitions』(過去レビュー >>)に収録。また、#02のCab Drivers「Elwico」は、田中フミヤ『mur mur: conversation mix』(過去レビュー >>)にも収録。
音数少なめで、音の粒子も若干粗めの、モノトーンなミニマルハウスというのがその基本的な音楽性ですが、低音、特にキックの音圧が半端じゃない。おそらく、フロア強度は抜群だと思われる。古い曲は今から14年前のものも含まれるようだが、まったく古びてなくてびびる。いや、むしろ昨今のミニマル全盛のテクノシーンにおいてこそ、その存在意義を発揮するかも知れん。90年代半ばにこんな先鋭的な音楽を出していたレーベルがあったなんて、ノーチェックでした。Mike InkのProfan(過去記事 >>)とかと同時期!
ちなみにCD2にはアシッドハウスものが3曲も入っており(#01、05、08)、そのことも個人的に好感度大です。
Tracklisting >>
スポンサーサイト