びびんばが2009年に聴いた音盤11枚 

たぶん、これが2009年最後のエントリになると思います。今年も年間ベストをやってみますよ。例年通り、リリース年にこだわらず、今年僕が聴いた音盤の中からアルバム限定で10枚11枚ご紹介します(アーティスト名等のアルファベート順)。

091228a.jpgサイケアウツG - Romz 7th Anniversary 専用 (Romz/2009)
過去レビュー >>
昔の曲もきっちり今の音にアップデートされていたで賞。はっきり言ってちょっと驚いた。

091228b.jpgDusty Kid - A Raver's Diary (Boxer/2009)
過去レビュー >>
ミニマル以外のテクノらしいテクノの中ではアタマひとつ抜けていたで賞。良作。

091228c.jpgJammin Gerald - Pump Dat Shit Up! (Dance Mania/2009)
過去レビュー >>
ゲットーハウス・クラシック賞。

091228d.jpgKaito - Trust (Kompakt/2009)
過去レビュー >>
美麗テクノの金字塔で賞。今年もワタナベヒロシの音楽はオンリーワンでした。

091228e.jpgLuciano - Tribute To The Sun (Cadenza/2009)
過去レビュー >>
今年を代表する1枚で賞。客観的に今年を代表する1枚を選べと言われたら、多分このアルバム。

091228f.jpgPlanetary Assault Systems - Temporary Suspension (Ostgut Tonträger/2009)
過去レビュー >>
完全復活で賞。Luke Slaterがこの名義で活動を再開したことは、今後のテクノシーンに希望が持てるニュースだったと思う。

091228g.jpgザ・タイマーズ - ザ・タイマーズ (東芝EMI/1989)
過去レビュー >>
清志郎が死んでからしばらく清志郎の音楽を聴く気になれなかったのだが、ある日突然タイマーズばかり聴きまくる日が続きました。僕にとっての忌野清志郎とは、タイマーズのゼリーだったんだ。

091228h.jpgユニコーン - シャンブル (Ki/oon/2009)
過去レビュー >>
多分今年いちばん聴いたアルバムで賞。過去作品も含めて、ユニコーンは今年本当によく聴いた。よくもまあ復活してくれたもんだ。来年も期待してます。

091228i.jpgWax Master - Let Me See Yo' Foot Work (Dance Mania/2009)
過去レビュー >>
ゲットーハウス・クラシック賞、その2。

091228j.jpgVA - Daniel Haaksman presents Funk Mundial (Man/2009)
過去レビュー >>
バイレファンキ風味のフィジットハウス。おバカなネタもの満載で、これぞパーティーミュージックというもので賞。

091228k.jpgVA - Hervé presents Cheap Thrills Volume 1 (Cheap Thrills/2009)
過去レビュー >>
何だかんだで今年もHervéの年だったのでは。ミックスCD(過去レビュー >>)も聴きまくったし。このコンピはガイドとしてお役立ちだったで賞。

1枚を除いてすべて2009年リリース作品なので、11枚でなく10枚にしても良かったんだろうけど、唯一今年の作品ではないタイマーズがやはり自分の中で重要なので。アルバムもそうだけど、YouTubeの『夜ヒット』の映像も繰り返し観まくりでした。

それでは最後になりましたが、皆様良いお年を。来年も当blogをよろしくお願いします。
スポンサーサイト