月別アーカイブ

 2009年07月 

【ビール】 アサヒ スタウト 

昭和10年に発売されて以降、今やアサヒビールの良心だと僕は感じているアサヒ スタウト。かの、先日急死したKing Of Popじゃない方のビール評論家の故マイケル・ジャクソン氏は、ニホンのビールでは最高点の "★★★→★★★★" を唯一このビールに与えています(まぁマイケル・ジャクソン氏自体も結構胡散臭いモンですが・笑)。大阪の吹田工場でのみ、年1回(隔年という説もアリ)醸造されており、毎回醸造担当者が変わることから微妙に味も変わるそうです。334mlの小瓶のみの販売、アルコール度数は8%、もちろんその名の通り上面発酵。まさにこだわりの1本と言えそうです。

まぁ、うんちくはこれくらいにして、飲んでみます。
強い酸味、強い苦み、強い焦げ臭、そのどれもが複雑で奥深い芳醇な味わいをもたらしている。強烈な個性(自己主張)とパワー、そして甘み含んだふくよかな余韻。う~ん、これは最高に旨い・・・。
国産スタウトの双璧と並び称されていたキリン スタウトが昨年製造中止になってしまった今(季節限定とかで良いので復活して欲しい!)、どれだけ不景気でもアサヒの良心を守って作り続けて欲しいものです。
スポンサーサイト