【ビール】 サッポロ ショコラブルワリー ビター 

世界選手権2010男子シングル感想。
[高橋大輔]
ほんとにめでたい。たとえライサチェック、プルシェンコ、ランビエールが欠場していたとしても。Sports@niftyフィギュアスケート特集の記事のアツさも理解出来る。今シーズンの「Eye」「道」ともにフィギュアスケート史に残る名プログラムだと思う。
[パトリック・チャン]
オリンピック後、改めて彼のスケーティングをじっくりと見たが、常にエッジが接氷しており、そしてたったひと蹴りでトップスピードまで伸びる彼の技術はもうとんでもなく凄まじい。
[ブライアン・ジュベール]
実は今まであまりジュベールのことは好きじゃなかったのだが、今シーズンで好きになりました。プルシェンコも同様に。
[ケヴィン・バン・デル・ペレン]
FSで魅せたダイナミックかつきれいな4-3-3に拍手喝采。
[小塚崇彦]
パトリック・チャンに続くスケーティングスキルを持っているのは彼だと思うのだが。
[織田信成]
な、何が起こったんだ!?

サッポロがロイズとコラボしてバレンタイン商戦に送り出した限定のチョコレートビール、ショコラブルワリー。すでにホワイトデーもとっくに過ぎ去ってしまったタイミングですが紹介します。まずは一般発売されたビター。
グラスに注ぐとさっそくチョコレートの甘い香りが。口に含むとビールとは異なる苦み。はぁ、確かにビターだわ。そして口から鼻に抜けるチョコレートの甘みでフィニッシュ。
実はビールとしても結構飲めるほうだけど、買って冷蔵庫に入れてみたものの、どのシーンで飲んだらいいのかイマイチつかめない、そんなビールでもありました(だからレビューが遅れたのですが)。
スポンサーサイト