The Megane~zu - Touched By The Hands Of The Megane~zu Mix (Sudd./2008) 

The Megane~zu - Touched By The Hands Of The Megane~zu Mix
Label: Sudd.
Format: MP3
Released: 2008
ダウンロード (blog) >> ダウンロード (site) >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
先日紹介した『As Heard On Transistor Radio The Megane~zu, Pt.1』の前に作って、Freakyに一緒にSudd.に送ってもらってたもうひとつのミックステープ『Touched By The Hands Of The Megane~zu Mix』も、同じくSudd.のblogで公開されました。没じゃなかったのか・・・(Freaky、フヤ君に何か言った?)。
こちらのミックスは、クローズするSudd.と依頼をくれたFujasakiに感謝と敬意を込めて、Sudd.音源もいくつか使ってます。結果として、めがね~ずとしては異質な、真面目(?)な選曲になりました。ま、こんな選曲も出来るんですよ、やろうと思えば、ってことで。もちろん、ピッチが合っていない(PCミックスなのに)、ミックスが雑(PCミックスなのに)、といった聴きどころは同様です(笑)

2ミックスで1枚のCDに収まるという便利(?)な長さなので、両方ともお持ち帰りよろしくお願いします。

Tracklisting:
01. The Megane~zu - Intro 1,2,3,4,5 Burn Baby Burn
02. Radiohead - Idioteque
03. Kate Wax - Beetles and Spider (Roman Flügel Remix)
04. Dopplereffekt - Sterilization
05. Familjen - Hög Luft (Fujasaki Remix)
06. Osborne - Detune
07. Gui Boratto - Hera
08. Motif Nouveau & CRL_ - Subway Warrior
09. Kristian and Christian - Syntetic
10. Shed - That Beats Everything!
11. Jens Kallback - tenannVeTe
12. Fujasaki - Boston Revisited
スポンサーサイト



【ワイン】 Barbera D'asti 2006 

フィギュアスケートのグランプリシリーズは早くも最終戦のNHK杯が昨日から始まっていますが、今シーズンは惜しい選手の引退が相次いでいます。ジェフリー・バトル、ステファン・ランビエール、そして太田由希奈。特にランビエール選手と太田選手はともに原因が怪我なのが残念なところ。同じく怪我で今シーズン欠場するという高橋大輔選手は果たして大丈夫なんでしょうか。

この日飲んだやつ。ボジョレーやイタリアのヌーヴォーも店に出てたのですが、新酒は軽いのが基本的に好みじゃないのでパスして、バルベラ・ダスティっていうイタリアの赤ワインを頼んだ。香りが良くて、でもそんなに重たい感じでもなくて、生ハムとルッコラのピザによく合いました。

【ワイン】 Reguengos Alentejo D.O.C. Vinho Tinto 2006 

あれからいろいろ様子を伺っていたのですが、結局1ユーロ125.82円で交換しました。119円台の日もあったんだけどなあ。残念。

レゲンゴスはポルトガルのアレンテージョ地方のCARMIMの赤。今までも何回か飲んでるはずなんだけどblogに書いてなかったのでメモる。
ほどほどの重たさと輪郭のはっきりしたタンニンの渋み、購入サイトでは香りは控えめとあったが、結構強い樽かコルクの香りが良い感じ。
今月のいつだったか、おでんと一緒に飲んだけど美味しかったです(写真はその時の)。これはいつもひとにオススメするのですが、おでんには赤ワインが合うのですよ。