電気グルーヴ - ORANGE (Ki/oon/1996) 

orange.jpg電気グルーヴ - ORANGE
Label: Ki/oon Records (KSC2 142)
Format: CD
Released: 1996
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
楽しかった電気グルーヴのライヴから1週間あまりが経ちました。この1週間、電気熱の冷めやらないうちに過去のアルバムをランダムに聴き直したりして過ごしてたのですが、そん中で、今回のライヴに一番近いテイストのアルバムって、『YELLOW』(2008) でも『J-POP』(2008) でもなく、実は『ORANGE』だったというお話。
この『ORANGE』というアルバム、リリース当時はあまり良いとは思わなかった。と言うのも、個人的に、『Flash Papa Menthol』(1993) でテクノ(ガバ/ハードコア)に衝撃を受け、『VITAMIN』(1993) でアシッド・リヴァイヴァルの洗礼があり、さらに『DRAGON』(1994) でテクノ道を突き進む、といった右肩上がりだった(と感じていた)電気グルーヴのアルバムのクォリティが、この作品で初めて下落した、という印象を受けたからです。今から思うと、アルバムを総合的に判断していたと言うよりは、やはり "テクノ" として聴いていた、電気グルーヴにクラブトラックとしてのテクノを求めてしまっていた、それが原因だったのではないかと。だから当時のこのアルバムん中でいちばん好きだったのは「反復横飛び」と「スマイルレス スマイル」やし、「Tシャツで雪まつり」に関しては好きなんだけどあざとい自己パロディだなぁと少々シニカルに捉えていたことを思い出します。
で、今回このアルバムからライヴで演ったのは「誰だ!」と「キラーポマト」と「スコーピオン」の3曲ですが、「キラーポマト」に関してはシングルCD『』(1995) のカップリング曲「ポマト」が原型なので、実質この時期の曲としては2曲だけ。それでもライヴ全体の印象がこのアルバムに近かったとはこれいかに。
『ORANGE』って当時はやっぱりイマイチで、『A (エース)』(1997) で少し盛り返したって印象が強かったのですが、今回改めて聴き直してみると、実は『A (エース)』の原型はすでに『ORANGE』の時点で出来上がっていて、この2作はほぼ共通の空気感を持っていることを今更ながらに発見。ちなみに『A (エース)』から演った曲は「かっこいいジャンパー」「VOLCANIC DRUMBEATS」「ガリガリ君」そして「Shangri-La」の4曲。まぁ、濃い薄い、あるいは向いてる方向の違いはあれど、言わば "電気グルーヴ的" としか言いようのないバンドの核(コア)な部分、ここでは仮に "ピグ的" と呼ぶことにするが、このピグ的なものは、『VITAMIN』にも『VOXXX』(2000) にも、もちろん『J-POP』や『YELLOW』にだって存在する。そういったピグ的を覗かせる楽曲が結果として並んだのが今回のライヴだったいうことなんだろうな。(ただし『DRAGON』だけはピグ的が希薄。今聴くとこのアルバムだけ異質。音的に古かったりするのもあるのだろうけど、今回のライヴのセットリストに『DRAGON』の曲が含まれていなかったのは、決して "たまたま" ではないと思う。)
そしてこの『ORANGE』には『DRAGON』とは逆に、そのピグ的が濃縮されて詰め込まれている。まるで『DRAGON』の反動であるかのように。そんな『ORANGE』の雰囲気を感じる今回のライヴは、電気グルーヴの一番麦汁みたいなものだったのだ。そりゃあ楽しいわさ!!
と言う訳で、今回のライヴのおかげで、自分の中で埋もれていたアルバム『ORANGE』の再評価につながりました。

長過ぎるマクラはこれくらいとして(マクラだったのか)、本題のアルバム紹介は各曲解説(?)の形式で簡単に。
「ママケーキ (Mamacake)」
"今は亡き砂原君" のアカペラで幕を開けるこの曲は、同年の "ツアーめがね" でも演奏され、生で歌う砂原君の隣でピザ生地を振り回すピザ職人(瀧)の姿が見られた。
「誰だ! (Dareda!)」
CDで聴くと未だにピンと来ないこの曲も、ライヴでは爆発的な破壊力を持つ。ある意味現場トラックということか。
「キラーポマト (Killer Pomato)」
ピグ的なある部分が行き過ぎると差別だ何だと批判されることになるわけですが、電気はいつでもスレスレの線を的確に見極めている。
「VIVA! アジア丸出し (Viva! Asia Marudashi)」
岡村靖幸参加。後の「かっこいいジャンパー」にもつながる浮遊感丸出しのトリッピーなトラック。
「なんとも言えないわびしい気持ちになったことはあるかい? (Nantomoienai Wabishiikimochininattakotogaarukai?)」
聴いてるとなんとも言えないわびしい気持ちになってきた。この気持ちもピグ的。邦題と英題が微妙に違うのはワザとなのかミスプリントなのか。
「ポパイポパイ (Popaipopai)」
「ちょうちょ」「ドカベン」「富士山」「お正月」に続くアルバム内の "瀧コーナー" 第5弾(にして最終回)。
「反復横飛び (Repetition Side Step)」
この頃卓球が得意としていたバウンシーなハードミニマル。TB-303が暴れるブレイクで突然入ってくる徳光和夫のニュースが要らないひとは、アナログ『ORANGE Remixes』をどうぞ。
「スコーピオン (Scorpion)」
"後ろの正面振り向いたら俺が立ってた、こまっちゃう" というフレーズが特に好きです。
「スマイルレス スマイル (Smileless Smile)」
アルバム毎に "瀧コーナー" が設けられていたことは有名だが、同じように卓球による "ダブコーナー" が設けられていたことは意外と知られていない。
「Tシャツで雪まつり including 燃えよドラゴンのテーマ (T-Shirt De Yukimatsuri)」
「電気ビリビリ」「B.B.E.」等のエピゴーネン。でもハードコアジャングルなので好き。
Tracklisting >>
スポンサーサイト



【ビール】 アサヒ 熟撰 

こないだの日曜日は大阪国際空港(いわゆる伊丹空港)に来年の年賀状用の写真を撮りに行ってました(カメラマンは友人のビールりんにお願いした)。例年だと、大掃除の終わった大晦日の夜に慌てて印刷して郵便局まで持って行ってたのですが、今年の年末はそんな時間が取れなさそうなので、早めに年賀状作成に取り掛からねヴァ。ユーのネヴァー。

そういや、その日曜日が結婚式だった、いつも通ってる整骨院の院長の超オススメで1本だけ買ってみたアサヒのプレミアム・ライン "熟撰"。
・・・なんですけど、うーん、好みの問題なのかもしれないけど、どこまで行ってもアサヒっぽいキレ重視のビールで、プレミアムビールに求めたいコクや深みといったものがあまり感じられない普通のニホンのビールでしたわ。すまねえ院長、僕は院長とはビールの趣味が合わないみたいだ。口直しに、冷蔵庫に常備しているプレミアムモルツを飲んでしまいましたよ。
それにしても、プレミアムビールなのにサブ原料使ってるってどうなの!?