借りぐらしのアリエッティ (監督:米林宏昌/2010) 

借りぐらしのアリエッティ 公式サイト >>

ジブリの最新作なんだけど、世の中イマイチ盛り上がってないなぁ、と思いながら、やっぱりジブリなので一応観とこうかと行ってきました。

これは別れの映画。図らずも出会ってしまった小人の少女・アリエッティと、人間の少年・翔の、別れの映画。
それぞれ別の世界に属しながら一時心を通わせ、しかしお互いが自らの世界から離れることなど考えられる訳がなく、やがて別れの時が訪れる。ジブリの前作『崖の上のポニョ』では、自らの世界を捨てて別の世界に生きる決心を割と安易にするという、ある意味アクロバティックな結論を見せたが、それとは対局の、決してハッピーエンドではないリアルな結末。さらに別れたふたりのそれぞれの行く末にも不安と困難が想像されるという、おそらく現在の世相を意識したリアリティ。あれ、おかしいな、目から汗が・・・。

小人から観た人間の世界のスケール感とディテールを描く作画と演出にも唸らされたし、期待と想像以上には良い映画だったと思います。この時代に観ておくべきです。
スポンサーサイト