Rhythm & Sound - See Mi Yah Remixes (Burial Mix/2006) 

Rhythm & Sound - See Mi Yah Remixes
Label: Burial Mix (BMXD-1)
Format: CD/MP3
Released: 2006
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
Googleマップのストリートビュー日本版が公開されましたが、これオモロい! はじめてGoogleマップさわったときみたいに、延々遊んでしまいそうだ。

CDで聴くBasic Channelガイド 第11/12回

Rhythm & Sound『See Mi Yah』は以前レビューしたことがあるので、"CDで聴くBasic Channelガイド" 第10回は欠番。で、第11回は、その『See Mi Yah』をアルバムまるごと外部リミキサーがリミックスした『See Mi Yah Remixes』。曲順がちょうど逆になってるのにはどういう意味があるのかな?
リミキサーはBasic ChannelファミリーであるTikiman (#05)、Substance (#06)、Vladislav Delay (#08)、Vainqueur (#09)、Hallucinator (#11) をはじめ、昔から関係の深いCarl Craig (#04) とFrançois Kevorkian (#07)、それからテクノ/ミニマル界気鋭の(2006年当時)アーティストたちSoundhackの変名Soundstream (#02)、Ricardo Villalobos (#03)、Sleeparchive (#10)、そしてBasic Channel自身 (#01)、という普通ではあり得ない豪華さ。
Basic Channel一派の仕事は師匠に敬意を表してか、どれもミニマルダブ・マナーに則した作風。意外性はないけど鉄板。VillalobosとSleeparchiveはけっこうまんまのレヴェルの高いドープ・ミニマル。いちばん意外性があったのは何故かドラムンベースをやってるFrançois K.。僕の好きなのは硬質なテックハウスに仕立て上げたSoundstreamと、プログレっぽい覚醒的なCarl Craigかな。Basic Channel御大は特に低域出まくりのアブストラクトテクノで、たまにでいいからこの路線に戻って来てほしいと思わせるには充分の迫力。
Rhythm & Soundとして、しばらくテクノから離れていた感のあったBasic Channelが、テクノへの目配せも忘れなかったという意味では重要な1枚。一応みんなの求めているものは理解している、という意思表示か。
Tracklisting >>
スポンサーサイト