びびんばが2010年に聴いた音盤12枚 シングル編 

こんばんは、びびんばです。今年も当blogをご覧いただき、ありがとうございました。
さて、例年同様、今年も年間ベストをやってみますよ。題して "びびんばが2010年に聴いた音盤12枚 シングル編"。

なお、アルバム編はじめその他のランキングはecrn awardさんに投稿してみました。結構マジメに書いてるので合わせてチェックお願いします。
ecrn award 2010: びびんば >>

それではいってみましょう、"びびんばが2010年に聴いた音盤12枚 シングル編"。

01 Orbital - Don't Stop Me/The Gun Is Good (ACP Recordings/2010)

「Don't Stop Me」は「Video Killed The Radio Star (ラジオスターの悲劇)」ネタの凶悪フィジットハウス。カッコイイだけじゃなくヒジョーに使いやすい。
02 Okadada - D is for DANCE (Maltine Records/2010)

「tonight!! (ときめきのLatindisco Remix)」はKRAKでもかけたし、おうちDJでもいつもお世話になりました。「Disco 82 (Re-Edit)」のディスコ感もたまらないものがあります。
03 砂原良徳 - Subliminal (Ki/oon/2010)

研ぎすまされた抜き身の刃を突きつけられたような、圧倒的な緊張感。
04 miii - Subculture Subculture Subculture EP (Shushu Records/2010)

miiiはベースラインで遊ぶダブステップ的な作品が多い中、たまに出て来る4つ打ちのトラックがたまらなく好きです。jiro shirosakaの叙情的なリミックスもスバラシイ。
05 Madmaid - Who Killed Rave at Yoyogi Park EP (Maltine Records/2010)

若さで寄り切るオールドスクール・レイヴ風味のベースラインハウス。Rotterdam Recordsネタとか、おっさんウケも良し。
06 Choochoogatagoto - High Composition #1 (Vol.4 Records/2010)

ディープハウスからディスコやアシッドまで、シカゴ愛を感じる。「コブラ (In Da Latin House Mix)」はもしかしてOkadada「tonight!! (ときめきのLatindisco Remix)」の後塵を拝した?
07 909state - 6tracks (for Mirai) (Maltine Records/2010)

ニホンのアシッド界の最右翼。
08 Luca M - Grumpli/Oachi Pachi (Starlight Unlimited/2010)

dOPとか、ジャジーなミニマルを今年は好んで聴きましたが、Luca Mはクールだけでなくファンキーで、どのシングルもアタリでした。
09 Ginger does'em all - Scissor Girl (Maltine Records/2010)

カットアップ感覚を駆使したジャジーなブレイクビーツ・ファンク。
10 ドリアン - Week Day Dream (Maltine Records/2010)

「Rollin' Rollin'」のトラックメイカーによるアーバンソウルなディスコトラック。芳川よしのによるリミックスはキラキラ度さらに倍。
11 Dasha Rush - Sonic State (Sonic Groove/2010)

ディープでドープな新しいインダストリアル・アシッドミニマル。
12 Hard Ton - Selfish (International Deejay Gigolo Records/2010)

Gigoloが何故か定期的に送り出してくるハードゲイの新しい刺客による歌ものアシッドハウス。
以上です。やはりと言うか、マルチネ祭りになってしまいました。CDは1枚だけで、残りはすべてデジタルリリース、アナログは1枚もなし。時代ですね・・・。

それでは来年も当blogをよろしく。良いお年を!

(びびんば)