Wolfgang Voigt - Freiland Klaviermusik (Profan/2010) 

Wolfgang Voigt - Freiland Klaviermusik
Label: Profan (PROFAN CD 9)
Format: CD/MP3
Released: 2010
試聴 >>
Amazon.co.jp >> iTS >>
僕にとってのワールドカップ南アフリカ大会が終わりました。もちろんニホンがパラグアイに敗れたからではなく、ポルトガルがスペインに敗れたからです(非国民)。残念だけどスペインのほうが巧かった・・・。さて、4年後はファビオ・コエントラオンなんかがチームの中心になってるのかな。それはそれで楽しみです。

で、これがProfanの10年振りのアルバム。2008年にリリースされたProfanの復活作は同名の12"でした。そのときの5曲はすべてこのアルバムに再録。それにしても、いつの間にProfanって現代音楽のレーベルになったんだよ!?ってな具合の、ピアノの音を使用したミニマルなミュージック・コンクレート作品。ぺらっとした4つ打ちのキックが入ってる曲もあるけど、今日現在、未だこれをクラブミュージック/ダンスミュージックとは呼びにくい。しかし、かつてテクノシーンの極北として唯一無比の電子音楽を奏でていたWolfgang Voigt/Profanの音が、今や "テックハウス" や "ミニマル" という名前でテクノシーンの主流を占めている状況を振り返ると、もしかすると5年後10年後にはクラブでDJたちがミュージック・コンクレートやミニマル・ミュージックをスピンしてクラバーを踊らせているかも知れない。結局のところ未来はわからないし、しかしWolfgang Voigtのような実験家がいないことには新しい未来が開かれることはないのだ。
Tracklisting >>
スポンサーサイト