【ビール】 キリン ザ・プレミアム無濾過 ホップの香り 

そういえば昨日はハロウィンだったようですね。どーでもいーのですが、西洋の祭りや習慣をどんどん取り入れる前に、ニホンの伝統的な行事をもっと積極的に取り組んだほうが良いのではないでしょーか。国や民族の支配は先ず文化を奪うことから始まるんだぜ(ちなみに文化を奪うためには先ず言語を奪うわけですが、ニホンの現状は果たしてどうなんでしょうかね)。

キリンビールのプレミアム・ライン、プレミアム無濾過(過去記事 >>)のヴァリエーションその2(その1 >>)は "ホップの香り"。個人的に、ホップをフィーチュアしたビールは大好物なので、期待しまくりで買いました。
非常にみずみずしいフレーッシュなホップ・フレーヴァーと、それを引き立てるじんわりとクル爽やかな苦み、そして無濾過であるが故の酵母のかすかな深み。それぞれの個性もバランスも◎でめっちゃ旨い。これは自信持ってオススメです。
はっきり言って期待以上でしたわ。期間限定なので、今のうちに買い占めておかねばなるまい。
スポンサーサイト



【ビール】 キリン ストロングセブン 

で、昨日は最近お気に入りの西天満の洋食屋さんでランチのあと、家からちょっとだけ離れたショッピングモールで軽く買い物。本当は大阪ガスの "ガスてん" が目的だったのですが、営業感バリバリだったので着いた早々に離脱。買い物でも何でもそうなんですけど、店員とかが寄って来るところって苦手です(用ある時はこっちから呼ぶっちゅーの)。

キリン発、アルコール度数7%のストロングエール風(?)第3のビール。ニホンのビールに固定観念としてへばりつく爽快感とは趣を異とした、アルコール感を感じる甘くて重た~いビール。まさにストロング。
単にキレ重視のニホンのローカル・ビールとは一線を画した個性を持ったビール(や発泡酒や第3のビール)を市場に送り出す最近のキリンの姿勢には全面的に賛同したい。ただ、あくまで個人的にだけど、僕はアルコール感の強いビールは苦手なのです。だからこのストロングセブンに関しては、多分僕はもう買わない・・・。

【ビール】 アサヒ ジンジャードラフト 

昨日から4連休。しかしまぁ、特に旅行とか行く訳でもないです。このウォン安に乗じてソウルにでも遊びに行きたい。

ビール飲まない世代に向けて発信されたと思われるアサヒの新感覚発泡酒、ジンジャードラフト。その名の通りジンジャー風味のビール(発泡酒)です。
口に含んだところ感じるジンジャーテイストがたいそう刺激的でユニーク。あ、これは面白いな~と思った次の瞬間、脳髄をあっという間に浸食する香料の強烈なかほり! はっきり言って吐きそうになりました。これはキツイ・・・。僕は半分ほど飲んで捨てました。でも例によって6缶で買ってるからまだ残ってるし(その後レモン汁を入れてみると若干緩和されはしたが)。
人工甘味料や香料に抵抗のない食生活を送っているひとなら飲めると思うけど、さすがアサヒとでも言うべきか、これは消費者をバカにし過ぎ。