Ken Ishii - The Works + The Unreleased & Unexpected (70 Drums/2009) 

Ken Ishii - The Works + The Unreleased & Unexpected
Label: 70 Drums (IDCK-1006)
Format: CD
Released: 2009
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
事件事件! ポルトガル・ビールのSuper Bock Stout(スタウトという名のシュヴァルツ)がニホンで買えちゃいます!! 100ケース限定だそうですが、これは是非ともレギュラー販売して頂きたい。
リカマン > スーパーボック (ポルトガル) >>

今年はケニシがニホンでデビューしてから15周年だそうで。ベルギーのR&Sからの純粋なデビューから数えると今年で16年という何とも色んな意味で中途半端な区切りを無理矢理(?)記念して、先ずはベスト盤『KI15: The Best of Ken Ishii』とリミックス仕事集『The Works + The Unreleased & Unexpected』の2枚がリリースされました。ケニシの作品はほぼすべて持ってる身としてはベスト盤の方は用がないので(選曲は悪くないと思うけど)、このリミックス仕事集のみ購入。
とにかく個人的にはSubvoiceの「Vampirella」(過去レビュー >>)初CD化。これが事件に思えてならない。まだダンストラックを量産する以前のケニシによる、透明度の高いビザールな音色で構築されたガラス細工のダンストラック。この14年前のリミックスが現在のシーンにCDとして蘇生したことは重要だ。Subvoiceは「Vampirella」のオリジナル・ヴァージョンはじめ、数多の名作をCD化か配信かすべき。
世間一般にはやはり電気グルーヴ「N.O.」が収録されたことが注目なのかな。ケニシを最初にニホンに紹介したのが『電気グルーヴのオールナイトニッポン』で、そのつながりでなのか何だかわからんけどリミックスを依頼して『N.O.』のシングルCDに収録されたのがこのヴァージョン。ものすごく久し振りに聴きましたが、ちゃんとイントロのメロディを奏でていたのな、これ。今更ながら新たな発見でした。
アルバム全体を通しで聴くと、結構曲によって色々なことをやっていて、ケニシのアーティストとしての器用さが改めて浮き彫りになるアルバムではないかと思います。
Tracklisting >>
スポンサーサイト