月別アーカイブ

 2008年05月 

BOØWY - Last Gigs Complete (EMI/2008) 

BOØWY - Last Gigs Complete
Label: EMI Music Japan (TOCT-26540 )
Format: CD×2/MP3
Released: 2008
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS (旧盤)>>
良くも悪くも、その後の二ホンのロックバンドのベンチマークとなったBOØWYが、20年前の1988年4月5日に行なった再結成ライヴの音源の完全版がリリース。たまに勘違いされる方がいるようなので一応書いておくと、BOØWYの解散日はあくまでも1987年12月25日であり、この "Last Gigs" は、解散から3ヶ月余り後の早すぎる再結成というのが公式見解です。
旧盤『Last Gigs』から、伝説のアンコール5曲を含む全11曲を追加収録。今回はMCも収録されており、ファンにとってはまさに待ち望んだ末のリリースと言えるでしょう。DVDも同発。一方では、ここ数年のBOØWYを取り巻くEMIの商売のやり方への批判もファンの間では渦巻いているようですが、僕個人としては、およそ15年ほどこのバンドの音から遠ざかっていたので、いい意味での距離感を持って、ニュートラルな感覚で聴くことが出来たんじゃないかと思います。まぁ懐かしい。それだけですわ。
ただ、今回新たに収録されたMCなんかを聴いて、BOØWY解散以後はひたすらマッチョイズムに突き進んでいる感のあったヒムロックの印象がちょっと変わった。これは僕にとっては20年目の収穫。あとはまぁ、BOØWY関連で各メンバーの解散後の活動も含めて、僕がいちばん好きな作品は布袋の1stアルバム『Guitarhythm』だというヒネクレ具合なもんで、やっぱり布袋のギターはライヴよりもスタジオ仕事の方がソリッドかつマシーン・ライクでカッコイイよなぁ、ということを再認識しました。
蛇足ながら、その『Guitarhythm』というアルバムは、80年代後半当時のマッドチェスター・ムーブメントと完全に同期した、最高にスリリングなエレクトリック・サウンドでオススメです(布袋はそもそもエレクトロニックミュージック好きなんですよね)。このアルバムがニホンの音楽業界ではほとんど評価されてないのが僕には理解出来ん。
Tracklisting >>
スポンサーサイト