The Field - Yesterday And Today (Kompakt/2009) 

The Field - Yesterday And Today
Label: Kompakt (KOMPAKT CD 72)
Format: CD/MP3
Released: 2009
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
トリノ・オリンピック金メダリスト、皇帝エフゲニー・プルシェンコ復活!! まぁ正直いまさらどうかとは思いますが・・・。彼は現在陸軍将校であり、サンクトペテルブルク市議会議員なんですよね。と言っても政治力が働いたとは思えないけど、バンクーバーではやはりブライアン・ジュベールとかに金メダルを取ってもらいたいもんです。

スウェーデンのAxel Willnerによるプロジェクト、The Fieldの2年振りの2ndアルバム。
アートワークを見ての通り、1st過去レビュー >>)の延長線上にある内容。ひとことで言えば、揺らめきオーロラ・テクノ。ただし今作には生(っぽい?)ドラムが導入されており、また1曲1曲が長尺であることもあって、まるでプログレのよう。音の趣向は違うけど、Lindstrømのトラックに近い感覚をもたらしてくれる(そういやLindstrømも北欧でしたね。スウェーデンじゃなくてノルウェーですが)。また、ラストの曲なんかは8分のディスコ・ベースのシーケンスを使ったThe Fieldの新機軸。
The Fieldについては、1stアルバム、2ndアルバムともに発売時期が重なったこともあり、どうしてもレーベルメイトのGui Boratto(WIRE09出演決定)と比較してしまうのですが、Guiの2ndよりもThe Fieldの2ndの方が新しい試みがなされていて面白いですね。
あと、このアルバム聴いたあと、久し振りに1stアルバム『From Here We Go Sublime』を聴き返してみたところ、意外とヴァリエーションのある内容だったことがわかりました。聴いたときはどれも同じようなトラックだなぁと感じたものでしたが。2007年のベストに入れなかったことが今更ながらに悔やまれる。
Tracklisting >>