X-102 - ReDiscovers: The Rings Of Saturn (Tresor/2008) 

X-102 - ReDiscovers: The Rings Of Saturn
Label: Tresor (Tresor 234)
Format: CD
Released: 2008
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
1991年、デトロイトのハードコアテクノ・ユニットUnderground ResistanceのメンバーであるJeff Mills、Mike Banks、Robert Hood(当時)の別働隊として組織されたX-101プロジェクト。その後、翌92年にはX-102、93年にはMike Banksを除きX-103として活動したテクノの歴史上伝説と言って良いプロジェクトが、15年余を経て大復活しました。URのオリジナルメンバー、Jeff MillsとMike Banksのふたりを持って。
先日、スペインのSónar 2008においてライヴ・パフォーマンスを行い(YouTubeで検索すると動画がたくさん出て来ます)、そしてX-101~103のアルバムをリリースしたドイツの老舗レーベルTresorよりアルバムをリリース。
おそらく、今年2008年のテクノシーン最大のニュースはこれでしょう。

そんなX-102のニューアルバム。
まぁ、アルバムタイトルとトラックリストが発表された時点で薄々判ってはいたことですが、92年のアルバム『Discovers: The Rings Of Saturn』に未発表曲をプラスした再発盤であり、残念ながら現在のJeff MillsとMike Banksの手による新作ではありませんでした。
ハードコアテクノ以後でありハードミニマル以前であるという、ある種谷間な時期のハードテクノを曲長短めに矢継ぎ早に繰り出しながら、そしてシングルカットされた激ハードコア・レイヴ「Ground Zero」(過去レビュー >>)で大爆発! という構成は変わらずですが、うーん、なんだかアルバムとしてはオリジナル盤のほうがコンパクトにまとまっていてよく出来ていた気が・・・。未発表曲をたくさん聴けるのは嬉しいし、旧作(オリジナルアルバム)未聴のひとには意味があるリリースだとは言えるでしょうけど・・・。
本アルバムがリリースされたこと自体には全く不満はないし満足だけど、それでも僕はX-104(もしくはX-118 or 119?)名義の新作を希望します!

ちなみに、僕の手元に届いたCDは、裏ジャケのトラックリストとCDに収録された楽曲が一部違っていました。本エントリのトラックリストが正しいトラックリストだと思いますが、これはジャケットの印刷ミスなのか、それともCDのプレスミスなのか、どっちなんでしょ。
Tracklisting >>
スポンサーサイト