【ビール】 アサヒ ザ・マスター 

"あの" スーパードライのアサヒが、麦の味わいをフィーチュアしたという麦芽100パーセントのビール。アサヒがスーパードライによってニホンのビール文化にもたらした害悪を考えると、はっきり言って、僕はアサヒに批判的では居られないのですが、それでもこの商品には期待していました。そして、今回は見事に期待に応えてくれましたね。
グラスに注いでグラスに口を沿えた瞬間の香り、口に含んで飲み干したときの充実感、そして飲後に感じる味わい深さと余韻。いや~、旨いビールじゃないか。アサヒもやれば出来るやん。
そしてこのビールの肝。このビールの個性となっているのは、飲後にかすかに感じるぴりりとした辛口感。これはアサヒならではですね~。麦の甘み、ホップの爽やかさ、そういったものを全面に押し出しつつ、アサヒならではの主張を忘れてはいない、そしてそれがまったく不快ではないというバランス。
さらにいわゆるプレミアムビールではない、通常のビールの価格帯でこの商品を出して来たアサヒを、僕は褒めてやりたい。上から目線で申し訳ないけど褒めてやりたい。
普段飲みで発泡酒でも第3のビールでもなくビールを選んでいる向きにはこれからはザ・マスターをオススメ。ドイツビールっぽいところも個人的にポイント高しです。
スポンサーサイト